毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


前回の記事はこちらから

大腸にお湯を入れて腸を洗浄するコロンハイドロセラピー。苦しかったり痛かったりしないのか気になります。コロンハイドロセラピストとして10,000人以上のガンコな便秘やぽっこりお腹に悩む女性の腸をケアした経験をもつ看護師でもある齊藤早苗さんにお話を伺いました。最終回です。

腸を洗浄するってどういうこと?

――大腸にお湯をいれるとのことですが、具体的にどういうことをするのでしょうか?

想像つかないですよね(笑)まずベッドに寝ていただいて、その状態で肛門からお湯をいれるためのアプリケーターを入れます。お湯の圧を調整しながら腸に少しずつお湯をいれていきます。その方の腸の状態をみながら看護師が圧を調整します。

お湯が腸に入ると腸が膨らみ刺激されて腸が動き、便が出てきます。しかしお湯を入れるだけでは腸が動かない方もいます。セラピー中は便が溜まっていそうなところをセラピストがお腹や体をもみほぐしたり、リラックスするために深呼吸をしてもらったりして、腸が動くように促します

――腸が動くというのは、つまり便がでてくるということですか。

そうです。大腸が動くことで、初めて便や入れたお湯が出てきます。これは大腸のぜん動運動と直腸の便を押し出す排便反射の共同作業なんです。お湯を腸から出すときに便も一緒にでてきますし、管を抜いた後にトイレに入っていただくと、腸が動くことで溜まっていた便がでてきます

――苦しかったり、痛かったりはしないんですか?

もちろんいつもと違う感覚はありますが、お湯の圧を調整していますので大丈夫です。

お湯や便を腸から出していただいた後には、ビフィズス菌を飲んでもらい、食生活のアドバイスをします。腸洗浄後は、バランスの崩れていた腸内細菌がリセットされますので、ビフィズス菌を飲んで、いい食事をしてもらいたいです。ここで生活習慣を変えられるかどうかが、いい状態の腸を維持できるかどうかに関わります。生活習慣が変えられないと残念ながらまた腸内細菌のバランスが崩れてしまって、また便秘になってしまいます

齊藤早苗さん直伝! 便を出すセルフマッサージ方法

生活習慣もですが、自分でできるおなかのマッサージも伝授しましょう!夜型の女性にきく、セルフマッサージです。夜遅く食事をしている女性はこのセルフマッサージがおすすめですよ。トイレで排便するときに行ってくださいね。

――是非挑戦してみたいのでレクチャーをお願いします!

まず、胃をはさんで胃を刺激します。肋骨の間に胃があるので、そのあたりを両手のひらではさみます

――胃をはさむ!? …こんな感じでしょうか?

そうそう。なんとなく胃をはさんでいるとわかりませんか? お肉もあると思いますが(笑)胃も一緒にはさんでください。20秒位×3回くらいやるといいと思います。トイレで排便の体制で胃をはさんでいると、じわじわ便意がでてきますので、それまではさんでいてください。夜遅く食べてしまう方に効きますよ!

――胃のマッサージは初体験です。なんとなくコツがつかめました!

次は、なんか便を出したのにまだすっきりしないなというときに効果があります。こちらトイレで排便のときに行ってくださいね。げんこつを恥骨とへその間にいれてそのまま前屈します。

――わぁ!思った以上に腸を刺激できますね。これはすごい!

これはトイレでやってください。便を出す姿勢で。5秒前屈、5秒休むを3セット行うといいと思いますよ。ぜひ毎日やってみてください。

腸ケアのプロフェッショナルを増やしたい!

――齊藤さんがこれから活動していきたいことを教えてください。

そうですね。日本は腸ケアがとても遅れているので、腸ケアを専門としたプロフェッショナルを増やしたいと思っています。今、特に医療従事者向けにセミナーを開催したりしていますが、これを増やして、資格を認定する協会なども立ち上げたいと考えています。現在、医療従事者向けの専門的な腸ケアの資格がないんです。知識をつけてもらって、特に看護師が開業できるといいなあと思います。病気になってから行く病院だけが看護師の職場じゃなく、病気になる前の未病をケアする仕事もできたらいいなあと思います。また、病院の看護師は夜勤もあって大変ですから、そうじゃない色んな働き方があっていいと思っています。看護師のエンパワーメントですね。

――未病をサポートする看護師さん。素敵ですね!

ありがとうございます。看護師って今は病気やケガの方のケアをする専門職ですが、重篤な患者さんをたくさんみてきたからこそ、そういう方をもっと手前でケアしてより元気でいられる期間を長くするお手伝いができたらいいなと思っています。重症になってからでは、いくら看護師や医療従事者が頑張っても症状が悪化していくばかりのことの方が多いです。そうではなく、未病領域とか健康増進に関わる看護師が増えて、健康でいられる期間を延ばすことができたらいいなと思います。

――今日はためになるお話ありがとうございました!

文/北 奈央子、撮影/鈴木 志江菜

齊藤早苗さんプロフィール

コロンハイドロセラピスト・看護師
インナー美人アドバイザ-
看護師として大学病院などに勤務後、2000年に米国で腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)の研修を受け、国際ライセンスを取得。10.000人以上のガンコな便秘やぽっこりお腹に悩む女性にコロンハイドロセラピーを施しながら腸ヘルスケアの指導を行う。現在も、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座にてセラピーを行いながら、腸の健康推進や腸もみマッサージ指導などの啓発活動として、セミナーや講演、各種メディアの取材などにも応じる。日経ヘルスにて連載した「おなかのきもち」が大好評で、本誌では未曾有の8年間の長期連載を達成する。はなまるマーケット、いっぷく(TBS)、PON!(NTV)などメディア出演多数。早稲田大学卒業。「便秘による心身症状の認知行動療法」を研究中。コロンハイドロセラピスト歴20年、健康カウンセラー歴15年 。
・国際コロンハイドロセラピー協会会員
・日本心身医学会会員
・日本心理学会会員

◆出版
著書:「タイプ別 美女になる腸トレ」(小学館)、「美腸やせ」(主婦と生活社)、「腸をキレイにする、腸からやせる」(日経ヘルス版)kindle版。
監修協力:「お腹ぺたんこ!腸もみバイブル」(日経ヘルス編)  
共著:「カラダかわるケア」(保健同人社) 
監修:「美腸レシピ」エイ出版

◆WEBサイト
・対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・コロンハイドロセラピー
http://www.腸内洗浄クリニック.com/
・齊藤早苗公式HP http://saitosanae.com
・アメブロ:美腸への道 http://ameblo.jp/ssaito/
・facebook:日本美腸化プロジェクト https://www.facebook.com/bichojapan/

◆メディア
TV出演:はなまるマーケット、いっぷく(TBS)、PON!(NTV)、モーニングジャパン(BSジャパン)、週末めとろポリシャン(東京MX)など多数。
Radio出演:東京FM、FM山梨、J-WAVE、ソラトニワ銀座WEBラジオ、
雑誌:フィガロ・ジャポン、エクラ、美的、フラウ、MISSなど雑誌掲載多数。以下参照。
2017年1月以前 https://ameblo.jp/ssaito/theme-10030105440.html
2017年1月以降 http://www.腸内洗浄クリニック.com/media/m01.html
WEB掲載:
・菌トレ専門家監修記事にて連載中。https://kintre.jp/20170405823/
・グリコビフィックスHPに記事掲載http://web.bifix.jp/article/2017/04/03/post_14.html
・スミフル「ウルトラビューティー7」にて連載
・Gooヘルスケア掲載https://health.goo.ne.jp/column/healthy/h002/0233.html
・マイナビウーマン×腸内改善ラボ 特別企画
・アメーバーニュース掲載http://news.ameba.jp/20140124-523/
など多数。

◆講演
日経ウーマンEXPO、フジッコミュージアム、森下仁丹、グリコ、朝日カルチャーセンター、紀伊国屋書店、地方・首都圏自治体、アボット製薬会社、フジテレビ×抗加齢学会、銀座三越、イオンなど多数。

タイプ別 美女になる腸トレ (実用単行本)

¥ 972

生活習慣別の簡単な腸トレーニングで、「下っ腹がへこんだ!!」「ウエストがくびれた!!」。“腸を制するものは美を制す”。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

いろんな意味でハラハラ・ドキドキ! 80年代なつかしドラマ3選

今、高視聴率のドラマが話題になっても、「いやいや、あの頃のドラマの衝撃に比べたら…」と感じているアラフォーは多いはず! 今回はタイプの違うなつかしドラマ3選をピックアップ。いろいろな意味でハラハラドキドキした作品たちです!


「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

「ヒア活」しよう!お肌にハリをもたらすヒアルロン酸を徹底分析!

化粧品でもすっかりおなじみの言葉になった「ヒアルロン酸」。保湿力に関係あるものだとは思うけれど、いったいどんなもの? と思う人も多いのではないでしょうか。そこで、改めてヒアルロン酸を徹底分析。お肌の中でのヒアルロン酸の役割や、40代のお肌ではヒアルロン酸がどうなっているのかを調べてみました。


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google