“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)著者の手相家で漫画家の卯野たまごさん。その波乱万丈な人生と天性の才能、そして“ざんねんな手相”とは? についてたっぷりお話を伺いました。インタビュー第二回です。


前回のきじはこちらから

手相を見てもらって「ざんねんな手相ですね」って言われたらショック…ですよね。しかし、実はそうではない。ざんねんな手相を把握した時こそ人生が好転するチャンス! その理由を卯野たまごさんにたっぷり教えていただきました。インタビュー第二回です。

離婚させ屋と呼ばれた占い師

――占いをしていてそのまま岡山に行っちゃった話(前回の記事参照)は本当に衝撃ですが、そういうことってよくあったんですか?

卯野さん:私、“離婚させ屋”って有名だったんです。離婚したい奥さんに「ちょっと今から夫に話をしてください」って言われて一緒に家に行って、奥さんと旦那さんと三人で夜を明かして、そのまま奥さんは「じゃ、仕事に行くから」っていなくなって、旦那さんとふたりでコーヒー飲んで「別れてやってくださいよ。お願いしますよ」とか言ったりなんてこともありました(笑)

――それは…なかなかすごいですね。

卯野さん:あとはどうしても離婚したいのにしてくれない夫に対して、奥さんと口裏を合わせて「奥さんが占い師にはまってしまって洗脳されている」という状況をつくり上げるんです。それでそれをわざと旦那さんに言うんですね。そうすると、男性ってそういうの大嫌いだから、関わり合いたくないってすんなり離婚してくれます。

――その頃にはもうすっかり人気占い師になってたんですか?

卯野さん:そうですね。梅田の商店街に座っていたのは3年だけで私ショップ店員として働いていたんですが、お店に占って欲しい人が押し掛けて長蛇の列ができちゃって。

――仕事中に! それでどうしたんですか⁉

卯野さん:店長さんがとてもいい人で、占ってあげていました。もちろん店の商品をおススメしながら(笑)

――すごい状況ですね…そんな時もお金はとらなかった?

卯野さん:はい。でも私その時に一人暮らしを始めたりして本当にお金がなくて、お金が欲しかったんです。だからおじいに「私はお金が欲しいんだ! なんでお金をとったらいけないんだ!」って言ったんですね。そしたらおじいが「何の仕事をしてご飯を食べたいかは自分で選ぶことができる。だから占いでご飯を食べたいならそうすればいいけど、本当にやりたいことでご飯を食べられなくなるよ」って言われたんです。

――深い言葉ですね。

卯野さん:それで、「このままじゃいけない! 私が本当にやりたいことを始めなきゃ!」と思って漫画家になるために独学で勉強を始めました

――しかし、おじいにいくらそう言われたとしても、ただで人の悩みを何時間も聞くって相当しんどいことじゃないですか?

戦場で戦い疲れた戦士たち

卯野さん:しんどいですよ! 相談内容によっては一人の人の話を聞くだけでもうグッタリして生気を吸い取られたような感じになったりします。だけど私、占いに来てくれた人たちのことが戦士に見えてたんですよね。

――どういうことでしょう?

卯野さん:梅田の商店街で夜遅くに座っているとね、そこを通りかかる人たちというのは社会の荒波にもまれて会社という戦場で戦ってクタクタになって帰路に着くサラリーマンやOLさんたちなんです。私は体験したことのない、社会や会社という戦場で一生懸命戦って傷ついたり苦しんだりしている戦士たちに対しては、本当に尊敬しかなかったです。

――なるほど…そうやって疲れたり傷ついたりして卯野さんに悩みを打ち明けて、相談にのってもらって…しかもタダで! 皆さん幸せですね。

卯野さん:いや、それがですね。私、口が悪いというか、思ったことを率直に言っちゃうんです。だからそれでケンカになることもありました。サラリーマンに殴られて鼻の骨を折られかけたりとか(笑)

――ワイルドすぎます(笑)

卯野さん:サラリーマンの方は酔っぱらっていたんですが、私が指摘したことが図星だったのか、顔面にパンチが飛んできて。私も血の気が多いので、「なにすんじゃー!」って商店街をゴロゴロ取っ組み合いの大喧嘩になって警官に止められて血だらけになって病院に搬送されました(笑)

――数年前までほとんど人と話したことがなかった引きこもりとは思えませんね(笑)

卯野さん:ほんとですね(笑)

漫画家としてデビューし個人鑑定は終了へ

――話は戻りますが、それで本当にやりたかった漫画家としてデビューしようとして、持ち込みなどを繰り返していたんですか?

卯野さん:いえ、賞を絞って、ひたすら応募し続けました。コミックエッセイを描きたかったので、某出版社のコミック大賞に応募して賞をいただくことができてデビューすることができました。そこから少しずつイラストを描いたりマンガを描いたりという仕事をいただけるようになったんです。

――漫画家をやりだしてからはもう一切、個人鑑定は行っていないんですか?

卯野さん:やってないですね。昔なじみのお客さんの相談にのったりとかはありますが…あとは、ご飯食べに行ったりして隣の席で女子会やってたりすると聞き耳立てて興味深い話をしていたら、「ちょっと手相見せてください!」って占ったり(笑)

――わあ! 卯野さんとたまたま居合わせたお客さんラッキーですねえ。

卯野さん:興味がある手を見るのは本当に好きなんです。だけどもう個人鑑定はしてません。

――今は、講演会とか学校で手相の授業や講演をしているんですよね?

卯野さん:そうなんです。そこで私が教えているのは“手相の見方”というよりも、手相を介したコミュニケーションについてなんです。

――激動の占い個人鑑定時代を過ごした卯野さん。のべ数千人の手を見続けて見つけた卯野さんが思う手相の世界とは。次回、最終回は「手相を介して人は人と親密になれる」というお話です。お楽しみに。最終回はこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

今回のざんねんな手相【病気注意線】

卯野たまごさんプロフィール

漫画家・手相家  
1982年 兵庫県生まれ。小学生の頃から不登校で引きこもりになったが、 19歳のときにベテラン占い師 (のちに師匠となる“おじい”)に スカウトされて路上で手相占いをはじめる。 すると、人間不信だった暮らしが一変し、他人の人生に深く寄り添えるようになり、 12年間の修業期間中に 2000人以上を無料で占った。 また、長年の夢だったマンガ家の夢を叶える。 現在、全国で手相講座を行い、 実践型の新しい手相のみかたが毎回大人気。著書に、『手相占いであなたの幸せ引き寄せます!』 『恋愛ブランク女子のための 運命の人の見つけかた』 『いい運気と仲良しになれる! 引き寄せ行動術』(以上、メディアファクトリー) 『引きこもりがスカウトされて占い師になったら 人生が一変した話』(竹書房)など。

ざんねんな手相 誰にでもあるけど変えられます!

¥ 1,512

実例マンガとイラストでわかる「今すぐ変えたい手相」「少しずつ変えよう手相」「変えなくてOK手相」見つけたら、むしろラッキー!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google