もっと優しくなれたらいいのに【心をうるおす大人の絵本#12】 | 大人のワタシを楽しむメディア
もっと優しくなれたらいいのに【心をうるおす大人の絵本#12】

もっと優しくなれたらいいのに【心をうるおす大人の絵本#12】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】夫に子どもに部下に同僚に友人に親に、そして見ず知らずの人に…「もっと優しくなれたらいいのに」そんな風に思ったこと、一度や二度じゃないですよね。そんな時、絵本コーディネーター東條知美さんのおススメする本を読めば、ちょっぴり優しくなれる勇気をもらえるかもしれません。


「まったくどいつもこいつもなんでこんなに私を怒らせるわけ⁉」こんな風に考えて、人に優しくなれない時、誰にだってありますよね。そんな時、絵本コーディネーターの東條知美さんのおススメするこんな絵本を読んでみませんか?

絵本は「愛と優しさのある場所」

先日、故郷のケーブルテレビから受けた取材で、「あなたにとって絵本とは?」という質問がありました。

その時は頭の中がいっぱいになってしまい上手く言えなかったのですが、一言でいうと、私にとって絵本は、「愛と優しさのある場所」。
それは物語の内容に限ったことではありません。絵本を読む行為そのものが、その時間が、大人になった私の心を愛と優しさで満たしてくれます。

多くの子ども向けの本には優しい主人公が登場します。これって、ただのきれいごとでしょうか? 所詮はファンタジー?

いいえ、すぐれた絵本や児童書には、人類にとって大切で普遍的なメッセージがこめられています。

「優しい」は、強いのです。圧倒的ポジションなのです。(古今東西昔話でも、最後に勝つのはいじわる爺さんではなく優しいお爺さんの方!)

さらに、リアルな世の中は不条理だらけ。めちゃくちゃに落ち込んだ時、たとえば怒りを原動力にする人もいるようですが、そんな人を傍から眺めているとなんとなく幸せそうに見えないのはなぜでしょうか。私に力をあたえてくれるのはやっぱり優しい気持ち。怒りを忘れさせてくれるくらいの圧倒的な優しさです。

絵本の優しさ、優しい友人に助けられながら、今、「うんと優しい大人でありたいな」とばかみたいにそう思っています。

『ねずみくんのプレゼント』 (なかえよしを 作/上野紀子 絵 ポプラ社)

SNS全盛の世の中ですが、ほんとうに優しい人の行為というのは目にはつかないもの。
絵本作家のなかえよしを&上野紀子は、デビュー以来40数年に渡りそんな「目立たない優しさ」を作品に表現してこられました。

『ねずみくんのチョッキ』シリーズでおなじみのねずみくん。ガールフレンドのねみちゃんのお誕生日に、

「おおきなふうせん ぼくのきもち」

と、大きな赤い風船をプレゼントします。

ところがその後、ねずみくんより大きなお友だちが次々と、ねみちゃんにプレゼントを持ってきます。

りすさんからは、木の実をどっさり。うさぎさんからは、ニンジンをどっさり。くまさんからは、大きなハチミツを。ぞうさんからは、バナナをど~んと!
お友だちから大きなプレゼントが届けられる度に、あんなに大きく見えていた風船がだんだんと……おや?ほんとうに萎んできてしまいます。それを見たみんなは、

「ほーら われちゃった へんな プレゼント」

と、ねずみくんのプレゼントをバカにしますが…。

このオチはぜひ、絵本を手に取ってご覧ください。ねずみくんのプレゼントに仕掛けられた小粋な演出は、誰よりも圧倒的にねみちゃんを思う優しさにあふれていますよ。

******

今年のはじめにお亡くなりになった画家の上野紀子さんは、作品のイメージのまま、ほんとうにお優しい方でした。

(ご夫婦である)なかえよしをさんと暮らされた家に何人かでおじゃました冬のこと、先に帰ることになった私を「一人では可哀想」とつっかけ履きで追いかけてきてくださいました。雪の中、バスが来るまで隣にいてくださったあの優しさを、私はいつまでも忘れないでしょう。

こんな風に、ほんとうの優しさというのは、ごくひそやかに行われるものなんだなあ…としみじみ感動したことを覚えています。

『きょうはそらにまるいつき』(荒井良二 作 偕成社)

秋は月の輝く季節です。
『きょうはそらにまるいつき』では、あかちゃんが、バレエ帰りの女の子が、ギター弾きの青年が、海で跳ねたクジラが…月を見上げています。
広い世界を包み込むように照らす満月。
30cm×22cmの絵本の中に、世界中の月夜が、静かに、にぎやかに、あたたかく、雄大に描き出されます。
ページをめくるにしたがって、気持ちが優しく和らいでいくのを感じます。

みんなが そらを みています
きょうは そらに まるいつき
ごほうびのような おつきさま

どんなにイライラしている人も、争いごとを抱えている人も、まるい月を見上げる瞬間だけはふと、優しい顔を見せてくれます。
同じ月を見ている私たち。
世界中の私たち。
むやみに嫌ったり、心無い言葉で傷つけあったりする必要なんて、ほんとうはどこにもないはずですよね。

『最初の質問』(長田弘 詩/いせひでこ 絵 講談社)


今日、あなたは空を見上げましたか。
空は遠かったですか、近かったですか。

これだけはしないと、心に決めていることがありますか。



読者に問いかける形で綴られる美しい詩の絵本です。
「怒りすぎちゃった」とか、「うまくいかないな」という日には、根詰めて反省する代わりに、こういった絵本に身をゆだねてみてはいかがでしょう。
むしろこの絵本の問いかけの方が、突きつけてくるものがあるかもしれませんね。

毎日毎日、何かに追われているみたいに忙しい私たち。
ほんの少し、呼吸を整えるように絵本を開く時間。
「静かに問う」ことで、自分がほんとうに大切にしたいものが浮き上がってくるかもしれません。ぜひあなたの声で、あなた自身に、優しく読んであげてください。

何歳のときのじぶんが好きですか。
上手に歳をとることができるとおもいますか。

******

『やさしくね、やさしくね、やさしいことはつよいのよ』は半世紀前、国内最初の肢体不自由児療護施設 「ねむの木学園」を設立し、現在も学園長を務める宮城まり子さんの言葉です。
「あの子たちが泣いているのに放っておいていいのか」と、がむしゃらに築き上げてこられた宮城さんは、優しくて、強い人。
人に優しくあるために、並々ならぬ覚悟をもって強くなろうとした人なのかもしれません。


絵本には、希望をベースに書かれている作品が多くあります。それは「未来は希望に満ちている」ということを、作り手の大人たちが子どもみんなに伝えたいと本気で願っているから。信じているから。
作家さんはもちろんのこと、子どもの本の関係者に優しくて強い人が多いように思うのは、その共通する信念にあるのではないかと思っています。


12回に渡ってお届けした絵本コラムの連載は、こちらが最終回となります。
「子どもに絵本を。大人にこそ絵本を。」
絵本の力を信じて、優しく強く・・・これからも諸々続けてまいります。

みなさんが、胸に抱えたい特別な一冊に出会えますように。
どうか幸せでありますように。

絵本コーディネーター 東條 知美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

子どもから高齢者まですべての層に向け“毎日がちょっと豊かになる絵本”をコーディネート。講演・テレビ出演等、活躍の場を広げている。

オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google