実はオタクだった? ハガキ職人からライターへ転身した20代 酒ジャーナリスト葉石かおりさんインタビュー<第一回>#FocusOn | 大人のワタシを楽しむメディア
実はオタクだった? ハガキ職人からライターへ転身した20代 酒ジャーナリスト葉石かおりさんインタビュー<第一回>#FocusOn

実はオタクだった? ハガキ職人からライターへ転身した20代 酒ジャーナリスト葉石かおりさんインタビュー<第一回>#FocusOn

一度の流産、39歳の誕生日に「家族が欲しい」と夫に言われ離婚、アラフィフで再婚。現在はデュアルライフを満喫中のエッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさん。現在アラフィフの葉石さんからはアラフォーの私たちが学びたい人生の極意が満載!お話を伺った第一回です。


エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。結婚、離婚、再婚に“おひとりさま”ブームの牽引に“ゆるキャリ”という概念の普及…20代30代40代と熱く駆け抜けた葉石さんへのインタビュー第一回です!

ラジオ大好き! オタクなハガキ職人だった

――日経ARIAの「今宵もデュアルライフに乾杯!」の連載を拝読させていただいて、ぜひ葉石さんご自身についてお話を伺いたいと思い、取材の申し込みをさせていただきました! 本日はよろしくお願いいたします。

葉石さん:ありがとうございます! よろしくお願いします。

――現在はエッセイスト・酒ジャーナリスト、そしてJSA(一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション)を設立され理事長として多忙な日々を送っていらっしゃる葉石さんですが、ご自身のキャリアのスタートについて教えていただけますか?

葉石さん:私、学生時代ラジオオタクで(笑)ハガキをせっせと書いてラジオ番組に投稿していたんです。特に好きだったのが小堺一機さんと関根勤さんがやられていた『コサキン』シリーズで、何度も採用されて電話で菊池桃子さんのモノマネをしたりしてたんですよ。

――すごい! ハガキ職人だったんですね。私もラジオ大好きなんですが、投稿はなかなか…しかもハガキ! 本気ですね(笑)

葉石さん:私、好きになったらのめり込んじゃうたちで…オタク気質なんですよね(笑)それでラジオが好きだったのでそのままラジオ局に入って、レポーターになりました。当時は“キャスタードライバー”と呼んでいましたね。一人で現場まで車で行って、モトローラーでスタジオの技術さんとやり取りして、リポートしたりするんですが、とにかくすべてを一人でこなしていました

――運転をして現場に行って、取材もしてリポートもして、スタジオブースと繋ぐセッティングまでするなんて…すごいですね。

葉石さん:すごいですよね(笑)今考えるとビックリしちゃう! その仕事を1年ちょっとやったのですが、私はラッキーなことに、新人なのにすぐに番組持たせてもらいました。女性ばかりの職場で、やっかみからか、いじめみたいなこともあって嫌になって辞めちゃったんです。その後、現在、アメリカで弁護士をしている従兄弟を頼って渡米。そこに3か月遊学して語学学校に通ったりしていました。で、当時は世の中を甘く見ていた節もあって日本に帰ったら英語の先生にでもなろうかなーって思っていたんですけど、そんなにうまくいかないですよねえ(笑)

――さすがにうまくいきませんでしたか(笑)

葉石さん:ええ(笑)どうしようかなと思っていたら、キャスタードライバー時代の同期が私を某出版社の編集者さんに紹介してくれたんです。出版業界の経験はなかったんですが…そこで専属記者として仕事をスタートさせました。

――まったく経験がなかったのに採用されたんですね!

葉石さん:またまたラッキーでしたね(笑)経験がないながらも料理コーナーやファッション、メイク、タレントさんのインタビューなど色々やらせてもらいました。連載もすぐ持たせていただきました。結局、編集部に11年間いたんですが、新しくきた編集長と馬が合わなくて大ケンカして辞めたんです(笑)いや、クビですね

――なるほど!(笑)

流行語大賞候補にもなった“おひとりさま”との出会い

葉石さん:それで仕方なくフリーになったんですが、はじめは仕事が全然なくてヒマでした(笑)カードすら作れなかったんですよ。でも出版社勤務時代は今では考えられないくらい高給をいただいていたので、その貯金を切り崩しながら細々と仕事をしつつ、当時、“自分で作れるホームページ”みたいなのが出始めだったので、それで自分のサイトを作ったんです。そうしたら、まだ個人でサイトを持っている人が珍しかったのか、出版社の目に留まってお仕事をいただけるようになりました。その頃すでに日本酒の民間資格を持っていたので、そのご縁で日本酒についての記事を講談社さんのメンズ雑誌で単発スタートしました。

――葉石さんは“おひとりさま”というワードを広めた方でもいらっしゃいますが、それはどういったご縁があったんですか?

葉石さん:出版社時代に、“おひとりさま”の生みの親である岩下久美子さんに取材させていただいたんです。その後、岩下さんが不慮の事故でお亡くなりになり、たまたまご縁があった版元の担当者の方から「おひとりさまに関するフリーペーパーのインタビューを受けて欲しい」と依頼されたのがそもそものきっかけです。そうしているうちに“おひとりさま”という言葉が流行語大賞にノミネートされて話題になってTVの取材も受けるようにもなって…それで、私個人も一緒に持ち上げていただいたような感じになりました。

――本当にご縁ですね…不思議ですね。

葉石さん:本当にそう思います。今の私があるのは岩下さんのおかげです。岩下さんには本当に感謝しています

――その後、“ゆるキャリ”という言葉を葉石さんが生み出されましたね。私はすごく“ゆるキャリ”の考え方が好きなのですが、これはどうやって生まれたのでしょうか?

相手に心を許せるかどうかは自分軸をもっているかどうか

葉石さん:“おひとりさま”と“ゆるキャリ”って親和性が高いんですね。“おひとりさま”は経済的にも精神的にも自立して生きていくために、社会でキャリアを形成しなければいけないですし。でも当時、キャリア女性っていうといわゆる“バリキャリ”というイメージしかなくて。けれど“バリキャリ”が働く女性の全てに当てはまるわけでもないし、それを良しとするわけでもないよなって思っていたんです。

なので、プライベートの時間も大切にしながら仕事を“しなやかに”楽しみながら頑張る、“ゆるキャリ”という考え方を提唱したんです。バリキャリスーツの代名詞ともいえる「肩パットは外してしなやかにいこうよ」と。

――すごく素敵ですね。私はゆるキャリ5か条のなかでも“心許せるパートナー(友人、家族も含む)がいる”という考え方が良いなあと思ったんですが、40代になって“心が許せる”友だちやパートナーと出逢うのってなかなか大変なことだと思うんです。どうしたら“心が許せる”人と出逢うことができると思いますか? また、どうしたら出逢った人たちと心許せる関係を築けると思いますか?

葉石さん:そうですね…私も結婚や離婚、再婚と様々な経験をして「ゆるキャリ」を書いた頃より、自分自身の考え方がどんどん変わってきているんですね。なので、今、私が思っていることをお伝えすることしかできないんですが…まずは、“自分という軸を持っているかどうか”ということは大切なことだと思います。それを基準に、相手のことを想えるかどうか、好きと言えるかどうかが、まずありきではないかと思います。その上で自分を偽ることなく、おつきあいできる人が「心許せるパートナー&友達」なんだと思うんですね。特に友達は数ではなく「質」。この年になると、自分を偽ってまで付き合う「ビジネス友達」は要らないんですよね。そういう考えがあると、誰が本当に心許せる人なのか、自ずとわかってくると思います。

――かつてハガキ職人だったという意外な過去をもつ葉石かおりさん。ラジオの現場を体験し、編集ライターとして活躍後、“おひとりさま”の普及にも大きく関わり、“ゆるキャリ” という言葉の産みの親に。怒涛の20代30代を過ごし、人間関係に関しても様々に意識が変わってきたといいます。今の葉石さんを形成するのに欠かせない一つのキーワード“最初の結婚”と“離婚”について、次回詳しくお話をお伺いします。お楽しみに!※次回は10月10日(木)12時公開予定

葉石かおりさんプロフィール

ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に。各地の酒蔵を巡り、各メディアにコメント、コラムを寄せる。テレビ、ラジオ、トークショーなどにも出演。2015年、一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを柴田屋酒店とともに設立。世界各国で日本酒の伝道師であるSAKE EXPERTを育成する。プライベートではデュアルライフを実践。型にはまらない夫婦のスタイルを提案する。

11月発売予定の新刊:「酒好き医師が教えるもっと! 最高の飲み方」(日経BP社)、「すぐ呑み ~つまみと酒120~」(シンコーミュージック・エンタテイメント)

酒好き医師が教える 最高の飲み方 太らない、翌日に残らない、病気にならない

¥ 1,425

酒のパワーを最大限に引き出そう!「ほどほどに飲む」だけではもったいない!自分も酒好きな医師が実践しているカラダにいい飲み方を伝授。

日本酒のペアリングがよくわかる本

¥ 1,650

酒と料理の組み合わせで味の可能性を広げる「ペアリング」その基本から応用までをロジカルにわかりやすく解説する待望の一冊!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

エッセイスト・酒ジャーナリストの葉山かおりさん。結婚、離婚、再婚、そして現在はデュアルライフを満喫する葉石さんですが、20代、30代、40代とプライベートも仕事も盛りだくさん! 今もなお楽しく夢を持って生きる葉石さんに人生を楽しむコツを伺ったインタビュー第二回です。


話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

都会で働き、田舎で暮らすなど、ふたつの場所を謳歌する、そんなデュアルライフを満喫する人たちが最近増えているそう! 聞いたことはあるけれど、デュアルライフっていったい何? どうやって実現するの? 憧れる気持ちはあるけれど、完璧なデュアルライフは難しい!でも大丈夫。今の住まいでできる、プチデュアルライフをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google