今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

女性誌や広告など多くのメディアでスタイリストとして活躍してきた山本あきこさん。その実績を活かし、一般の女性向けにスタイリングアドバイスを行う活動をスタートすると一気に予約がとれないスタイリストに! そんな山本さんのノウハウがぎっちり詰まった『これまでの服が似合わなくなったら』(幻冬舎)が発売になり、興味津々でお話を伺いに行きました。


アラフォーから40代に突入し「なんか今までの服がしっくりこない…」と感じている女性も多いのではないでしょうか? しかし「しっくりこない」まではハッキリとわかるけれど、「どうしたらいいのか」は分からない…そんなファッション難民の40代女性すべてが必読の『これまでの服が似合わなくなったら。~“40歳、おしゃれの壁”を乗り越える!』の著者でスタイリスト山本あきこさんへインタビューしました! 第一回です。

子どもの頃から友だちの勝負服をコーディネート

――多方面のご活躍で私、実はファンでしてラジオも聴いています(笑)本日はお会いできてとっても嬉しいです。

山本さん:ありがとうございます! そう言っていただけて嬉しいです。

――さっそくですが「あとがき」にとても感動しました。山本さんはなぜスタイリストになろうと思われたのでしょうか?

山本さん:子どもの頃から洋服をコーディネートするのが大好きで、友人の勝負服のコーディネートをしたりしてたんです(笑)それで、一度金融系のOLになったのですが「やっぱり服に関わりたい!」と、20歳の時に会社を辞めてアパレルの販売の仕事を始めました。そしたらご縁があって、24歳のとき出版社のスタイリストのアシスタントができることになって。そこから「2年経ったら独立しよう!」と決めて、がむしゃらに頑張りました。ビューティやヘアページもやりましたね。

――モデルさんをスタイリングするのと一般の方をスタイリングするのって違いますか?

山本さん:そうですね…女優さんやタレントさんはその方のイメージなどの兼ね合いもあって、ある意味制限が多いですね。それに比べ一般の方にはそういったことはありません。

――たしかにモデルさんやタレントさんはイメージがとても大切ですもんね。となると、逆に制限のない一般の方のスタイリングをする時に気を付けていることは何ですか?

山本さん:ガラッとイメージを変えて美しくすることって案外簡単にできちゃうんです。でも、それをその方が次の日、同じように取り入れることができるかというと正直、難しいですよね。特別な日のスペシャルな装いができる日なんてそうそうないですし…。なので、一般の方が日常生活のなかですぐに取り入れられるテクニックをお伝えする。それが大切なコトだと思っています。気合を入れた一張羅の装いではなく、“リアリティ”のあるスタイリングをするように心がけています。

――1万人以上のスタイリングを手掛けてきた山本さんですが、人数を多くこなす中で見えてきたものってありますか?

山本さん:そうですね! やっぱり多くの方と接してきたからこそ色々なことが学べたのだと思います。一番驚いたことは、一般の方も、スタイリングのコツや基本的なやり方などはある程度知っているものだと思っていたんです。それが、実際は違った。これは一般の方に向けてスタイリングのアドバイスをするようになってから気が付いたことです。それで、「私たちスタイリストにとって“当たり前”なことは相手にとって必ずしも“当たり前”ではない」ということがよく分かったんです。ディティールから丁寧に細かくお伝えすることでやっと理解できるようになるんだと気づいたことはとても大きなことでした。

人から教えられた“似合う服”じゃワクワクしない⁉

――そうなんです! 私も洋服にうとくて、専門用語を使われても全然理解できないし…でも、ご著書の『これまでの服が似合わなくなったら。』はまったくそういうことがなかったんです! 完全なる素人の私が読んでもすごく分かりやすいし、納得感がすごい!

山本さん:ありがとうございます! どう言ったら伝わるか、ということを繰り返し繰り返し試行錯誤しながら積み重ねてきて、この本を出すにあたり素晴らしい編集者さんとライターさんに恵まれて、納得する一冊ができたと思っています。なのでそう言っていただけてすごく嬉しいです。よかったー(笑)

――本の中の「これまでの服が似合わなくなったら、むしろ自分を見直すチャンス」という言葉にズキュンときました! ただ…多くの人は今までの服が“似合わなくなった”ということは分かると思うんですが、“どうしたらいいのか”という方法…次の手段が分からないと思うんです。

山本さん:そうですよね。私のところにいらっしゃる方も皆さん「似合う服を教えてください」と仰います。でもね、それだけだとなかなか続かないんです。

――どういうことでしょうか?

山本さん:他人から「これ似合いますよ」と言われて着た服は確かに似合ってるし、その人を美しく魅せてくれます。でもね、ご本人自身がワクワクするか、とは別の話なんです。

――似合った服を着てキレイになれたらワクワクすると思うんですが…

山本さん:もちろん、最初はワクワクすると思います。でも、そこにはとても大切な“自分が好きなものかどうか”っていう要素が抜けていることがあるんです。

――なるほど!

山本さん:なんだってそうですよね。自分が好きな物だったら、それを持っているだけで眺めるだけでテンションが上がります。好きな洋服を着て、しかも似合っていたら何をしなくてもワクワクしてテンションが上がっちゃうと思いませんか?

――たしかにそうですね。となるとまず、“自分が何が好きなのか”ということをしっかり把握しないといけませんね。

自分の好きを追求する!

山本さん:そうなんです! そしてね、それが一番難しかったりもします。

――そう思います。毎日忙しくてルーティンの服ばかりを着ていたら、自分がどんな服が好きだったか忘れちゃっていたりするかもしれないし…あとは、「こういう服が好きだけど、そんなのはもう年齢的に着られない」って自分に枷をはめちゃっている人は多いと思います。

山本さん:はい、でもそれってすごくもったいない。たとえば私は“チュール素材の洋服(※)”が好きなんですが、さすがにチュール素材のスカートで短い丈のものを着るのは年齢的にどうかな…と思います。そんな時は長い丈のチュールスカートを着る。そして色も落ち着いたものにすれば“若作り”というような印象にはならないと思うんです。そんな風に、上手に“自分の好き”を取り入れるということが大人のおしゃれにはとても大切だと思っています。

――なるほど…となるとまずは自分がどんな服やスタイリングが好きなのか、自分の好きを棚卸することが大切ですね。どうやってやればいいんでしょう?

山本さん:私の開催しているスクールでは、まず生徒さん達に直感で「いい!」と思ったスタイリングや服の切り抜きを集めたスクラップブックを作ってもらいます。難しく考えないで、とにかく「好き!」と思ったら切り抜いて貼る。

――うーん…なかなか難しそうです。直感的に「好き!」と思っても「あーでもこのモデルさんの体型だから可愛いんだよな…」とか「こんなに高いものは買えない」とか「私っぽくないからダメだ」と思ってしまいそうです。

山本さん:そういうのはぜーんぶ横に置いておく! です(笑)。とにかくいいと思ったら切り抜いて貼る! その服の好きの要素をどうスタイリングに取り入れるかは、後から考えればいいんです。とにかく好きを集めて、自分の好きをしっかり把握する。これに尽きます。そして、いま仰った「私っぽくない」これは多くの女性たちが囚われている呪いの言葉なんです。

――明るく気さくなお人柄で出会った瞬間から緊張をほぐしてくださった山本さん。身にまとう雰囲気はとても女性らしいのにとてもサバサバと率直にお話してくださってとってもカッコいい! 第二回は山本さんが多くの女性が囚われていると仰った「私っぽくない」という言葉の呪いとは? お楽しみに。※10月15日(火)12時公開予定

※チュール…多角形の網目をもつレース地の一種。ウェディングのベールやドレス、帽子などに使われます。

山本あきこさんプロフィール

女性誌や広告など多くの媒体でスタイリストとして活躍した実績と経験を持つ。

その経験を活かし、モデルだけではない様々な女性に取り入れやすい独自のコーディネート理論を確立。

「センスは持って生まれたものではなく鍛えられる」

という信念のもと、一般の女性向けにコーディネート力を鍛えるスクールやファッションセミナーなどの活動を行う。

予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れないスタイリスト」として人気を博している。

シンプルな洋服と小物使いをベースに、ライフスタイルや年齢とともに変わってくる悩みに寄り添い、その人本来の魅力を引き出し、表現するファッションを得意とし、作ったコーディネート数は30万超。

これまで1万人以上のスタイリングを手がけ、そのノウハウを詰め込んだ3冊の著書は好評をよび累計27万8千部突破。新著「これまでの服が似合わなくなったら」(幻冬舎)も好評発売中

これまでの服が似合わなくなったら。 「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!

¥ 1,540

1万人以上を変身させてきたスタイリストによる、大人女性の魅力を底上げするファッション術。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

40代になって、自分の似合う服がわからない…なんて洋服&おしゃれ難民になっている女性へ朗報です! 1万人以上のスタイリングを手掛けてきたメディアで大活躍のスタイリスト山本あきこさんがすべての40代女性へ贈る『これまでの服が似合わなくなったら。~“40代、おしゃれの壁”を乗り越える!』を出版されました。絶対に読んで損なしの一冊についてインタビューしました。


自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

エッセイスト・酒ジャーナリストの葉山かおりさん。結婚、離婚、再婚、そして現在はデュアルライフを満喫する葉石さんですが、20代、30代、40代とプライベートも仕事も盛りだくさん! 今もなお楽しく夢を持って生きる葉石さんに人生を楽しむコツを伺ったインタビュー第二回です。


手相の状態を知ることで人生は好転する!『ざんねんな手相』卯野たまごさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

手相の状態を知ることで人生は好転する!『ざんねんな手相』卯野たまごさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

占い師でありながら、探偵稼業もこなし、離婚させ屋の異名もとった卯野たまごさん。新刊『ざんねんな手相』(扶桑社)を出版するまでの波乱万丈な人生と“ざんねんな手相”とは?お話を伺った最終回です!


“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)著者の手相家で漫画家の卯野たまごさん。その波乱万丈な人生と天性の才能、そして“ざんねんな手相”とは? についてたっぷりお話を伺いました。インタビュー第二回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google