なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト | 大人のワタシを楽しむメディア
なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


更年期障害とは

更年期障害の症状の現れ方や年齢などは、人によってさまざまです。
また、更年期障害は全ての女性に症状が現れるわけではなく、その割合は、閉経した女性の約3割を言われています。

更年期障害が起こる主な要因は、加齢による女性ホルモンの減少にあると言われています。

女性は閉経になると、卵巣の働きが次第に衰えていきまます。
それに伴って、女性ホルモンである「プロゲステロン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少していきます。

そうすると、脳は減少したプロゲステロンを補うよう、卵巣に対してシグナルを送ります。
そのシグナルが、周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなってしまうのです。
これが、更年期障害の不快な症状を起こす原因となるのです。

こんな症状が出てきたら要注意!「更年期障害チェック」

ただ、中にはうつ病を併発するなどして、日常生活が困難になるほど酷い症状がでる人も。
そこで、「更年期障害がはじまる前兆となる症状」を以下にまとめてみました。

【更年期障害を疑うべき体の変化】

1:何もしていないのに顔が火照る
2:暑くもないのに、汗がやたらと出る
3:手足や腰など、以前よりも冷えやすくなった
4:階段を上っただけで、息切れや動悸がするようになった
5:寝つきが悪い、睡眠が浅いなど眠りの質が悪くなった
6:ちょっとしたことでイライラしたり、怒りやすくなった
7:ちょっとしたことで落ち込んだり、憂鬱な気分が続いている
8:頭痛やめまい、また吐き気などがある
9:疲れやすく、毎日倦怠感が続いている
10:肩こりや腰痛、首の痛みなどがひどい

以上のような症状がいくつか見られるようであれば、更年期障害の疑いがあります。
特に、通常の内科や外科などと違い、婦人科はあまり足を運ぶ機会がない人も多く、こうした更年期障害などの症状を見落としがちです。

上記のような自覚症状がなくても、45歳を過ぎたら定期的に婦人科を受診すると良いでしょう。

更年期障害と診断されたら

更年期障害と診断された場合、まず試みられる治療方法が「ホルモン補充方法(HRT)」という投薬による治療です。

加齢、もしくは閉経によって減少したプロゲステロン(卵胞ホルモン)を補充する療法で、保険も適用されるため、一般的に広く行われている療法です。


また、更年期障害の症状は人によってさまざまですから、このHRTで効果が現れない、また複合的な症状が見られる場合には合わせて漢方薬による治療が行われることもあります。

そして、更年期障害の症状の中で一番心配なのが「不眠」や「イライラ、焦燥感」「気分がいつもふさぎがち」などのメンタルに影響する症状です。

ひどくなると、更年期障害と共にうつ病を発症する人も少なくありません。
こうした「うつ病」を併発した場合には、心療内科との連携が必要になってきます。

そうした場合には、寝つきをよくする「睡眠導入剤」や「睡眠薬」、「精神安定剤」などが処方され、他の薬と調整しながら様子を見ることになります。

特に、うつ病の薬は自身の症状や体質に合う薬を見つけるまでに時間がかかると言われていますから、薬を処方されても症状が改善しない、また副作用などが見られる場合にはすぐに医師に相談し、薬を調整してもらうと良いでしょう。

最後に

更年期障害を発症すると、今まできちんとできていたものができなくなったり、気持ち的にやる気が起きなかったりするものです。

ですが、これは女性として産まれたからには仕方のない、避けては通れない道です。

ですから、更年期障害と診断されたら、まずは家族の協力を得るようにし、できないものはできない、と、あまり自分を責めることなく「人生の休憩時間」と捕らえ、ゆったりとした気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


更年期 症状 アラフォー

関連する投稿


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

<ヨガ動画>フローヨガで女性ホルモンを整える【窪田有紗のらくらくヨガ#4】

女性ホルモンを整えるフローヨガをご存知ですか?私達女性のホルモンはジェットコースターのように上がったり下がったりを繰り返します。女性の健康はホルモンバランスと大きく関わっていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスを整えることでハッピーでエネルギッシュな毎日を過ごすことができますよ♪


長時間デスクワーク 座りっぱなしでも疲れにくいカラダになる【更年期は人生が輝くチャンス #29】

長時間デスクワーク 座りっぱなしでも疲れにくいカラダになる【更年期は人生が輝くチャンス #29】

デスクワークをしている方の多くが長時間座って作業することによる、頭痛や肩こり、腰痛、むくみ、手足の冷えに悩んでいます。このような不調や慢性疲労はとても苦しいですよね。そこで今回は、カラダが疲れにくくなるデスクワークの姿勢についてお伝えします。


腰の疲労を改善するエクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #27】

腰の疲労を改善するエクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #27】

更年期症状のひとつに「腰痛」も含まれているのをご存知でしょうか? 40歳を過ぎて、なんだか腰が疲れやすくなった、痛いと感じている、そんなときに行うと症状が改善するエクササイズをお伝えします。本格的な腰痛に悩む前に、ぜひ今日から取り組んでみてください。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google