なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト | 大人のワタシを楽しむメディア
なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

なんか不調…もしかして更年期かも?自己診断チェックリスト

更年期障害とは、閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年を目処に、体調の乱れや精神が不安定になるなどの症状が起こります。要因としては、閉経に伴って、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こると言われています。こうした「更年期障害」ですが、どのような症状が現れるのでしょうか?


更年期障害とは

更年期障害の症状の現れ方や年齢などは、人によってさまざまです。
また、更年期障害は全ての女性に症状が現れるわけではなく、その割合は、閉経した女性の約3割を言われています。

更年期障害が起こる主な要因は、加齢による女性ホルモンの減少にあると言われています。

女性は閉経になると、卵巣の働きが次第に衰えていきまます。
それに伴って、女性ホルモンである「プロゲステロン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少していきます。

そうすると、脳は減少したプロゲステロンを補うよう、卵巣に対してシグナルを送ります。
そのシグナルが、周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなってしまうのです。
これが、更年期障害の不快な症状を起こす原因となるのです。

こんな症状が出てきたら要注意!「更年期障害チェック」

ただ、中にはうつ病を併発するなどして、日常生活が困難になるほど酷い症状がでる人も。
そこで、「更年期障害がはじまる前兆となる症状」を以下にまとめてみました。

【更年期障害を疑うべき体の変化】

1:何もしていないのに顔が火照る
2:暑くもないのに、汗がやたらと出る
3:手足や腰など、以前よりも冷えやすくなった
4:階段を上っただけで、息切れや動悸がするようになった
5:寝つきが悪い、睡眠が浅いなど眠りの質が悪くなった
6:ちょっとしたことでイライラしたり、怒りやすくなった
7:ちょっとしたことで落ち込んだり、憂鬱な気分が続いている
8:頭痛やめまい、また吐き気などがある
9:疲れやすく、毎日倦怠感が続いている
10:肩こりや腰痛、首の痛みなどがひどい

以上のような症状がいくつか見られるようであれば、更年期障害の疑いがあります。
特に、通常の内科や外科などと違い、婦人科はあまり足を運ぶ機会がない人も多く、こうした更年期障害などの症状を見落としがちです。

上記のような自覚症状がなくても、45歳を過ぎたら定期的に婦人科を受診すると良いでしょう。

更年期障害と診断されたら

更年期障害と診断された場合、まず試みられる治療方法が「ホルモン補充方法(HRT)」という投薬による治療です。

加齢、もしくは閉経によって減少したプロゲステロン(卵胞ホルモン)を補充する療法で、保険も適用されるため、一般的に広く行われている療法です。


また、更年期障害の症状は人によってさまざまですから、このHRTで効果が現れない、また複合的な症状が見られる場合には合わせて漢方薬による治療が行われることもあります。

そして、更年期障害の症状の中で一番心配なのが「不眠」や「イライラ、焦燥感」「気分がいつもふさぎがち」などのメンタルに影響する症状です。

ひどくなると、更年期障害と共にうつ病を発症する人も少なくありません。
こうした「うつ病」を併発した場合には、心療内科との連携が必要になってきます。

そうした場合には、寝つきをよくする「睡眠導入剤」や「睡眠薬」、「精神安定剤」などが処方され、他の薬と調整しながら様子を見ることになります。

特に、うつ病の薬は自身の症状や体質に合う薬を見つけるまでに時間がかかると言われていますから、薬を処方されても症状が改善しない、また副作用などが見られる場合にはすぐに医師に相談し、薬を調整してもらうと良いでしょう。

最後に

更年期障害を発症すると、今まできちんとできていたものができなくなったり、気持ち的にやる気が起きなかったりするものです。

ですが、これは女性として産まれたからには仕方のない、避けては通れない道です。

ですから、更年期障害と診断されたら、まずは家族の協力を得るようにし、できないものはできない、と、あまり自分を責めることなく「人生の休憩時間」と捕らえ、ゆったりとした気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


更年期 症状 アラフォー

関連する投稿


この結婚式はひと味違う! と思わせる料理の選び方【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#8】

この結婚式はひと味違う! と思わせる料理の選び方【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#8】

アラフォーの結婚式のゲストは当然年齢も高い。ということは経験値も高い。グルメな人も多いでしょうし、たくさんん結婚式に出席している人も多いでしょう。そんな方々への料理やドリンクはどう選べばいいかお困りの方も多いでしょう。どう選べばいいのか、ウエディングプランナー葉山泰子さんへお聞きしました!


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


どうしよう! 結婚式をキャンセルしなきゃいけなくなりました。【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#5】

どうしよう! 結婚式をキャンセルしなきゃいけなくなりました。【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#5】

様々な理由が考えられると思いますが、予約金を払っているのに結婚式をキャンセルしなければいけなくなったとき、どうしたらいいでしょうか? 1000組以上のカップルの結婚式をプロデュースしてきたウエディング&イベントプランナー 葉山泰子さんに教えていただきましょう。


アラフォーはココが違う!大人の上品結婚式のコツ【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#4】

アラフォーはココが違う!大人の上品結婚式のコツ【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#4】

今回はアラフォー女性のリアルな結婚式のお悩みに、1000組以上の結婚式をプロデュースし世界で活躍するトップウエディングプランナー葉山泰子さんにズバッとお答えいただきました!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google