自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

エッセイスト・酒ジャーナリストの葉山かおりさん。結婚、離婚、再婚、そして現在はデュアルライフを満喫する葉石さんですが、20代、30代、40代とプライベートも仕事も盛りだくさん! 今もなお楽しく夢を持って生きる葉石さんに人生を楽しむコツを伺ったインタビュー第二回です。


前回の記事はこちらから。

アラフォー女性にとって、この先の人生をどう過ごすのか、というのは大きな問題。そんな時、ちょっぴり年上の素敵な人生の先輩の話が聞きたくなります。エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさんへインタビューした第二回目です。

結婚の先に求めるもの

――“自分軸があるかどうか”が大切、ということはどういうことか教えていただけますでしょうか?

葉石さん:私の最初の結婚の話をしますね。一度目の結婚の時、お相手は6歳年下だったんです。イケメンだったんですよー(笑)私は失恋したばかりということもあり、一気に燃え上がって私が31歳、彼が25歳の時に結婚しました。

――元旦那さん若いですね! 25歳かあ…。

葉石さん:そうなんです。それで私は31歳でしたけど、結婚の先に何があるかなんて何にも考えてなかったんですね。彼が結婚生活にどんなものを求めているかも理解してあげてなかった。彼は大家族で育ったこともあり、自分の家族、つまり子どもが欲しい人で、どちらかというと私に家にいて欲しくて仕事や旅行で長く留守にすることは望んでなかった。でもそういうことは全部結婚後に知ったことで、結婚する前にリサーチしてなかった。彼を分かっていなかったんですね。自分自身が結婚してどう生きていきたいか、ということを何も考えず結婚しちゃったんです。つまり自分軸が全くなかったんですね。「周りが結婚してるし、一人は寂しいし……、えーい、結婚しちゃえ」みたいな(笑)

――若さとはそういうものだったりもしますね…だから結婚できるともいえる…。

葉石さん:本当にそうですね。それでね、私は彼に子どもが欲しいって言われた時に素直に「うん」と言えなかったんです。「私…子ども産むの!? 欲しいの!?」って戸惑ったんです。それ以前に、今まで子どもを持つことすら考えたことがなかったんですね。

――しかしそれもまたでも葉石さんらしいというか…、ある程度の年齢になって結婚する女性は、その先に“妊娠・出産”を想定している人が多いと思います。

葉石さん:普通の女性はそうですよね(笑)でも元夫にとっては、すごく大切なことで、彼は子どもを含めた状態で私と家族になりたかったんですよ。なので、彼が離婚を言い出したのは当然のことだったんです。

自立したもの同士だからこそ真に“心許せる”間柄になる

葉石さん:彼もとても苦しかったと思います。色々考えた末、離婚を切り出されてから一年後に離婚届けを提出しました。

それでね、いま思うのはもし元夫と会った当時、私が自分の人生にとって何が大切でどんなことに幸せを感じて生きていきたいか、という、“自分軸”がしっかりとあったなら、こういう結果にはなっていなかったかもしれない、ということなんです。もちろん、すべての出来事がいまの私を作っていて結婚も離婚も尊い経験だったし、後悔はしていません。でも先ほどの話にあったような“心許せる関係”を互いに築くということは、まず、自分というものがしっかりとあった上じゃないと成り立たないと思うんです。

――お互いが自立した者同士でないと、良好で健全なパートナーシップは築けない…ということでしょうか?

葉石さん:「私の場合は」ということです。どちらか一方が相手に寄りかかっていたら、最初は耐えられるかもしれませんが、そのうち経済的にも精神的にも厳しくなると思うんです。私たちの両親の世代は、父親の稼ぎで一家を養い母親は専業主婦として家族を支える、という構造が一般的でしたが、大企業が副業を認める世知辛い現代において、そのスタイルを維持できる夫婦はごく限られてしまいますよね。しかも“女性だから”という理由だけで、家庭におさまるという考え方はほとんどの方が持っていないのではないでしょうか。自分がどんな人生を歩んでいきたいのか、ということをしっかりと自覚して努力すれば、自分が思い描いた通りの人生を送ることができる、と思うんです。
“自分軸”を持っていないと、どんどん流されてしまうと思うんですね。もちろん世間体も大事ですが、それが全てになってしまうと他人軸で生きるようになってしまう。それはあまりにももったいないと思うんです。自分の人生ですからね。


――今はどんどん価値観が多様化していて、昔からの“こうでなければならない”というような呪縛から自由になっていると思います。ですがまだまだ囚われている側面も多いですよね…。

葉石さん:そうかもしれません。古い価値観から脱却するのってとても大変だとは思います。とはいえ、まだ女性の中には結婚したら男性が多く稼いで、自分は家のことをする代わりに金銭的には依存させて欲しい、と思っている人たちも少なくないんじゃないかと思うんです。

もし私が男性で、そうした依存度の高い女性をどう思うかな、というと「結婚したくないな」と思います(笑)だって、重いじゃないですか、その人の人生を背負わなきゃいけない、生活の面倒もみなきゃいけない、おまけに依存されて常にべったりで、自分の時間までなくなる。自分だけで手いっぱいなのに、そんな重りをしょい込むくらいなら結婚なんかしたくない、そう思ってしまいます。

――確かに…それは…私も嫌です(笑)

葉石さん:男性側の視点から見るとそういうことだと思うんです。だから結婚に踏み切れない男性が増えているんですよ。逆に女性はそういう男性の視点は置いといて…というか見ないで、「男性が草食化している」とか言っちゃう。でも、実はそうではなくて、依存度の高い女性たちを敬遠しているだけなんだと思います。もちろん、そういう女性が好きな男性もいますけどね。

その反対に経済的にも精神的にも自立していて、共通の趣味や好きな物があって、一緒にいて楽しいと思えたら、自然とずっと一緒にいたいって思うんじゃないでしょうか。「依存されている」という負担もないですしね。それが法律的な“結婚”というカタチを取らなかったとしても“心許せる関係”にはなっているんじゃないかなあと。

――なるほど。それこそ、お互いがお互いを支え合える素敵な関係ですね。

批判的なことをいう人たちは気にするだけ“無駄”

――今の旦那様とは友人関係からスタートされたんですよね?

葉石さん:そうなんです。着物デザイナーをしていた私の友人と、夫の弟が仕事をしたことがきっかけで知り合いました。夫とは5年近くずっといい友人関係が続いていました。距離が縮まったのは、元夫との離婚で相談するようになってから。実は身近に気軽に相談できる人がいなかったんです。年下男性(元夫)との結婚生活を書いた本を出版していたので“離婚”となると、売上にも響くでしょうし、変な風に話が漏れるのが怖くて…。ですが今の夫は京都に住んでいるし、業界も全く違うので、そういうしがらみがなく何でも相談できたんです。

私も夫も一人の時間がないとダメな人間で、エッセイにも書いたんですが、お互いが居心地よく時間を共にできるのは2週間がマックス。なので、今も京都と東京の二拠点生活です。それが私たち夫婦には心地よく自然なことなんですが、いわゆる一般的な夫婦が一緒に暮らす結婚生活とは違いますし、批判的な事を言う人もいます。でもね、私たちは自分たちがそうしたくてそうしているんだから、それでいいんです。それにね、批判的な事を言う人たちが私のために何かをしてくれるわけじゃないですから(笑)気にするだけ無駄です。

――様々な経験を経て、“自分軸”を持ち自分の人生を進む葉石さん。最終回は“自分軸を持つ”ことと“自分らしさ”に囚われることの違い。そしてこれからのこと、です。お楽しみに!※最終回は10月17日(木)12時公開予定

葉石かおりさんプロフィール

ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に。各地の酒蔵を巡り、各メディアにコメント、コラムを寄せる。テレビ、ラジオ、トークショーなどにも出演。2015年、一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを柴田屋酒店とともに設立。世界各国で日本酒の伝道師であるSAKE EXPERTを育成する。プライベートではデュアルライフを実践。型にはまらない夫婦のスタイルを提案する。

11月発売予定の新刊:「酒好き医師が教えるもっと! 最高の飲み方」(日経BP社)、「すぐ呑み ~つまみと酒120~」(シンコーミュージック・エンタテイメント)

酒好き医師が教える 最高の飲み方 太らない、翌日に残らない、病気にならない

¥ 1,425

酒のパワーを最大限に引き出そう!「ほどほどに飲む」だけではもったいない!自分も酒好きな医師が実践しているカラダにいい飲み方を伝授。

日本酒のペアリングがよくわかる本

¥ 1,650

酒と料理の組み合わせで味の可能性を広げる「ペアリング」その基本から応用までをロジカルにわかりやすく解説する待望の一冊!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

40代になって、自分の似合う服がわからない…なんて洋服&おしゃれ難民になっている女性へ朗報です! 1万人以上のスタイリングを手掛けてきたメディアで大活躍のスタイリスト山本あきこさんがすべての40代女性へ贈る『これまでの服が似合わなくなったら。~“40代、おしゃれの壁”を乗り越える!』を出版されました。絶対に読んで損なしの一冊についてインタビューしました。


今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

今までの服が似合わなくなった時が人生の転換期!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

女性誌や広告など多くのメディアでスタイリストとして活躍してきた山本あきこさん。その実績を活かし、一般の女性向けにスタイリングアドバイスを行う活動をスタートすると一気に予約がとれないスタイリストに! そんな山本さんのノウハウがぎっちり詰まった『これまでの服が似合わなくなったら』(幻冬舎)が発売になり、興味津々でお話を伺いに行きました。


実はオタクだった? ハガキ職人からライターへ転身した20代 酒ジャーナリスト葉石かおりさんインタビュー<第一回>#FocusOn

実はオタクだった? ハガキ職人からライターへ転身した20代 酒ジャーナリスト葉石かおりさんインタビュー<第一回>#FocusOn

一度の流産、39歳の誕生日に「家族が欲しい」と夫に言われ離婚、アラフィフで再婚。現在はデュアルライフを満喫中のエッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさん。現在アラフィフの葉石さんからはアラフォーの私たちが学びたい人生の極意が満載!お話を伺った第一回です。


手相の状態を知ることで人生は好転する!『ざんねんな手相』卯野たまごさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

手相の状態を知ることで人生は好転する!『ざんねんな手相』卯野たまごさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

占い師でありながら、探偵稼業もこなし、離婚させ屋の異名もとった卯野たまごさん。新刊『ざんねんな手相』(扶桑社)を出版するまでの波乱万丈な人生と“ざんねんな手相”とは?お話を伺った最終回です!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google