“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

40代になって、自分の似合う服がわからない…なんて洋服&おしゃれ難民になっている女性へ朗報です! 1万人以上のスタイリングを手掛けてきたメディアで大活躍のスタイリスト山本あきこさんがすべての40代女性へ贈る『これまでの服が似合わなくなったら。~“40代、おしゃれの壁”を乗り越える!』を出版されました。絶対に読んで損なしの一冊についてインタビューしました。


前回の記事はこちらから

1万人以上のスタリングを手掛け、メディアで大活躍の山本あきこさん。新著『これまでの服が似合わなくなったら。~“40歳、おしゃれの壁”を乗り越える!』はすべての40代に一刻も早く読んでいただきたい一冊です。これさえ読めばおしゃれ難民からおさらば間違いなし! 明るくキュートな山本あきこさんへインタビューした第二回です。

“他人本位”から“自分本位”へ。山は絶対越えられる!

――「私っぽくない」という呪いについて教えてください。

山本さん:これはですね本当に危険な言葉なんです。例えば自分の好きな服を着て満足して女子会に出かけたとします。そこで会うのはいつもと同じメンバー。すると悪気なく「その服、○○ちゃんっぽくないね」とか言われたりするんです。そうするとそこでシュンッと気持ちが萎えちゃう。「ああ、私っぽくないから似合ってないんだダメなんだ」って思ってしまう可能性がある

――わかります…特に40代女性たちはママ友や職場、いつも親しくしている女子会メンバーなど固定された人間関係のなかで生きていて、そこで、“自分がどんな風に見られるか”ということをすごく気にしている人は多いと思います。

山本さん:人の目が気になるのは当然なんですよね。でも、それがいいようにばかり働くとは限らない。「人がどう思おうが関係ない! 私は私の着たいものを着る!」このくらい強い気持ちでいられると楽ですよね。

――でも実際はなかなか…(笑)

山本さん:そうはいかない、ですよね(笑)なので、今まで自分が着たことのないような服を着たはじめのうちは、しばらく会っていなかった友だちや初対面の人と会ったらいいと思います。そしたら “○○っぽい”なんていう先入観はそもそも相手にはないですから。単純に“素敵か” “素敵じゃないか”という基準で見てくれます。そこで「素敵だね」って褒められたら最高ですよね!

――ああ、それはものすごく自信になると思います。

山本さん:はじめは、みんな誰しも怖いですよ。「どんな風に思われるだろう」って思って当然です。でも、その最初の恐怖感の山を越えたら…あとはもう楽しくなる一方ですよ!

――おお! 山は越えられるんですね!

山本さん:越えられます! 皆さん越えていきます。そしたら、もうすごいですよ。女性って本当にすごいなあって思うんですけど、そっちのスイッチが入ったら皆さんどんどん若返っていきます。そして顔の表情が変わって艶々してきて、痩せたりもします! 好きな洋服を着ている、という満足感が幸せに直結しているからなんでしょうね。自己肯定感がどんどん上がってどんどんキレイになる

――最高じゃないですか!

山本さん:最高ですよ! 洋服って本当にすごいなって思う瞬間でもあります。そうなった時の女性のエネルギーの高さにも感動します。

――そんな風に女性が美しくなったら、例えば家族がいたとして子どもやパパも嬉しいでしょうね。ママが生き生きして美しくなるんですもんね。

山本さん:そうですよね! 洋服って毎日着るものじゃないですか。それが“好き”で満たされているってことは毎日幸せってこと。そういう状態になると、お買い物にも変化がおきます。

――どういうことでしょう?

自分軸を知れば無駄遣いもなくなる

山本さん:“ただ漠然と買わなくなる”んです。

――なるほど…たしかに、自分の好きがしっかりしていないと「セールで安いから」とか「何にでも合いそうだから」とか「定番色だから」とか、あまり意思なく買ってしまう気がします。それで買ったはいいけど結局着ないとか…。

山本さん:そうなんです。なので、自分の好きをハッキリさせて自分軸を持つと、無駄遣いも減るし良いことだらけですよ。

――本の中に出てくる“TPOP”の“P”にあたる自分軸、「Produce(自己プロデュース)」をするための大切な要素ですね。

山本さん:はい。自分の好きを大切にした自分本位のファッションを素敵に見せるための考え方です。40代になってくるとTPOはもちろん大切なのですが、それにプラスして自己プロデュース力がとても大切で、“他人にどう見られるか”、ということではなく、“自分がどうしたいか”、ということを考えて自分を演出することで、どんどん毎日のおしゃれが楽しくなっていくんですね。

――そのためにもまずは“自分の好き”を知ること!

山本さん:その通りです!

どんな体型でも必ず細い箇所がある!

――それでですね…またネガティブなこと言っちゃいますが。

山本さん:どうぞ(笑)

――好きを見つけても、「あーでも私こんな体型だしなー」と、好きなファッションを諦めちゃうことってあると思うんですよ…じゃあ痩せろって話なんですが…。

山本さん:何を仰いますか! どんな体型の方にも細いところは必ずあります!

――え! どういうことですか⁉

山本さん:鏡に全身を映してみたら、相対的に見て首や手首や足首は細くないですか? 下半身にボリュームがあっても相対的に見たらウエストはくびれている、とか、逆に上半身にボリュームがあっても足はシュッとしているとか。

――なるほど! 自分比ですね!

山本さん:そうです。そしてその細いところを積極的に見せていくんです。そうしたら視覚効果で全体的に細く見えます。特に40代になるとデコルテ周りの肉が落ちてくるので、デコルテはぜひ見せていただきたい! 大人の女性らしい色気もでます。

――でも“首”がつくところは妙齢の女性は冷やすなって言ったりもしますよね…

山本さん:そういう時はタイツや靴下で足首はカバーして見えないようにする。でも、室内は暖房もしっかりきいてるし、外ではしっかり防寒して室内にはいったら腕をまくって手首を見せるなど調整すればいいと思いますよ。私はいつも部屋にはいったら無意識レベルで腕まくりをしてます(笑)

――ううう…素敵です。本当にその通りですね。今、山本さんが仰っていることって本のなかに出てくる“帳尻を合わせる”という考え方でもあるのでしょうか?

山本さん:そうですね。スタリングって結局はパズルなんです。本の中で“コーディネートは5つのパートの組み合わせて考える”と言っていますが、この5つはどれも20%ずつ影響力を持っていて、どれも欠かせないもの。なので、5つの中で、好きをどこに取り入れて、どこで帳尻を合わせてバランスをとるか、ということはテクニックであり、勉強していけば誰でもできるようになります。つまり誰でも自分の好きを取り入れた似合うスタイリングを毎日楽しむことができるようになるんです。

――どんな質問にも明るく明確に答えてくださる山本さん。山本さんにスタイリングを教えていただいたら、本当にどんどん自分の事が好きになるような気がします。次回、最終回はいよいよ、40代こそスタリングに取り入れなきゃいけない“色気”についてのお話です。最終回はこちらから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

山本あきこさんプロフィール

女性誌や広告など多くの媒体でスタイリストとして活躍した実績と経験を持つ。

その経験を活かし、モデルだけではない様々な女性に取り入れやすい独自のコーディネート理論を確立。

「センスは持って生まれたものではなく鍛えられる」

という信念のもと、一般の女性向けにコーディネート力を鍛えるスクールやファッションセミナーなどの活動を行う。

予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れないスタイリスト」として人気を博している。

シンプルな洋服と小物使いをベースに、ライフスタイルや年齢とともに変わってくる悩みに寄り添い、その人本来の魅力を引き出し、表現するファッションを得意とし、作ったコーディネート数は30万超。

これまで1万人以上のスタイリングを手がけ、そのノウハウを詰め込んだ3冊の著書は好評をよび累計27万8千部突破。新著「これまでの服が似合わなくなったら」(幻冬舎)も好評発売中

これまでの服が似合わなくなったら。 「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!

¥ 1,540

1万人以上を変身させてきたスタイリストによる、大人女性の魅力を底上げするファッション術。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

快適なナプキンやタンポン、月経カップに月経ディスク、快適なショーツ、と生理用品はどんどん進化を遂げています。“生理を快適に”といいますが、これからは生理自体がなくなる世の中が来るかもしれないと歴史社会学者 田中ひかるさんは言います。インタビュー最終回です。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーで簡単にできるスープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google