フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】 | 大人のワタシを楽しむメディア
フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。

今回ご紹介するのはフランスの巨匠、二コラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』。2002年『ぼくの好きな先生』では小さな村の小さな小学校の3歳から13歳までの13人の生徒たちとたったひとりの先生に寄り添い、最高にハートフルで可愛いドキュメンタリー作品を世に送り出した監督が、今回フォーカスしたのは看護師の卵たち。

国籍も性別も年齢も出身地も宗教も違う彼らに温かい眼差しが注がれる【沁みる映画】第9回です。

※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

辛い時、困った時、助けてくれる彼らは、当たり前だけど同じ人間

©️Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

フランスの巨匠、ドキュメンタリー映画作家の二コラ・フィリベール監督。カンヌ国際映画祭で「もっとも光り輝く隕石」と絶賛され、“観察”ドキュメンタリー作家の最高峰の一人である二コラ監督が最新作の対象に選んだのは看護師の卵たち。2002年公開『ぼくの好きな先生』では小さな村の小さな小学校の3歳から13歳までに寄り添った温かく慈愛に満ちた眼差しは本作品の看護師たちにも惜しみなく注がれます。

私たちは病院に行く時、痛かったり辛かったり困っていたり悩んでいたりして、そこにいる看護師や医者はそれを取り除いてくれるスペシャリストで問答無用に頼っていい人たちだと思っています。でも…当たり前のことですが、看護師や医者も同じ人間。同じように痛かったり苦しかったり困っていたり悩んでいたりします。

ただし、私たちと看護師には大きな隔たりがあります。彼らは看護師という職務を全うするために看護学校で教えられた言葉を心に刻み日々任務を遂行しているのです。

看護師は全ての人々に対して

耳を傾け助言をし 教育および看護をする

出自や慣習 社会的地位や 家庭環境

信仰 宗教 障害 健康状態

年齢 性別 保険の有無にかかわらず

平等に看護を提供する
 (本編より)

多様性を尊重する、という意識が高まっている昨今ですが看護師さんたちは遥か昔から多様性を受け入れ敵味方関係なく、すべての人を平等に扱ってきた。

でも、それは看護師が特別な人間だからではなく、私たちと同じようにいい加減だったり喜怒哀楽が激しかったり性格に難があったりしながらも、胸に刻んだこの意識をもって日々悩みながら苦しみながら患者さんに向き合っている、ということがこの映画を観るとよくわかります。

考えてみれば当たり前のことなんですけど…。

多様性に富んだフランスの看護師たちのドタバタな日常

©️Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

フランスの看護師の卵たちは多様性に富んでいます。年齢や性別、国籍、出身地、宗教など多様な生徒たちが登場します。意識や感性が看護師の卵たちの間でも様々に違い、右も左もわからない中から一つひとつ学び成長していきます。

基本的な看護師の心得などの膨大な知識のインプットから思わぬ場面に立ち会った時の対処法や心のケア方法、責任に立ち向かう心構えなどを教わります。時にはマネキンを使って即興演劇のようなことをしてふざけ合いながら授業は進みます。そしてついにインターンシップ期間として一年目から実際の医療現場に駆り出されます。

彼らの実習先は、心臓病の病棟、末期がん患者の緩和ケアをするホスピス、統合失調症や躁鬱病患者の多い精神科、HIV患者も訪れる婦人科・産婦人科、外科、小児科など…。自分が希望する実習先に行けるようになるのは二年目から。一年目は否応なしに与えられた現場で実習を行わなければいけません。

卵たちを待ち受けていたのは患者とのトラブルや職場での人間関係…彼らや悩み苦しみます。しかしそんな彼らをサポートする頼もしい存在がいます。それがカウンセラー。とまどい怯え、時には自分を責める卵たちにカウンセラーは問いかけ寄り添い言葉を引き出します。

そして、彼らは時に涙を浮かべながら胸の内を語り始めるのです。

絶賛 “人生、ただいま修行中” です!

©️Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

いつどんな時も穏やかな笑みを浮かべ、こちらの苦難に対処してくれる白衣の天使。そんなイメージを今だに持たれがちな看護師たち。ですが、最初からそんな風に対処できるはずはなく、卵たちは日々訪れる患者に一喜一憂し、職場の人間関係に悩み、プライベートで起こったトラブルに苦しみます。

そんな彼らに寄り添い言葉を引き出し勇気づけるカウンセラーたち。彼らがいるからこそ、卵たちはまた明日から現場で頑張ることができます。

ついつい目の前や半径1mのことだけを見ていると、何かと何かを切り取って、それだけで生きていけるような気がします。しかし、それではやっぱり人間は豊かに生きていくことはできないのだということをこの映画は教えてくれます。

人と人との関係は連綿と繋がっていて、だからこそ幸せも不幸せも表裏一体。禍福は糾える縄の如し。始まりがあって終わりがあるのが物の常ですが、誰もが始まりを経験し、様々な出来事を体験し、少なからず成長していく。

そんな私たち自身がこの映画の中にはたくさん登場します。

弱くて情けなくてちょっと自分勝手で…そんな生身の人間たちがどれだけ素晴らしく愛おしいか。二コラ監督の優しい眼差しを感じながら『人生、ただいま修行中』ぜひ、ご覧ください。

「そう! 私、人生、ただいま修行中! あたたかく見守ってね」

そんな風に自分に胸を張れる、勇気をもらえる映画です。

『人生、ただいま修行中』

11月1日(金)~新宿武蔵野館他全国順次公開

監督・撮影・編集:ニコラ・フィリベール

2018年/フランス/フランス語/105分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/英題:Each and Every Moment/日本語字幕:丸山垂穂/字幕監修:西川瑞希

配給:ロングライド 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

文部科学省特別選定(青年、成人向き) 文部科学省選定(少年向き)

©️Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

映画『人生、ただいま修行中』公式サイト

https://longride.jp/tadaima/

『ぼくの好きな先生』『パリ・ルーヴル美術館の秘密』名匠ニコラ・フィリベール監督11年ぶり日本公開最新作。フランス、パリ郊外。“誰かのために働くこと”を選んだ看護師の卵たち。40人150日間の感動奮闘ドキュメンタリー。11/1(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


主演:吉永小百合 共演:天海祐希『最高の人生の見つけ方』大切な人といつ映画を観る⁉ ○○でしょ!【沁みる映画 #08】

主演:吉永小百合 共演:天海祐希『最高の人生の見つけ方』大切な人といつ映画を観る⁉ ○○でしょ!【沁みる映画 #08】

40代まで生きてくると、親との関係は色々複雑に絡み合い、会えばつい嫌味を言ったりケンカをしたり…なかなか和やかな時間を過ごすことって難しくなったりもします。しかし、“いつまでもあると思うな親と金”。誰もが年を取り、老いていきます。もちろん自分自身も。いつかいつかと思っていたら、ある人突然日常は日常ではなくなってしまうかもしれません。「いつか」という前に「今」やろう。そんな思いを抱かせてくれるハートフルな日本のエンターテイメント作品です。


是枝裕和監督 最新作『真実』 “母と娘”という関係 絡み合う嘘と真実【沁みる映画 #07】

是枝裕和監督 最新作『真実』 “母と娘”という関係 絡み合う嘘と真実【沁みる映画 #07】

母親のこと、好きですか? 母親の何を、知ってますか? 母親とは、関わりあわなきゃいけないものですか? 是枝裕和監督 最新作は日仏合作、主演は映画界の至宝カトリーヌ・ドヌーヴ。娘役には大女優のジュリエット・ビノシュ、夫役はハリウッドスターのイーサン・ホーク。贅沢な役者を揃えて是枝監督が撮りたかったものとは。日本人初のヴェネチア国際映画祭オープニング作品『真実』


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #06】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #06】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『この世界の片隅に』をご覧になったでしょうか?第二次世界大戦末期の広島・呉を舞台に主人公すずさんの日常が穏やかに優しく綴られたアニメーションです。映画『ガーンジー島の読書会の秘密』はイギリス海峡に浮かぶガーンジー島を舞台にしたもうひとりの“すずさん”の物語。かつてナチスドイツの占領下にあったこの島で起こった事件は事件ではなく当時の日常。戦争の悲劇が日常の中に潜んでいる恐ろしさを愛やミステリーを織り交ぜて伝えてくれる真実の愛の物語です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google