光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】 | 大人のワタシを楽しむメディア
光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


アラフォー世代は忙しい。

意気込んで買ったはいいが、難しくて途中までしか読んでない本が積み上がる。
じっくり読み込む時間なんてない。でもたまには、本の世界にトリップしたい。

その気持ち、わかります。

そこで、WOMe編集部では、忙しいアラフォー世代でも気負わず読めてほっこり気分を癒してくれる、そんな本をご紹介します。

今回はお笑い芸人、光浦靖子さん大久保佳代子さん共著『不細工な友情』(幻冬舎)。

お酒片手にマッタリと、たまには本でも。

イエスマン or 依存度が高い どちらと友だちになりたいですか?

お笑いコンビ“オアシス”の光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』。若い世代ではもしかしたら光浦さんと大久保さんがコンビを組んでいる、ということを知らない人たちもいるかもしれません。WOMe世代(40代)でオアシスといえば、フジテレビ系列で放送されていた『めちゃ²イケてるッ!』の印象がまずくるのではないでしょうか。光浦さんはレギュラーでいつも出ているイメージで、大久保さんはいるかいないかわからない…そんな状態からいつの間にか大久保さんも大ブレイク。2013年の「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」の一人に選ばれたりもして、今でもふたりは大活躍しています。

“不細工”なんてタイトルにもありますが、正直ふたりはまったく“不細工”じゃない、女性芸人として“不細工”扱いを受けてたりもしていますが、現在48歳のふたりは憧れるほど美しい。そんなふたりのイメージは

光浦靖子さん = 知的でそっけない
大久保佳代子さん = エッチでそっけない


というものでした。なので、“はじめに”を読んで驚きます。

寂しかった私が何かにつけて彼女を誘ったからです。
私が誘えば彼女は百パーセント、「イエス」と言いました。でも彼女が私を誘うことは百パーセントありませんでした。彼女と一緒にいたかった私は、彼女を手放すまいと、手を替え品を替え、いろんなことに誘いました。(中略)返事はもちろん「イエス」でした。

光浦さんは“依存度が高く”て、大久保さんは“イエスマン”だったのです!!!

34歳の光浦さんと大久保さん…なのになんでこんなに共感できるの⁉

『不細工な友情』が書かれたのは2006年。ふたりが34歳の時。にも関わらず、そこに書かれていることは、体調が悪いとか、もう歳だし男にもてない、とか親の問題とか、老後のためのお金の話とか、とてもアラサーの考えていることとは思えず現役アラフォー世代の心に刺さりまくるリアルエピソードが満載で共感度が抜群なのです!

そしてふたりは深刻な問題もそうでもない出来事もお互いへの手紙という形で披露しながら、お互いを華麗に突き刺しつつ丁々発止のやり取りで、ずんずか元気に毎日を送っています。

「そうだよね、ぜんぜん大したことないじゃん! 気にしたってしょうがない」なんて思ったり、「これはひどい! こんなことってない!」と憤慨したり、「そうそうこういうのが結局一番幸せだったりするんだよねえ」と共感したり…読んでいると、とにかく元気になります。

なんでもさらけ出せる親友、いますか?

光浦さんはとっても辛辣です。そんなことまで言ったら大久保さん真剣に立ち直れないんじゃ…なんてあらぬおせっかいな気持ちになってドキドキしちゃうのはこちらの方で。それに答える大久保さんはとても飄々としています。

当時はまだOLの仕事もしていた大久保さんは会社の同僚や上司の悪口(愚痴?)を堂々と書いています。そして少し芸能人としては卑屈です。かたや光浦さんはすでに引っ張りだこの大人気芸人。

光浦さんの方が芸人として上でお金も持っているんだろうし、大久保さんにもっと優しくしてあげればいいのに…そんな言い方したら大久保さんもっと卑屈になっちゃうよ!! 

なんて、心配してドキドキしながらページをめくります。すると! なんとも飄々と華麗に大久保さんは光浦さんの毒針をヒラリとかわします。そして光浦さんを攻撃するわけでもなく、淡々と感想と自分の現況を述べ、締めくくります。

そんな時、思うんです。「ああ、これがふたりが築いてきた関係なんだな」と、当たり前ですけど。

こういう関係はきちんと自分をさらけ出して、向き合って、やり合わなければ絶対に築けないことが分かります。毒舌を言っているようで核心はつかず、上っ面で“言いたいことを言い合っている風”の親友ごっこしているような人には、ぜえっっっったいに結べない、友人関係です。

辛辣な光浦さんは

好きなんだけど嫌い、やっぱり嫌いだ、という親友のいる方が読んで、少しでも共感して頂けたら、嬉しいです。

と書きます。

光浦さんにとって、大久保さんは間違いなく親友。

大久保さんは
私は、もともと何かと自分を「取り繕う」ところがあります。そんな私を、光浦さんは見逃さず、まったく「取り繕う」ことなく指摘します。(中略)取り繕っているばかりだと、敵もいないけど味方もいなくなってしまうかもしれません。

と書きます。

大久保さんにとって、光浦さんは替えのきかない親友。

こんな親友がいたら…と思わずにいはいられない、大人になった今だからこそ、ふたりの関係に憧れる。そんな一冊。

秋の夜長のおつまみにぜひどうぞ。

不細工な友情 (幻冬舎文庫)

幼なじみで今は相方、30女ふたりのあけすけ往復エッセイ。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


いとうあさこ著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』なんて自由で楽しい!ビバ40代!【たまには本でも#03】

いとうあさこ著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』なんて自由で楽しい!ビバ40代!【たまには本でも#03】

20代の頃、30代なんておばさんで、40代なんておばあちゃんにはなれない中途半端な人間で、少なくとも“女”は終わった可哀そうな人たちだと思ってた。今の20代もそんな風に思っているのかもしれない。でもね、でもでもでもね、実は40代…めっちゃ楽しい! めっちゃ自由! 人からどう見られるか他人の評価ばかり気にしてた20代の私に言ってあげたい。「おあいにく様!40代ちょう楽しいよ!」今回の“たまには本でも。”はそんな楽しい楽しい40代ライフが詰まった、いとうあさこさん著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』。お酒のお供にぜひ。


やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

そろいのドレスにそろいの眼鏡、そろいの髪型…そしてコンビ名は“阿佐ヶ谷姉妹”。本物の姉妹だと思っていたのにそうではなかった! しかし姉妹じゃないにも拘らず中年女性が6畳1間のアパートに同居しているってどういうこと!? なんともきっかいな状況をリレー形式でエッセイにまとめた『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。こんな関係いいなあ、やだなあ、なんてしみじみプププとなる心あったまる一冊です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google