歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

恵比寿で20年以上デンタルクリニックを開業する石井さとこさん。多くの著名人を顧客に抱え絶対的な信頼を得る、口もと美容スペシャリストでもあり歯科医師でもある石井さんの新著『美しい口もと』はデンタルケアに関する情報が満載!アラフォー女性が知っておきたい口腔ケアについてお話を伺いました。


歯科医師、口もと美容スペシャリスト石井さとこさん著『美しい口もと』は女性なら知っておきたい情報が満載! なかでもアラフォー女性に特に知って欲しいことについて石井さんにインタビューしました。第一回です。

簡単・手軽な口もとエクササイズ

――今日はありがとうございます。石井先生の著書『美しい口もと』は知らなかったデンタルケアに関する情報が満載で本当に勉強になりました! 情報がたっぷり詰まっているのにとても読みやすい、ということにも感激しました。

石井さん:嬉しい―! そう言っていただけると本当に嬉しいです。“レッスン1”で口もとエクササイズを紹介していますが、いかがでしたか?

――ものすごくわかりやすくて、初めてでもトライしやすかったです。また、エクササイズのモデルさんがすごく清潔感があって美しいですね。普通なら口を大きく開けるなど、ああいうエクササイズの写真は見ているとちょっと恥ずかしくなってしまったりして、やりたくないな…と思ってしまったりも正直するんですが、そういう気持ちになることもなくエクササイズができました。

石井さん:ありがとうございます! モデルさん本当に美しくて可愛いですよね。

――あとは基本的に2ステップなので、簡単なのが魅力的です。正直めんどうなものはやりたくないなあって…それと文章が長いと読む気がなくなってしまって(笑)

石井さん:わかります! あのエクササイズは全部わたしが実践していて継続できているものなんです。私自身が複雑でめんどうなことが苦手なので、自分が「これならできる!」と続いているものだけを載せています。

美しい人たちが最終的に一番大切だと口をそろえるのが“口もと

――だからなんですね。本当にやりやすいです。ただ…ちょっとやっただけでもう筋肉痛のような感じになってしまいました。先生を見ても思いますが、美しい人って本当に努力しているんですね。

石井さん:いえいえ、私はそんなことないですけど、通院してくださっているモデルさんや女優さん、アナウンサーさん、タレントさん、など皆さん本当に努力していらっしゃるし、意識もものすごく高くて、何よりとても賢いと思います。

――美しい方は賢くもあるんですね!

石井さん:美しい方はたくさんいらっしゃいますよね。その中でも長年トップを走る女優さんやモデルさん、アナウンサーさんやタレントさんは表面的なものだけではない、深いところの“美”に対する欲求があるように思います。そして自分のなかに取り入れなきゃいけないものがなんであるかもよくわかっていらっしゃる。私が彼女たちに勉強させてもらうことはとても多いんです。あと…活躍し続けている方たちは賢いだけではなく、とても“素直”だと思います。

――美しく賢く、そして素直…この3つは成長していく上でとても重要なんですね…。

石井さん:そうだと思います。そして美しくなるために、あらゆることをやりつくした彼女たちが最終的に一番大切だと口をそろえて仰るのが、 “口もと”なんです。

美しい口もとは一朝一夕で真似することができない

石井さん:よくテレビで変身させる企画があったりしますよね。「女優の○○さんのようになりたい!」といってその女優さんのようなヘアメイクとスタイリングをする。そうすると確かに見た目はそんな風な雰囲気になります。ヘアメイクやファッションは真似ができるんですよね。でも、決して真似ができないのが口もと、“歯”です。今回のタイトルでもありますが、“美しい口もと”というのは一朝一夕で手に入れるのは不可能なんです。

――本当にその通りですね…歯を美しくしようと思ったら時間がかかるというイメージがあります。

石井さん:『ミス・ユニバース・ジャパン』のナショナルディレクターのイネス・リグロンさんに以前、プロデュースをオファーされたのですが、『ミス・ユニバース・ジャパン』ができた当初、彼女は街中で女性たちをスカウトしていたんです。そしてまず私のクリニックに連れてきて「歯を美しくしてください」っていうんです。「歯は土台。土台を美しくするのが一番時間がかかるからまずは歯からメンテナンスするんです」って。本当にすごいな、と思いました。本当の美を知っている人たちは美の土台は“口もと”だということを良く分かっているんですよね。

――先生ご自身も、もともと美意識が高くて歯医者さんになろうと思われたんですか?

石井さん:いえいえ、もともと私は歯医者にはなりたくなくて医学部に行きたかったんです。でも…うちの家系は歯医者一家なんですね。それで親たちが医者になるのは許してくれなくて、歯学部に入りました。

――歯医者一家ということは、歯に対する意識は高かったんでしょうか?

石井さん:それはまぁ普通でした。歯並びも悪くて大人になってから歯列矯正もしました。なので、患者様の大変さもとてもよく分かります。時間がかかりますし、大変ですよね。

――そうなんですか! 歯列矯正の話がでましたが、時間がかかるということを考えるとやっぱり子どものうちにやった方がいいんでしょうか?

石井さん:うーん。先生によっていろいろな意見があるかと思いますが、一概にそうとも言えないと思います。

――美しく明るく朗らかな石井さとこ先生。一流の女性たちの美の土台づくりのサポートをし続ける石井先生は本当に美しく、とても気さくにお話しくださいました。第二回は噛み合わせの大切さ、歯列矯正などについてのお話です。※第二回はこちから

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

石井さとこさんプロフィール

歯科医師、口もと美容スペシャリスト

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。

<略歴>
「ホワイトホワイト」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。
著書には「美歯道」(小学館)、「口元から美人になる52の法則」(講談社)、
最新本「美しい口もと」(ワニブックス)がある。
プロ用歯磨きジェル「ティースドロップ」、コスメキッチン限定販売の「ナチュラルドロップス」を監修し好評。

美しい口もと (美人開花シリーズ)

¥ 1,540

女優・モデル・アナウンサーらの美を支えているクリニック!「前向きな人間関係やヘルシーな考え方やまっすぐな笑顔も全部白い歯が連れてきてくれた。さとこ先生、ありがとう♡」 スタイリスト大草直子さんも推薦! 「きれい」と言われる女性は全員、必ず口もとのケアをしています。どうしてでしょうか?それは、口もとが清潔感の源であるとわかっているから。揃った歯並び、白い歯、潤いのある唇が、その人の顔の印象に与える影響は計り知れません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

現代女性の「膣問題」 助産師 たつのゆりこさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

膣のトラブルは他人ごとではない!現代女性が加齢と共に直面する“腟トラブル”とは。膣が痛くて歩けない、子宮脱だけではない。更年期以降に訪れるあらゆる体の不調は膣が乾燥している等の状態にも現れています。長年、日本人女性の膣を見続け『ちつのトリセツ』(径書房)を監修した助産師たつのゆりこさんにお話を伺いました。


女性の尿漏れを解決する骨盤底筋トレーニングとは?骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

女性の尿漏れを解決する骨盤底筋トレーニングとは?骨盤底筋トレーナー 岡橋優子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

骨盤底筋トレーニングとはどこをどう鍛えることでしょう。聞いたことはあるけれど、その内容やなぜ鍛えなければいけないのか、などについてきちんと理解している人はいないかもしれません。そこで骨盤底筋トレーナーである岡橋優子さんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google