歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

歯科医師 口もと美容スペシャリスト 石井さとこさんインタビュー『美しい口もと』<第一回>【#FocusOn】

恵比寿で20年以上デンタルクリニックを開業する石井さとこさん。多くの著名人を顧客に抱え絶対的な信頼を得る、口もと美容スペシャリストでもあり歯科医師でもある石井さんの新著『美しい口もと』はデンタルケアに関する情報が満載!アラフォー女性が知っておきたい口腔ケアについてお話を伺いました。


歯科医師、口もと美容スペシャリスト石井さとこさん著『美しい口もと』は女性なら知っておきたい情報が満載! なかでもアラフォー女性に特に知って欲しいことについて石井さんにインタビューしました。第一回です。

簡単・手軽な口もとエクササイズ

――今日はありがとうございます。石井先生の著書『美しい口もと』は知らなかったデンタルケアに関する情報が満載で本当に勉強になりました! 情報がたっぷり詰まっているのにとても読みやすい、ということにも感激しました。

石井さん:嬉しい―! そう言っていただけると本当に嬉しいです。“レッスン1”で口もとエクササイズを紹介していますが、いかがでしたか?

――ものすごくわかりやすくて、初めてでもトライしやすかったです。また、エクササイズのモデルさんがすごく清潔感があって美しいですね。普通なら口を大きく開けるなど、ああいうエクササイズの写真は見ているとちょっと恥ずかしくなってしまったりして、やりたくないな…と思ってしまったりも正直するんですが、そういう気持ちになることもなくエクササイズができました。

石井さん:ありがとうございます! モデルさん本当に美しくて可愛いですよね。

――あとは基本的に2ステップなので、簡単なのが魅力的です。正直めんどうなものはやりたくないなあって…それと文章が長いと読む気がなくなってしまって(笑)

石井さん:わかります! あのエクササイズは全部わたしが実践していて継続できているものなんです。私自身が複雑でめんどうなことが苦手なので、自分が「これならできる!」と続いているものだけを載せています。

美しい人たちが最終的に一番大切だと口をそろえるのが“口もと

――だからなんですね。本当にやりやすいです。ただ…ちょっとやっただけでもう筋肉痛のような感じになってしまいました。先生を見ても思いますが、美しい人って本当に努力しているんですね。

石井さん:いえいえ、私はそんなことないですけど、通院してくださっているモデルさんや女優さん、アナウンサーさん、タレントさん、など皆さん本当に努力していらっしゃるし、意識もものすごく高くて、何よりとても賢いと思います。

――美しい方は賢くもあるんですね!

石井さん:美しい方はたくさんいらっしゃいますよね。その中でも長年トップを走る女優さんやモデルさん、アナウンサーさんやタレントさんは表面的なものだけではない、深いところの“美”に対する欲求があるように思います。そして自分のなかに取り入れなきゃいけないものがなんであるかもよくわかっていらっしゃる。私が彼女たちに勉強させてもらうことはとても多いんです。あと…活躍し続けている方たちは賢いだけではなく、とても“素直”だと思います。

――美しく賢く、そして素直…この3つは成長していく上でとても重要なんですね…。

石井さん:そうだと思います。そして美しくなるために、あらゆることをやりつくした彼女たちが最終的に一番大切だと口をそろえて仰るのが、 “口もと”なんです。

美しい口もとは一朝一夕で真似することができない

石井さん:よくテレビで変身させる企画があったりしますよね。「女優の○○さんのようになりたい!」といってその女優さんのようなヘアメイクとスタイリングをする。そうすると確かに見た目はそんな風な雰囲気になります。ヘアメイクやファッションは真似ができるんですよね。でも、決して真似ができないのが口もと、“歯”です。今回のタイトルでもありますが、“美しい口もと”というのは一朝一夕で手に入れるのは不可能なんです。

――本当にその通りですね…歯を美しくしようと思ったら時間がかかるというイメージがあります。

石井さん:『ミス・ユニバース・ジャパン』のナショナルディレクターのイネス・リグロンさんに以前、プロデュースをオファーされたのですが、『ミス・ユニバース・ジャパン』ができた当初、彼女は街中で女性たちをスカウトしていたんです。そしてまず私のクリニックに連れてきて「歯を美しくしてください」っていうんです。「歯は土台。土台を美しくするのが一番時間がかかるからまずは歯からメンテナンスするんです」って。本当にすごいな、と思いました。本当の美を知っている人たちは美の土台は“口もと”だということを良く分かっているんですよね。

――先生ご自身も、もともと美意識が高くて歯医者さんになろうと思われたんですか?

石井さん:いえいえ、もともと私は歯医者にはなりたくなくて医学部に行きたかったんです。でも…うちの家系は歯医者一家なんですね。それで親たちが医者になるのは許してくれなくて、歯学部に入りました。

――歯医者一家ということは、歯に対する意識は高かったんでしょうか?

石井さん:それはまぁ普通でした。歯並びも悪くて大人になってから歯列矯正もしました。なので、患者様の大変さもとてもよく分かります。時間がかかりますし、大変ですよね。

――そうなんですか! 歯列矯正の話がでましたが、時間がかかるということを考えるとやっぱり子どものうちにやった方がいいんでしょうか?

石井さん:うーん。先生によっていろいろな意見があるかと思いますが、一概にそうとも言えないと思います。

――美しく明るく朗らかな石井さとこ先生。一流の女性たちの美の土台づくりのサポートをし続ける石井先生は本当に美しく、とても気さくにお話しくださいました。第二回は噛み合わせの大切さ、歯列矯正などについてのお話です。※第二回は11月15日(金)12時公開予定

石井さとこさんプロフィール

歯科医師、口もと美容スペシャリスト

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。

<略歴>
「ホワイトホワイト」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。
著書には「美歯道」(小学館)、「口元から美人になる52の法則」(講談社)、
最新本「美しい口もと」(ワニブックス)がある。
プロ用歯磨きジェル「ティースドロップ」、コスメキッチン限定販売の「ナチュラルドロップス」を監修し好評。

美しい口もと (美人開花シリーズ)

¥ 1,540

女優・モデル・アナウンサーらの美を支えているクリニック!「前向きな人間関係やヘルシーな考え方やまっすぐな笑顔も全部白い歯が連れてきてくれた。さとこ先生、ありがとう♡」 スタイリスト大草直子さんも推薦! 「きれい」と言われる女性は全員、必ず口もとのケアをしています。どうしてでしょうか?それは、口もとが清潔感の源であるとわかっているから。揃った歯並び、白い歯、潤いのある唇が、その人の顔の印象に与える影響は計り知れません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“私っぽくない”なんて呪いは脱ぎ捨てて!スタイリスト山本あきこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

40代になって、自分の似合う服がわからない…なんて洋服&おしゃれ難民になっている女性へ朗報です! 1万人以上のスタイリングを手掛けてきたメディアで大活躍のスタイリスト山本あきこさんがすべての40代女性へ贈る『これまでの服が似合わなくなったら。~“40代、おしゃれの壁”を乗り越える!』を出版されました。絶対に読んで損なしの一冊についてインタビューしました。


自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の名前で発言し責任をとる覚悟がない人の話なんて一切聞かなくていい 葉石かおりさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

エッセイスト・酒ジャーナリストの葉山かおりさん。結婚、離婚、再婚、そして現在はデュアルライフを満喫する葉石さんですが、20代、30代、40代とプライベートも仕事も盛りだくさん! 今もなお楽しく夢を持って生きる葉石さんに人生を楽しむコツを伺ったインタビュー第二回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google