“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

歯科医師、口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。新刊『美しい口もと』は外見的な美しさだけではなく、内側から健康的に美しくなるためのメソッドが満載! なぜ、美しい口もとが大切なのか? 改めて石井さとこさんにお話を伺った最終回です。


前回の記事はこちらから

『美しい口もと』が大好評発売中の歯科医師、口もと美容スペシャリストの石井さとこさんに美しい口もとの大切さについて様々な角度から教えていただいたインタビュー。最終回は顔のむくみは舌のポジションが悪いと引き起こされる? ホワイトニングの名付け親は石井先生? など、石井先生がホワイトニングに力を入れるようになった理由なども伺いしました。

インフルエンザ予防にむくみ防止、舌をスタンダードポジションにすればいいことだらけ!

――『美しい口もと』のなかに、顔のむくみは口もとが関係している、と書かれていてすごく驚きました! どういうことが改めて教えていただけますでしょうか?

石井さん:そうなんです。舌が正しいポジション、“スタンダードポジション”にないと顔がむくみやすくなってしまうんです。

――スタンダードポジションという存在を本で初めて知りました。

石井さん:そうですよね。私がつくった言葉なんです(笑)舌が上の前歯の裏側に収まって上あごにくっついているような状態を“スタンダードポジション”といいます。舌が下の前歯にくっついていているような状態だったらそれはスタンダードポジションではありません。その状態だと、口呼吸になっていたり、鼻炎だったり、フェイスラインがたるんだり、むくみやすくなっていたりします。口呼吸になっているということはインフルエンザなど、ウイルスに感染しやすくなってしまうということでもあります。そんな時には本で紹介しているレロレロエクササイズがおススメですよ。

――私、読みながらさっそくやらせていただきました(笑)簡単にすぐできるのは本当にいいですよね。覚えやすいので、トイレに入ったら必ずやる、とか習慣化しやすいなと思いました。

石井さん:ありがとうございます! 舌がスタンダードポジションにないと、口もとがゆるんでしまって、口角も下がって老けて見えますし、いいことないですよね。ぜひ、続けてくださいね。

“ホワイトニング”ではなく初めは“ブリーチング”だった

――ホワイトニングについてお伺いしたいのですが、石井先生が“ホワイトニング”の名付け親だと聞いたのですが、本当でしょうか?

石井さん:おそらくそうだと思います。それまで日本ではホワイトニングのことを“ブリーチング”と言っていました。ブリーチっていうと“脱色”のイメージが強いですよね。それで、歯を脱色するイコール悪いことなんじゃないか、というイメージがついてしまったのか、ぜんぜん普及しなかったんです。それでね、当時、スキンケア用語で美肌にすることを“ホワイトニング”と呼んでいて、「これがいいじゃない!」って思ったんです。“ホワイトニング”っていうと瑞々しい感じもしますよね。ただ白くするだけじゃなくて、潤いがあって、艶感も出るというか…。

――全然イメージが変わりますね! そもそも石井先生がホワイトニングに力を入れるようになったのはなぜなのでしょうか? 

石井さん:もとはね、普通の歯医者だったんです。虫歯治療や抜歯、矯正などなんでもやっていて、その時にしっかり基本を学ばせていただきました。それから恵比寿で開業して女性の方が多く来院されるようになった時に、着色歯の方たちからホワイトニングをやって欲しい、という声が多く上がってきたんです。当時はまだホワイトニングは普及していないし、私自身も分からないことだらけだったので、何人かの患者様に無料でモニターになっていただきました

――無料でされたんですか!?

石井さん:ええ、実験に協力していただいているわけですから。そうしたらちゃんとね、白くなったんです。それで患者様たちが、すごく喜んでくれて。「気になっていた着色歯が良くなって元気になったありがとう!どんどんやった方がいいよ!」って言ってくださって、それがものすごく嬉しかったんです。そこから口コミで広まっていきました。

――歯が着色していたりして自信がないと思い切り笑えないですもんね…

石井さん:ええ。歯がきれいだとそれだけで自信がつく、ということはありますよね。あとはね、見た目はもちろん大切なんですけど、歯は健康な生活への大切な宝物です。しっかり使って筋肉も発達させないとダメです。先ほど、今の若い人たちは噛まないって言いましたが、噛まないことで顎が発達せず、筋肉がたるんでブルドックみたいになっちゃったり、歯が倒れてしまっている人がいたりするんです。あとは噛まないから歯の先端が削れなくて尖ったままになってしまっていて自分の舌を傷つけて炎症をおこしてしまったり…実際に若い人たちの舌癌の報告が聞こえてくるのは、これが原因じゃないか、と言われていたりします。

すべての女性の美しい口もとづくりのために

――最後になりますが、石井先生が今後、力を入れていきたい活動などについて教えていただけますでしょうか。

石井さん:そうですね…『美しい口もと』というタイトルの本を書かせていただきましたが、本当に口もとが美しいと、女性は自信がもてるようになるんですね。それはもう数えきれないほどの患者様を診てきて心の底から思います。なので、そのお手伝いをこれからもずっと続けていきたいって思っています。場所にはこだわらずに、患者様お一人お一人に向き合って喜ぶ顔が見たい、そう思います。

――石井先生がプロデュースした唇専用エステと歯磨きジェルがあると聞きました。

石井さん:そうなんです。おかげさまで唇専用エステ“リップるん”は2016年にスタートしてからすごく人気があって、メディアにも多く取り上げていただいています。これも元々は、ホワイトニングや歯列矯正に通われていた多くの患者様たちが、唇に悩みを持っていてその相談を受けているところからスタートした取り組みです。加齢とともに唇は乾燥したり、皺が目立ったり、色がくすんだり、輪郭がぼやけたりしてしまうんですよね…それをどうにかできないか、という思いでリップるんを開発しました。

――(写真を見て)すごい…めちゃくちゃ興味あります! 40代女性にこそ必要なエステですね。歯磨きジェルはどうですか?

石井さん:これはね、私がアレルギー体質であるということもあって、界面活性剤や研磨剤や防腐剤、発泡剤、サッカリンを使っていない歯磨きを作りたい、と思ってプロデュースさせていただきました。ホワイトニングや歯周病対策、口臭防止のケアができます

――石井先生のバイタリティと、美しい口もとづくりのサポートをしたいという情熱は、美しくなりたい女性たちにとって最強の味方だと思います。ご著書ももちろんですが、これからも新しいサービスや商品開発が楽しみです。今日は本当にありがとうございました!

石井さん:こちらこそありがとうございました。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

石井さとこさんプロフィール

歯科医師、口もと美容スペシャリスト

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。

<略歴>
「ホワイトホワイト」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。
著書には「美歯道」(小学館)、「口元から美人になる52の法則」(講談社)、
最新本「美しい口もと」(ワニブックス)がある。
プロ用歯磨きジェル「ティースドロップ」、コスメキッチン限定販売の「ナチュラルドロップス」を監修し好評。

美しい口もと (美人開花シリーズ)

¥ 1,540

女優・モデル・アナウンサーらの美を支えているクリニック!「前向きな人間関係やヘルシーな考え方やまっすぐな笑顔も全部白い歯が連れてきてくれた。さとこ先生、ありがとう♡」 スタイリスト大草直子さんも推薦! 「きれい」と言われる女性は全員、必ず口もとのケアをしています。どうしてでしょうか?それは、口もとが清潔感の源であるとわかっているから。揃った歯並び、白い歯、潤いのある唇が、その人の顔の印象に与える影響は計り知れません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー【#FocusOn】

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期って一体何歳から始まるの? 日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第一回目は“肩こり”です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google