ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn | 大人のワタシを楽しむメディア
ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーを使った簡単・美味しいスープ弁当の作り方のコツや、ご自身のことについてお話を伺いました。


お昼ごはん、体によくないと思いつつもついコンビニや外食で済ませていませんか? スープ作家 有賀薫さんの最新刊『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)は本当に手軽で簡単! スープなら普通のお弁当を作るより手間がかからず、見栄えも気にすることなくできちゃうんです。あなたや家族のランチタイム革命が起きること間違いなしです。スープ作家 有賀薫さんにインタビューした第一回です。

息子の大学受験をきっかけに毎朝8年間スープ作り

――こんにちは。今日はよろしくお願いします! 著書『朝10分でできるスープ弁当』を拝読して、今日はお会いするのをとても楽しみにしていました。スープジャーを持っているものの、レパートリーが乏しくていつもワンパターンになっていたんです。

有賀さん:すでにお持ちなんですね! 読者の方から、「持っているけど一度使ってその後はしまいっぱなし」という声も多くありました。なかなか自分でレパートリーを増やすのは大変ですよね。

――はい…料理が得意ではないので、色々考えられなくて…。なので、有賀さんがスープ作家として多くのレシピを生み出し続けているというのは尊敬しかないです。ぜひ、そのあたりの秘密も今日はお伺いできればと思っています。まずは、有賀さんがスープ作家になった経緯を教えていただけますか?

有賀さん:私は主婦をしながら長年ライターをやっていたんです。女性のライフスタイルものや育児関係、インタビュー原稿なんかも書いていました。

――なんと! 同業者だったんですね。

有賀さん:はい。スープ作家になったきっかけは、8年前の息子の大学受験でした。息子が朝にすごく弱かったので、毎朝スムーズに起きられるように、スープづくりを始めたんです。

――それがどうして、スープのレシピ本を出すまでになったのでしょうか?

有賀さん:備忘録も兼ねて、SNSに毎朝スープの画像を投稿していました。そうしたら徐々に反響をいただくようになって。スープのレシピと画像だけ投稿しているというのが珍しかったのかな。そんな投稿を毎日コツコツ続けていたらフォロワーが増え、仕事をいただくようになって、今に至る…という感じです(笑)

――わーそうだったんですか! まさに継続は力なりですね。スープのレシピは毎日違うものだったんでしょうか?

有賀さん:ええ。365日違います。

――それがすごいなあって…私は料理が好きじゃないこともありますが、毎回ワンパターンのものしか考えられなくて。これとこれを使って味付けはコンソメキューブで…と。なので、味が洋風、和風、中華で具も大体同じもので、すぐに一周して飽きちゃう…という感じなんです。有賀さんはなぜそんなにアイデアが出てくるのでしょうか?

有賀さん:それはね、食材そのものの味を楽しむスープを作っているからなんです。

“食材の味”を楽しむスープを作ればレシピは無限大!

――どういうことでしょうか?

有賀さん:日本人はだしの旨味が大好きです。だから、和風、洋風、中華、どのスープでも、まず市販のスープの素などで味をしっかり作ってしまう習慣があるんですね。先ほど、「味付けはコンソメキューブで」とおっしゃっていましたが、おそらく野菜の味ではなく、コンソメ味を食べているのだと思います。すると、何を煮てもその味になってしまうという状況が起こるのです。

――なるほど…確かにその通りです。いつもスープの素の味で食べていました…。

有賀さん:『朝10分でできるスープ弁当』を読んでいただくと、いわゆるコンソメキューブや顆粒だしは使われていない、ということがお分かりいただけると思います。使わなくても素材や調味料の旨味を利用すれば、十分満足感を得ることができるからなんです。

――私はラクしたいから、“スープの素”を使っていました…それで何でも同じ味にしてしまっていたんですね。

有賀さん:ラクしたい人こそ、使わないほうがいいのです。素材の味はそれぞれ違いますよね。大根、ナス、ニンジン、玉ねぎ、全部味も食感も違う。同じ野菜でも季節によって全然違う。その時々の旬の素材の味を最大限生かすことで、バリエーションが生まれます。私はスープ作家として、いろいろな国や土地のスープレシピを本やネットで探すなど、バリエーションを増やす努力もします。でもそれはごく一部。ほとんどの日は、今お話をしたような素材中心のスープが多いですね。

“好き”を継続していたらどんどん仕事に

――SNSの投稿以外にも何かされていたことがあったんですか?

有賀さん:スープの写真がたまったときに、これをカレンダーにしたら面白いのではないかと、1年分のスープ写真を大きなサイズのカレンダーの形にプリントして、展覧会をやりました。スープの写真を見てもらいながら、スープも食べられるようにしたんです。

――すごく魅力的な展示会ですね。行ってみたい! 好きなことがどんどん仕事になっているってとても素晴らしいことですね。

有賀さん:ありがとうございます。本当にね、好きを仕事にできる現状はとってもありがたいです。

――息子さんの大学受験をきっかけに毎朝のスープづくりをスタートし、8年間継続することでいつの間にかスープ作家として何冊もレシピ本を出すようになった有賀さん。第二回は『朝10分でできるスープ弁当』を出版したいきさつやスープ弁当の魅力についてです。お楽しみに。

有賀薫さんプロフィール

スープ作家

2011年から7年間、約2800日にわたって、朝のスープ作りを日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信している。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)で、第5回料理レシピ本大賞入賞。

朝10分でできる スープ弁当

¥ 1430

「スープ弁当」が、あなたのお昼を変えます。“手間は少なく、おいしさ増やす”をモットーに、365日毎朝スープを作る有賀薫さん。忙しく、料理に手をかけられない人でも、「スープジャーなら、時間を味方につけられる」と提案。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google