ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

ラクしたいからこそスープの素は使わない『朝10分でできるスープ弁当』スープ作家有賀薫さんインタビュー<第一回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーを使った簡単・美味しいスープ弁当の作り方のコツや、ご自身のことについてお話を伺いました。


お昼ごはん、体によくないと思いつつもついコンビニや外食で済ませていませんか? スープ作家 有賀薫さんの最新刊『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)は本当に手軽で簡単! スープなら普通のお弁当を作るより手間がかからず、見栄えも気にすることなくできちゃうんです。あなたや家族のランチタイム革命が起きること間違いなしです。スープ作家 有賀薫さんにインタビューした第一回です。

息子の大学受験をきっかけに毎朝8年間スープ作り

――こんにちは。今日はよろしくお願いします! 著書『朝10分でできるスープ弁当』を拝読して、今日はお会いするのをとても楽しみにしていました。スープジャーを持っているものの、レパートリーが乏しくていつもワンパターンになっていたんです。

有賀さん:すでにお持ちなんですね! 読者の方から、「持っているけど一度使ってその後はしまいっぱなし」という声も多くありました。なかなか自分でレパートリーを増やすのは大変ですよね。

――はい…料理が得意ではないので、色々考えられなくて…。なので、有賀さんがスープ作家として多くのレシピを生み出し続けているというのは尊敬しかないです。ぜひ、そのあたりの秘密も今日はお伺いできればと思っています。まずは、有賀さんがスープ作家になった経緯を教えていただけますか?

有賀さん:私は主婦をしながら長年ライターをやっていたんです。女性のライフスタイルものや育児関係、インタビュー原稿なんかも書いていました。

――なんと! 同業者だったんですね。

有賀さん:はい。スープ作家になったきっかけは、8年前の息子の大学受験でした。息子が朝にすごく弱かったので、毎朝スムーズに起きられるように、スープづくりを始めたんです。

――それがどうして、スープのレシピ本を出すまでになったのでしょうか?

有賀さん:備忘録も兼ねて、SNSに毎朝スープの画像を投稿していました。そうしたら徐々に反響をいただくようになって。スープのレシピと画像だけ投稿しているというのが珍しかったのかな。そんな投稿を毎日コツコツ続けていたらフォロワーが増え、仕事をいただくようになって、今に至る…という感じです(笑)

――わーそうだったんですか! まさに継続は力なりですね。スープのレシピは毎日違うものだったんでしょうか?

有賀さん:ええ。365日違います。

――それがすごいなあって…私は料理が好きじゃないこともありますが、毎回ワンパターンのものしか考えられなくて。これとこれを使って味付けはコンソメキューブで…と。なので、味が洋風、和風、中華で具も大体同じもので、すぐに一周して飽きちゃう…という感じなんです。有賀さんはなぜそんなにアイデアが出てくるのでしょうか?

有賀さん:それはね、食材そのものの味を楽しむスープを作っているからなんです。

“食材の味”を楽しむスープを作ればレシピは無限大!

――どういうことでしょうか?

有賀さん:日本人はだしの旨味が大好きです。だから、和風、洋風、中華、どのスープでも、まず市販のスープの素などで味をしっかり作ってしまう習慣があるんですね。先ほど、「味付けはコンソメキューブで」とおっしゃっていましたが、おそらく野菜の味ではなく、コンソメ味を食べているのだと思います。すると、何を煮てもその味になってしまうという状況が起こるのです。

――なるほど…確かにその通りです。いつもスープの素の味で食べていました…。

有賀さん:『朝10分でできるスープ弁当』を読んでいただくと、いわゆるコンソメキューブや顆粒だしは使われていない、ということがお分かりいただけると思います。使わなくても素材や調味料の旨味を利用すれば、十分満足感を得ることができるからなんです。

――私はラクしたいから、“スープの素”を使っていました…それで何でも同じ味にしてしまっていたんですね。

有賀さん:ラクしたい人こそ、使わないほうがいいのです。素材の味はそれぞれ違いますよね。大根、ナス、ニンジン、玉ねぎ、全部味も食感も違う。同じ野菜でも季節によって全然違う。その時々の旬の素材の味を最大限生かすことで、バリエーションが生まれます。私はスープ作家として、いろいろな国や土地のスープレシピを本やネットで探すなど、バリエーションを増やす努力もします。でもそれはごく一部。ほとんどの日は、今お話をしたような素材中心のスープが多いですね。

“好き”を継続していたらどんどん仕事に

――SNSの投稿以外にも何かされていたことがあったんですか?

有賀さん:スープの写真がたまったときに、これをカレンダーにしたら面白いのではないかと、1年分のスープ写真を大きなサイズのカレンダーの形にプリントして、展覧会をやりました。スープの写真を見てもらいながら、スープも食べられるようにしたんです。

――すごく魅力的な展示会ですね。行ってみたい! 好きなことがどんどん仕事になっているってとても素晴らしいことですね。

有賀さん:ありがとうございます。本当にね、好きを仕事にできる現状はとってもありがたいです。

――息子さんの大学受験をきっかけに毎朝のスープづくりをスタートし、8年間継続することでいつの間にかスープ作家として何冊もレシピ本を出すようになった有賀さん。第二回は『朝10分でできるスープ弁当』を出版したいきさつやスープ弁当の魅力についてです。お楽しみに。

有賀薫さんプロフィール

スープ作家

2011年から7年間、約2800日にわたって、朝のスープ作りを日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信している。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)で、第5回料理レシピ本大賞入賞。

朝10分でできる スープ弁当

¥ 1430

「スープ弁当」が、あなたのお昼を変えます。“手間は少なく、おいしさ増やす”をモットーに、365日毎朝スープを作る有賀薫さん。忙しく、料理に手をかけられない人でも、「スープジャーなら、時間を味方につけられる」と提案。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープジャーで簡単にできるスープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーに入れてお昼まで待つだけで、簡単に美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google