スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn | 大人のワタシを楽しむメディア
スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


前回の記事はこちらから

朝からスープなんて作っている暇はない…と思ったあなた! 圧力鍋を使わずにたった10分でスープが作れる、と知ったら試してみたくないですか? 『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)著者のスープ作家 有賀薫さんにインタビューした第二回です。

みんなのランチタイムをもっと豊かに!

――今回どうして『朝10分でできるスープ弁当』というレシピ本を出版することになったのでしょうか?

有賀さん: “おわりに”にも書いたのですが、ある友人から「お昼は、コンビニで買ったおにぎりやサンドイッチを、会社のデスクでパソコンを見ながら食べている」と聞いて、もう少し自分を大事にするようなランチタイムを過ごせないかなと思ったんです

コンビニ弁当もなかなか野菜が取りづらかったり、自分好みの味付けじゃなかったり…あとは経済的にも毎食となるとなかなかお金かかりますよね。そんな時に自分で簡単に作れて持っていけるスープが一品あれば、おにぎりだけ買えばランチとして成立するな、って思ったんです。それにチンしなくても、ふたを開けるだけで温かいものが食べられるって、ほっこりしていいんじゃないかなあと思って。

――“おわりに”の有賀さんのメッセージは本当に素敵だなって思いました。

有賀さん:ありがとうございます。

――スープジャーは“魔法瓶”という言い方もありますが、『朝10分でできるスープ弁当』を読むと魔法の容器だということがよくわかります。保温効果があって温かいまま食べられる、というだけではないんですよね!

“時短料理”ではなく“長時間料理”

有賀さん:ええ、そうなんです。スープジャーの中で調理し続けてくれるんですね。皆さん、朝10分でできる、っていうと“時短料理”と思われるんですが、実は逆で“長時間料理”なんです。朝10分で準備してジャーに入れておけば、その後はジャーが時間をかけて美味しいスープを作ってくれる

――それを知って、「なるほど!」と感動しました。だから朝10分でできるんだな、って。根菜類などは火が通りにくいし10分じゃ無理じゃないかな? って思っていたんです。圧力鍋などを使うのでは意味がないし…って。

有賀さん:そうですよね。なので、素材の大きさなどにはこだわりました。10分の調理時間と保温調理で、ちょうどよく火が通るように。もちろん、食の好みはそれぞれなので、私にとってはこの固さでちょうどいい、と思っていても人によっては固いと感じるかもしれません。ご自身の“ちょうどいい”を色々試してみていただけたら嬉しいな、と思います。

――それをお伺いしたかったんです! 私はいい加減なので、しっかりレシピ通りに作るのが面倒くさいな…と思ってしまうんです。きっちりレシピ通りに作らなかったらいけないのだとしたらちょっと大変だな、と。

有賀さん:スープって元々、ちょっといい加減でつくっても美味しくできるものだと思うんです。野菜だってスープの中に入ってしまえば、どんな形だか分からないし。包丁が苦手な人にもピッタリです。

――スープ弁当がいいなって思ったのって、そこもあります。職場や学校にお弁当を持っていくってちょっと心構えが必要じゃないですか。キレイに盛り付けなきゃいけないかな…という変なプレッシャーもあったりして(笑)でも、スープだったらどんな見た目かわからない! そこにものすごく魅力を感じます。

有賀さん:たしかに普通のお弁当はふたを開けたら、見た目がバッチリ見えてしまうから気にされる方はしんどいですよね。でもスープ弁当ならそれは気にしなくていいですね(笑)

――それにお弁当の場合、朝詰めた時とお昼にふたを開けた時は同じじゃないですか。自分が詰めたのなら余計に何が入っているか、どんな味か分かっているから驚きがない。でもスープジャーのスープ弁当は朝入れた時と昼にふたを開けた時は違うものになっている。そのワクワクがあるのってとても素敵だなって思います。

有賀さん:そうですね。どんなスープになっているんだろうって思いながらふたを開ける喜びはありますね

スープ弁当で気を付けたいこと

――スープ弁当を作るときに気を付けたほうがいいことはありますか?

有賀さん:一番大切なことは保温です。スープジャーを前もって熱湯でしっかり温めておく、ということです。ボトルが冷たいところにスープを入れると、温度がキープできずに冷めてしまったり、保温調理がうまくいかなかったりすることがあります。といっても、お湯を入れて少し置いておくだけで大丈夫。温めたジャーの湯を捨てたところに煮立てたスープを注ぎ、すぐにふたを閉めます

さらに保温力を高めるのが、専用のポーチ。なければタオルで包んでおくだけでも、効果はあります。こういうちょっとした工夫で、お昼にあたたかいスープが食べられます

それと、一度スープジャーのふたを開けて食べかけたものを、最後まで食べないで時間をおいてまた食べるのはNGです。一度開けると菌がどんどん繁殖してしまうんですね。なので食べかけたら最後まで食べてしまってください。

――なるほど。逆に言うと夏場のお弁当は菌が繁殖してしまいそうで怖い、という方もスープ弁当ならふたを開けるまでその心配はないですね。

有賀さん:そうですね! とはいえ、あまり長時間は置かずに食べてもらうのが基本です。
具材では、生の肉や魚、卵は安全面でNGです。また、生煮えのねぎやにんにく、ニラなど、ニオイのきついものは避けたほうがいいかもしれません。

――スープ弁当の魅力とコツをたっぷり伺った第二回。最終回はスープの味の考え方、そして有賀さんの今後の夢についてです。お楽しみに。

有賀薫さんプロフィール

スープ作家

2011年から7年間、約2800日にわたって、朝のスープ作りを日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信している。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)で、第5回料理レシピ本大賞入賞。

朝10分でできる スープ弁当

¥ 1430

「スープ弁当」が、あなたのお昼を変えます。“手間は少なく、おいしさ増やす”をモットーに、365日毎朝スープを作る有賀薫さん。忙しく、料理に手をかけられない人でも、「スープジャーなら、時間を味方につけられる」と提案。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“性”のことで傷つく人を少なくしたい 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

2005年、医学生の頃から中高生や大人に性教育を行い、現在は精力的にアフターピルや日本の中絶方法について情報発信を行い続ける産婦人科医 遠見才希子さん。その活力の源はどこにあるのか? 産婦人科医になろうと思ったきっかけや現在の取り組んでいる活動などについてお話を伺いました。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google