すーちゃんが40歳になりました!『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』【たまには本でも#06】 | 大人のワタシを楽しむメディア
すーちゃんが40歳になりました!『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』【たまには本でも#06】

すーちゃんが40歳になりました!『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』【たまには本でも#06】

柴咲コウさん主演で映画化もされた、益田ミリさん著のすーちゃんシリーズ。以前WOMeでも紹介しましたが、そのすーちゃんがついに40歳になりました! 40歳になったすーちゃんの日々を描いた『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』をご紹介します。


アラフォー世代は忙しい。

意気込んで買ったはいいが、難しくて途中までしか読んでない本が積み上がる。
じっくり読み込む時間なんてない。でもたまには、本の世界にトリップしたい。

その気持ち、わかります。

そこで、WOMe編集部では、忙しいアラフォー世代でも気負わず読めてほっこり気分を癒してくれる、そんな本をご紹介します。

今回は柴咲コウさん主演で映画化もされた益田ミリさん著『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』をご紹介します。

お酒片手にマッタリと、たまには本でも。

※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

すーちゃん40歳になりました!

益田ミリさん著の“すーちゃんシリーズ”は、地方から上京してきた森本好子、あだ名はすーちゃんのアラサー時代からスタートとした4コマ漫画です。

2006年に最初の『すーちゃん』が刊行された後、『結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日』、『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』、『すーちゃんの恋』と続きます。そしてついに2019年、40歳になったすーちゃんの日々を描く『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』が刊行されました。今回はこの新刊についてご紹介します。

―すーちゃんは今も同じ部屋でひとり暮らしをしています。

物語はすーちゃんが40歳になった日から始まります。ひとりで夜道を歩いているすーちゃんは40歳になったことについて、こう、つぶやきます。

「マジかー」

そして、思います。

“未来は遠く遠くにあるものだと思っていたのに”

「いつのまにか追いつきそうってゆーか」

“歳をとることは、思ってた以上につまらないのではないか?”

なんて。

すーちゃんはひとりケーキを買って帰り、部屋でケーキを美味しくいただき、「この先どうやって生きていくかビジョンを考えるぞ!」なんて思ったり、「いや、それじゃ今までと同じじゃん!」と落ち込んだり、「30代と決別するぞ!」と断捨離を決意したりします。

すーちゃんまさかの不倫!?

すーちゃんが思いを寄せていた男性がいます。その人は近所の本屋さんの書店員さんでした。少し仲良くなっていましたが、けっきょく彼は他の女性と結婚し、転勤もして疎遠になりました。

その男性と、40歳になったある日すーちゃんはバッタリ再会します。そしてその場の流れでふたりでお酒を呑むことになり、楽しい時間を過ごします。男性と分かれ、ひとりになり、この偶然の再会の意味を考えたりしているとスマホに着信が。

“アドレス変わってなかった。さっきは楽しかったです”

男性からのメッセージ。すーちゃんは

「こんなメールをもらってドキドキしないわけないじゃん!!」

…と、悶えます。

その後もすーちゃんは、男性とご飯を食べに行き、やりとりを楽しみ、手を繋いだり、その時間を思い出して喜んだり、罪悪感を感じたり、するのです。

どうするの…すーちゃん!?

当たり前だけど…周囲の人も年老いていく

すーちゃんの大切な人たちも、すーちゃん同様に歳を重ねています。そして、病気になったり、生きづらさを感じたり、新しい挑戦を始めたり、亡くなったり…します。

「ズレちゃった感あるよな。自分が世界の中心から」

「いやいや本当に中心だったことはないか」

「なんで、こんなところにいるんだろう」

“たったひとり、この小さなアパートで、あたしはなにをしているんだろう”

ーこれがあたしの人生?ー

すーちゃんは自分にとって大切なもの、大切にしたいものに否が応でも向き合わざるを得なくなります。

それはタイトルにもなっている【わたしを支えるもの】。

静かで穏やかなすーちゃんの決意を目にした時、鼻の奥がツンとなり目頭が熱くなります。

すーちゃんと一緒に年齢を重ね、すーちゃんと同様に40代になった私たちは、すーちゃんと同じように大切なものに向き合い、決断をしたり(まだ、できなかったり)しているのだと思います。

でも思うのです。すーちゃんが分かったこと、決めたことは、私たちも決めなきゃいけないことだと。

最後にすーちゃんは大切な友人のさわ子さんとふたりで夜道を歩きながら“いつか、おばあさんになろう”と約束を交わします。

“いつか、おばあさんになる”

今年一年を振り返る時間、お酒片手にほっこりと『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』(幻冬舎)ぜひどうぞ。

わたしを支えるもの すーちゃんの人生(幻冬舎)

¥1,430

森本好子(もりもと よしこ)、本日、40歳になってしまいました。マジか―。――世界は美しく、わたしは生きている。人気シリーズ第5弾。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連するキーワード


たまには本でも 益田ミリ

関連する投稿


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


いとうあさこ著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』なんて自由で楽しい!ビバ40代!【たまには本でも#03】

いとうあさこ著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』なんて自由で楽しい!ビバ40代!【たまには本でも#03】

20代の頃、30代なんておばさんで、40代なんておばあちゃんにはなれない中途半端な人間で、少なくとも“女”は終わった可哀そうな人たちだと思ってた。今の20代もそんな風に思っているのかもしれない。でもね、でもでもでもね、実は40代…めっちゃ楽しい! めっちゃ自由! 人からどう見られるか他人の評価ばかり気にしてた20代の私に言ってあげたい。「おあいにく様!40代ちょう楽しいよ!」今回の“たまには本でも。”はそんな楽しい楽しい40代ライフが詰まった、いとうあさこさん著『あぁ、だから一人はいやなんだ。』。お酒のお供にぜひ。


やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

やっぱり女友達が一番!?『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』【たまには本でも#02】

そろいのドレスにそろいの眼鏡、そろいの髪型…そしてコンビ名は“阿佐ヶ谷姉妹”。本物の姉妹だと思っていたのにそうではなかった! しかし姉妹じゃないにも拘らず中年女性が6畳1間のアパートに同居しているってどういうこと!? なんともきっかいな状況をリレー形式でエッセイにまとめた『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。こんな関係いいなあ、やだなあ、なんてしみじみプププとなる心あったまる一冊です。


【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

WOMe編集部が注目している、気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】こんにちは! WOMe編集部デスク和氣です。今回は私が大好きな作家・益田ミリさんの最新刊「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google