いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】 | 大人のワタシを楽しむメディア
いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

いつだって手遅れなんてことはない『イーディ、83歳 はじめての山登り』【沁みる映画 #14】

年齢や環境を言い訳にして、何かを躊躇する。最近そんなことが増えてきたな、そんな風に感じることはありませんか? 1月24日(金)からシネスイッチ銀座ほかで公開される『イーディ、83歳 はじめての山登り』は実際に83歳の女優がスコットランドのスイルベン山に登る物語。“いつだって手遅れなんてことはない”。新年の抱負に心に刻みたい映画です。


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。

今回、紹介する映画は実際に83歳の女優が山に登った『イーディ、83歳 はじめての山登り』。人生を楽しむことに、いつだって“遅すぎる”なんてことはない! 2020年の初めに心に刻みたい作品【沁みる映画】第14回です。

※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

30年間、夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ

イーディ(シーラ・ハンコック)は30年間、歩くことも話すこともできない夫の介護を続けています。ある日、介護の合間に屋根裏部屋で父親が生前送ってくれたスコットランドのスイルベン山の絵葉書を見つけます。手に取るとそこには

“この変な山に登ろう”

と、いうメッセージが。イーディはかつて父親と「スイルベン山に登ろう」と約束し夢見たことを思い出します。その時、階下から音がしたので様子を見に行ってみると、夫は息を引き取っていました。

30年間の介護の末に残されたのは既に嫁いでいる一人娘ナンシー(ウェンディ・モーガン)と一軒家。そして夫の死から3年後、イーディの家は売りに出されます。一人で暮らせると主張するイーディをよそに、心配したナンシーは老人施設への入居を進めていました。

ある日、イーディの家を訪れたナンシーは、イーディが介護の辛さや育児の大変さを綴った日記を見つけて読んでしまい「母さんの世話はもううんざりよ!」と責めます。

頑固なところはあるものの、娘はもちろん誰にも迷惑をかけることなく、夫の世話、育児を一身に引き受け、夫亡き後は一人でつつましく生活をしてきたイーディ。

娘から母親への複雑な胸中の発露に母娘の溝は深まります。

そんな時、イーディはいきつけのフィッシュ&チップス店で“いつもの”を注文し食事をした後、「追加注文は遅い?」と聞きます。すると店員が

「何も遅すぎることはないさ-Never too late-」

と答えます。その言葉を聞き、イーディは覚醒します。

あの日の父親との約束を果たそうと決意し、父親の思い出の古びた登山グッズをカバンに詰めて夜行列車に飛び乗るのです。

青年ジョニーとの運命の出会い

列車から降りバスへの乗り継ぎに急ぐイーディは若い女性とぶつかり転びます。先を急ぐ若い女性の代わりにイーディを助け起こしたのは青年ジョニー(ケヴィン・ガスリー)。ジョニーはイーディを目的地まで車で送ると申し出ます。最初は断ったイーディですが、バスが4時間来ないと知りしょうがなくジョニーの車に乗り込みます。

そして目的地のホテルへ到着すると、今度はイーディの手違いで明日からしか宿泊できないことが発覚。親切なジョニーは他も一緒にあたってくれますが、結局どこも満室でホテルは見つかりません。するとジョニーは自分が友人と暮らす家に泊まればいい、とイーディを誘ってくれるのです。

…なんだかちょっと…わくわくする展開です。その後、様々な縁が重なりイーディはジョニーから登山の訓練を受けることになります。

ジョニーはイーディに親身になって訓練を施し、二人は様々な時間を過ごします。そして互いの弱さや秘密を打ち明け合い、いつの間にか二人の間に友情のような親子のような恋人のような親密な空気が流れます。

ある日、訓練を終えホテルにイーディを送り届けるとジョニーは

「人生は一度きり。飲み行こう」

と、誘います。嬉しくなったイーディは華やかなドレスを着て、口紅を差し、ジョニーを待ちます。そして迎えに来たジョニーにこれまでの感謝の気持ちを綴ったカードを贈るのです。

まるで恋人同士のようなドキドキする時間が流れます。

…しかし…その後ハプニングが起こり、イーディは「登山を諦める」とジョニーに告げます。

83歳の“はじめて”を可能にしたもの

一度は登山を諦めたイーディですが、ジョニーの活躍により再び登山を決意します。しかし、当初はジョニーと二人で登る予定だったのに、登山当日の朝、「独りで行く」とイーディはジョニーに告げます。

「助けてもらっては意味がない。独りで行く」

イーディは83歳になるまで、特別な運動をしてきたわけではありません。30年間、話すことも歩くこともできない夫の介護を続け、亡き後は一人でつつましく暮らしてきました。

しかしある日、特別親しくもない人の“たった一言”をきっかけに登山を決意し、行動を起こします。

するとそれを待ち受けていたかのように、まるで父親のようにイーディを見守ってくれる青年ジョニーが現れ、文字通り二人三脚で登山までの準備をし、挫折しそうになったら励ましてくれ、イーディは再度登頂を決意します。

イーディはどこにでもいるごくごく一般的な女性です。その行動は突飛なようで堅実で、ジョニーとの関係に浮き足立ったり落ち込んだりする姿にもとても共感できる、どこを切り取っても“特別”なところが見当たらない人です。途中、着々と準備を進め調子が良かったイーディが自分の“年齢”に気づかされ、周りの目が気になりだし夢を諦めそうになるシーンがあります。そんなところもとても共感できるのです。

ですが、そんな“特別なところがない”83歳の女性が最後に下した決断と成し遂げたことは、とても偉大で勇気あふれるもので、とても“ふつう”のおばあちゃんにできることではありませんでした。

それが実現できたのはジョニーの力もとても大きいのですが、最終的にはイーディ自身の“心の在り方”が周囲の目や常識に囚われることなく、“自分に由(よ)った”ものだったからではないかと思うのです。

この物語はフィクションです。ですが83歳の女性がスイルベン山に登ったのは事実です。

もしも今、色んなものに自ら囚われ生きづらさを感じているのなら、そこから抜け出したいと願っているのなら、『イーディ、83歳 はじめての山登り』は何かのきっかけになるかもしれません

イーディがなじみのフィッシュ&チップス屋の店員に「何も遅すぎることはないさ-Never too late-」と言われ覚醒したように。

『イーディ、83歳 はじめての山登り』は1月24日(金)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショーです。

『イーディ、83歳 はじめての山登り』

監督・脚本:サイモン・ハンター
出演:シーラ・ハンコック、ケヴィン・ガスリー、ポール・ブラニガン、エイミー・マンソン、ウェンディ・モーガン

2017年/イギリス/英語/102分/シネスコサイズ/原題:Edie後援:(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、ブリティッシュ・カウンシル
配給:アットエンタテインメント © 2017 Cape Wrath Films Ltd.

1/24(金)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』公式サイト 2020年1月24日[金]より公開

http://www.at-e.co.jp/film/edie/

住み慣れたロンドンから、ひとり夜行列車に乗って、スコットランドの山へ。家族のためだけに生きてきたイギリス老婦人が、人生の終わりを目前に、はじめて自分のための一歩を踏み出した感動作。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

“岩井俊二”と聞いて、懐かしさにときめいてしまうならきっと40代以上! 豪華キャストが大集合して撮られた最新作『ラストレター』は名作『ラブレター』のアンサー映画なのかと思いきや、とんでもない展開で新たな“岩井美学”の世界を魅せてくれます。


ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

日本では婚活より終活が花盛り⁉ 高齢化社会に伴い、どう人生の終わりを迎えるかが社会問題にもなり日々メディアをにぎわせています。WOMe世代も他人ごとではなく、親の終活もあり関心が高いのではないでしょうか。そんな終活ロシア版ともいえる『私のちいさなお葬式』は、“死”を小難しくシリアスにとらえていない、チャーミングで心温まる優しいロシア映画です。ロシアと日本の意外な共通点も見つかりますよ。


フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

フランス映画『冬時間のパリ』大人の恋の物語【沁みる映画 #11】

「恋、してますか?」。大人になり「恋って愛ってなんだろう」なんて思っている今日この頃の皆さま。ぜひ女友達とフランス映画『冬時間のパリ』へ。笑っちゃうくらい身勝手で自分に正直に生きる大人の男女の恋愛模様に、自分がバカバカしくなってしまうかもしれません。もっと自由に人生を楽しみたくなる大人の恋愛映画『冬時間のパリ』。美しい冬のパリの景色と共にぜひどうぞ。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

「このままでいいのかな...」と今の自分に「?」となることは誰にでもあることです。恋愛、仕事、人間関係etc.、とうまくいかない理由はさまざまです。自分では答えが見つからない、そんなときには映画に教えてもらうというのもひとつの方法です。欲しかった答えが見つかるかもしれないおすすめの映画をご紹介します。


懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

懐かしい…子どものころ大好きだったあの絵本に癒されよう

幼かったころ、お母さんやお父さんに読んでもらった絵本、大好きで何度も何度も読み返した絵本――。そんな絵本の思い出って誰にでもあるはず。そこで、忙しすぎて忘れていたあのころの気持ちを思い出させてくれるような絵本をピックアップしてみました。大人になった今だからこそ読み返して、ほっこり癒されてみませんか。


不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

不倫がバレた… 快楽の恋を求めた昼顔妻の誤算【神崎桃子の恋愛指南 #13】

【不倫がバレたらな失うものとは】ドラマに映画に不倫があふれかえっていますね。そして現実世界でも多くの女性が不倫を経験しているようです。不倫を一概に“いい”“悪い”とはいえませんが、これだけは言えます。「不倫がバレたらなにかを失う」。世の昼顔妻の皆様に恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと切り込みます。


~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#2~ 自分の数字を知って新しい意識をもつ【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

時間に日付など、あたりまえのように日々使っている数字。生活のなかに溢れている数は世界共通言語です。人生での様々な儀式も七五三、成人式、還暦、年忌法要と、死後も私たちは数と関わりあっています。数の力を知る事で世界は違った彩りをもち、興味深いものになります。そこで数秘の世界観とはいったいどんなものなのかご紹介します。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google