3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


前回のインタビューでは二度の結婚と離婚についてお話してくださった原口未緒さん。インタビュー第二回では、三度目の結婚と離婚、そして事実婚と出産、などについてお話を伺いました。

三人目の夫の場合:絶対に言われたくなかった○○の二文字

――壮絶な二度の結婚離婚体験でしたが、次に三回目の結婚・離婚話を聞かせてください。

原口さん:今度は異業種交流会で出会った4つ年下の男性です。札幌で開業したものの知り合いもいないので顧客がいなかったんですね。それで、いろいろな異業種交流会に顔を出すようにしていたんです。そこで彼と出会いました。当時、彼は夫のある女の人と不倫をしていて、彼女が離婚できるように相談にのってほしい、と言われました。それで、彼女から話を聞いてみたら、どうも彼女に離婚する気はなさそうなんですよ。直接彼にそういうことは言いませんでしたけど…。その後、彼は彼女とお別れして、なんとなく自然なカタチでお付き合いが始まって、結婚することになりました。

――スムーズですね! 二度の離婚経験からもう結婚は懲り懲り…という風にはならなかったのですか?

原口さん:一度目と二度目があまりに極端だったので(笑)この人は“普通”だから大丈夫だろう、と思ったんです

――それが離婚することになってしまった…。

原口さん:今度は私がふられたんです。彼はご両親が離婚をしていてそのことで辛い思いをしていたので、「絶対に離婚という言葉を使わないで欲しい」と言われていたんですね。それなのにケンカをした時に売り言葉に買い言葉で「もう離婚よ!」と言ってしまった。途端に彼の顔色が変わって離婚を突き付けられました。私は彼が好きだったし、離婚したくなかった。何より、その一言だけが離婚の原因だとしたらまだやり直せるだろうって高をくくっていたんです。

それで彼に謝って尽くすようになりました。そしたらね、それまでは彼が年下ということもあって何となく私が尻に敷いている感じがあったのに、立場が逆転していつも私が彼の顔色をうかがう状態になってしまったんです。そしたら彼も彼で助長して夜遊びも始めたみたいで。そういうのをご親切に報告してくれる人がいるんですよね。「旦那さん“すすきの”にいましたよ」とか言って。

――噂によく聞く“すすきの”ですね(笑)

原口さん:ええ(笑)それでね、9か月頑張ったんですけど、友達に言われた一言でふと気が付いたんです。「彼じゃなくてもいいんじゃない?」って。それで「あれ? こんなことする必要あるのかな?」って

――こんなことっていうのは、彼のご機嫌を伺って彼に尽くすような生活ですか?

原口さん:そうです。それでバカバカしくなっちゃって。「一千万円くれたら離婚する」って言いました。正直その時はまだ離婚を彼に諦めて欲しかったんです。それで、“一千万円”って聞いたら諦めてくれるかな、って思ったんですけど、それが逆効果で。「結局金か!」ってものすごく怒ってしまって。

で、もうダメだな、と思って冷静に自分の納得のいく額を計算したんです。当時の二人の間で貸し借りしたものとか色々考えると五百万円くらいかなあと思って、「五百万円でどうですか?」という話をしました。もちろん、一度に五百万円ではなく、月5万円ずつだったら払えるでしょう、という条件で。それで「自分から離婚したいって言いだしたんだから、公正証書とかそっちが準備して離婚に向けて準備を進めて」と伝えていたんですがやっぱり一般人なので法律のこととかよくわからなくて。しょうがないので私が公証役場に段取りをとって2人で公証役場に行って、離婚届を書きました

彼は小さな会社を経営していたんですが、払われなくなるときのリスクも考えて、会社も連帯保証人にしてもらいました。このあたりも弁護士ですね(笑)彼には「俺は弁護士と結婚したんじゃない!」なんて言われましたが(笑)私がサインした離婚届けを渡したらすぐに役所に届けに行ったようでそれはちょっとショックでした。「すぐ離婚届け出すくらい私のこと嫌いだったんだな」って思って。まだどこかで「やっぱり離婚しない」って言ってくれるんじゃないかって期待してたんですね。

四人目の夫の場合:「まさか!」のおめでた婚

――とうとう3度目の離婚を経験し…今度は事実婚を選択されますが、これはどういった経緯だったのでしょうか?

原口さん:東京に帰ってきて知り合った彼とは長らく友だち以上恋人未満、といった関係でした。私は3回結婚しましたが、子どもができなかったから、私は子どもができない体質なんだな、って思っていたんです。そうしたらできたんですよ。

――おめでた婚だったんですね!

原口さん:そうです。ちなみにね、三人の元夫たちはそれぞれ再婚して子どもができてるんです。二人目の元夫なんて今二人の子どものパパで、更生して真面目に仕事を頑張っているそうです。三人目は再婚したけどまた離婚したとか…噂ですが(笑)

――事実婚の旦那様は子どもが欲しかったんですか?

原口さん:いえいえ、結婚もしたくなければ子どもも欲しくなったと思います。そもそも人と住むのが無理で自分の部屋に人を入れたくない、という人でした。私も結婚する気がなかったから実家で母親と一緒に育てようかな、と思って実家に帰ったんですが、毎日母から父親の愚痴や文句を聞かされるのにうんざりしてしまって。そのことを彼に伝えたら「胎教に良くないんじゃない? 家に来れば?」って言ってくれたんです。

――なんと! 部屋に人を入れるのも嫌な人がよくぞ決心しましたね! しかし、お子さんもいらっしゃるし、今度は事実婚といういわゆる法律に縛られない関係だし、何より三度の結婚離婚経験があるし、うまくいきそうな気がしてしまいますが…そうではなかった(笑)

原口さん:ええ。残念ながら(笑)だんだん彼が働かなくなったんですよ。子どもが生まれて新しく家を借りたんですが、初めは折半していた家賃を気が付いたら払ってくれなくなっていました。

事実婚を解消して今は良い関係に

その当時、円満離婚弁護士として離婚相談を多く受け始めていたこともあって収入格差が生まれていました。それでひねくれちゃったみたいで。彼は自営で当初は従業員を雇っていたのですが、従業員との関係がなかなかうまくいかなくて、従業員が辞めてからは一人で仕事をしていたんですが、やっぱり従業員がいないと仕事を増やせなかったり、新たな業務を始めようとしてなかなか始めなかったり。そうこうしているうちに、子どものイヤイヤ期が始まってGW明けに「保育園に行かない!」って三日間行かなかったんです。その間、私は仕事があるので彼が家で面倒を見てくれていたんですが、イライラが募ってしまって爆発しちゃったんでしょうね。

「こんなんじゃ俺の仕事ができないじゃないか!」ってキレられて。私はそれまで、彼が家事や育児をしてくれているから、専業主夫と思えばいいかな、くらいに自分を説き伏せていたのですが、キレられたことで、私の気持ちもプツンと切れてしまいました。「仕事もしないし、子供の面倒もみられない、そんな夫ならいらない」と思ってからはどうやって事実婚を解消するか、ということを考えました。

――おおおおお、三度の離婚経験をもつ円満離婚弁護士モードが発動ですね!

原口さん:ええ(笑)でもね、やっぱり子どももいるし落ち込んだんですよ。私はメルマガを書いているんですが、当時、夫とうまくいかないこととか悩み事なんかを割と赤裸々に書いていたんです。そうしたら、私が離婚相談にのっていた人たちがそのメルマガを読んで「子どもは一人でも育てられるし、結局育てるのは一人じゃないし、先生は経済力もあるんだからさっさと離婚しちゃいなさいよ!」などと言って励ましてくれるんです(笑)

――立場が逆転(笑)

原口さん:それで私も「そうだよな」なんて勇気づけられて(笑)私名義で家を借りていたので出ていくことはできないから、彼の方に出て行ってもらうように仕向けて

――これまで培ってきたノウハウをフル稼働ですね! パパとお子さんは今も会っているんですか?

原口さん:ええ。“離婚したら会わせない”、という人と“会わせる”という人がいますよね。私はパパと会ったほうがいいと思っているので、子どもは私と一緒に暮らしていますが金曜日の夜にパパが保育園に迎えに行って、そのまま土日は私の家で過ごすというサイクルにしていました。しかし、やはり私の家に来ることは、私と子どもの生活のスタイルやペースも崩れてしまうので、今はパパの家か外で過ごしてほしいとお願いしています。別れた今の方が彼とはいい関係になっています。私の母親と彼の関係も別れてからの方が良くなっていて。この前は数時間、彼が母親の愚痴に付き合ってくれました

私と子どもとの関係も変なストレスがないからか良くなって。自然に優しくなれるんですよね。母親がピリピリしていないからか子どもも聞き分けが良くなって、進んで色々やってくれるようになったんです。イヤイヤ期だったのが嘘みたいです。本当に子どもって賢いですね。

――率直に明るくご自身の経験をお話してくださる原口さん。最終回は原口さんが“円満離婚弁護士”となった経緯と最近増えている離婚ケースについてです。お楽しみに。※1月21日(火)12時公開予定

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

原口 未緒(はらぐち・みお)さんプロフィール

弁護士

東京護士会所属。心理カウンセリング・スピリチュアルカウンセリングも併用しながら、こじらせない円満離婚の実現を目指します。著書『こじらせない離婚―「この結婚もうムリと思ったら読む本」(ダイヤモンド社)
事務所名:弁護士法人 未緒法律事務所
事務所URL:http://mio-law.com

こじらせない離婚―――「この結婚もうムリ」と思ったら読む本(ダイヤモンド社)

¥1540

修羅場でも、どんな人が相手でも傷つかない・モメない方法。ポイントは心の整理が9割、法律1割。ドロ沼の争いを次々着地させてきた「円満離婚弁護士」が、自分がのぞむ条件で離婚する方法を、4つのストーリーでお伝えします。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google