変化する女性の体は素晴らしい! スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー最終回【#FocusOn】 | 大人のワタシを楽しむメディア
変化する女性の体は素晴らしい! スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー最終回【#FocusOn】

変化する女性の体は素晴らしい! スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー最終回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』著者スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルや女優、タレントなど多くの顧客を抱え、美容業界では知らない人はいないゴッドハンドの持ち主の田中由佳さんに著書のことやご自身の人生についてインタビューしました。


前回の記事はこちらから

18歳で亡くなった娘さんとの不思議な会話、そしてご自身のスピリチュアル能力。すべての経験が今の田中由佳さんを創り、女性たちを癒し、美しく、幸せに生きる手助けをしてくれています。インタビュー最終回は田中さんがなぜ“女性”を癒し幸せにしたいと思うのか。女性の体の仕組みや今後、田中さんが行っていきたい活動などについてもお話を伺いました。

一生のなかで何度も変化する女性の体は素晴らしくて。面白くて。

――田中由佳さんはなぜ、“女性”をきれいにしたい、幸せにしたいと思われるのでしょうか?

田中由佳さん:女性の体は本当にすごいと思うんです。男性も女性も心身の状態は3つのバランスがよくないといい状態とはいえません。3つのバランスとは“心”“体”“魂”です。その中で、女性の体は一生の間に何度も変化しますよね。成長するにしたがって胸が膨らんできて、生理がきて、妊娠したり出産したりして徐々に女性ホルモンが減っていって更年期を迎え閉経する…。たくさん変化するという事は不安定な揺らぐ状態が多くあるということなんです。

その点、男性の体はあまり大きな変化はないですよね。

なので女性って俯瞰してみると本当に面白いと思うんです。いろんな生き方、選択肢がある。結婚する、しない、子どもを産む産まないはどちらでもいいと思いますが、間違いなく、男性より自分の体でいろんな変化を体験ができると思います。

――少し話は変わりますが、今はLGBTQなど男性・女性と一概に区別できないような状況もありますが、それはどう思われますか?

田中由佳さん:性ホルモンと時代が変化してきているのですから、当然だと思います。それも自然なことです。

――なるほど…人類はまだまだ進化の途中なんですね。

田中由佳さん:ええ。それにね、精子の遺伝情報は一つひとつ全部違うんですから男女どちらかじゃなきゃいけないなんて、そんなことで悩まなくていいんです。人間で産まれてこれた自分を誉めてあげて下さい。

シワもクセも遺伝する!

――『「指プレス」でシワのばし』のなかにはいろいろなシワの原因が書かれていてとても勉強になりますが、シワが遺伝するということにビックリしました! 私は小さいころから眉間にシワがあって父親の遺伝だと周りから言われていたんですが「そんなわけないだろう」と思っていたんです。だけど…遺伝なんですね!

田中由佳さん:私の眉間にもシワがあって父の遺伝です(笑)親子でクセも遺伝するので、表情グセなども遺伝してシワも同じところにできるということもあると思います。

――そう思うとシワも愛おしく感じますが…でも…やっぱりなるべくシワはなくしたいです(笑)なので、家で簡単にできる“指プレス”は最適だと思います。WOMeは40代女性向けのメディアなんですが、40代女性って本当に忙しくてなかなか自分のことに時間を割くことができないんですよね。エステに行く時間を捻出するのが難しい。

田中由佳さん:わかります。私もその年代を生きてきましたから。なので、貴重な時間を使って私のところに来てくださった皆さんを絶対に元気にして差し上げたいんです。それこそ人生をリセットするような…施術の2時間をかけて人生を洗って欲しいと思っています。

少し話が変わりますが…人ってね、死ぬと五感がなくなってしまうんです。五感というのは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚です。元気な方はこの五感がきちんと機能しています。ですがストレスや過度の心労などで、五感のどこかの感性が低下しすぎているというような方はたくさんいらっしゃるんです。

――ああ…わかる気がします。それは生きながらにして一部が死んでいるような状態ですね…。

田中由佳さん:ええ。ですから、そんな状態を解き放ち生き返らせて、楽しく生活できるようにして差し上げられるプロフェッショナルでいたいと思っています。

――40代女性はいろんなことで悩んだり、自分の人生このままでいいのかな? と不安になったりすることが折に触れてあると思います。そういう状態をどうしたら少しでも軽くすることができると思いますか?

田中由佳さん:無理に何かをしようとか思わなくていいと思います。最中にいる時は自分の状態はわからないものです。その出来事が良いことなのか悪いことなのかも、その時にはわからないと思うんです。なので人と自分を比べて焦ったりせず、自分を信じる。そして物事は必ず変化するので安心してほしいと思います。

亡くなった人のことを思い苦しんでいる人たちを助けたい

――最後に田中さんが今後、行っていきたいことや夢などがあれば教えてください。

田中由佳さん:そうですね、女性を幸せにキレイにする職人になりたい…という想いはずっと持ち続けているのですが、それとは別に…大切な人に先立たれ悲しみに暮れている方たちの助けになるような活動ができたらいいなあと思っています。

――素敵ですね。そういった方たちは大勢いらっしゃると思います。

田中由佳さん:そうですよね…死を怖いものだと思っている方は大勢いらっしゃると思うのですが、決してそんなことはないんです。亡くなった方たちの魂は、生きている私たちを優しくサポートする存在になってくれています。なので亡くなった方を思って心配しすぎて自分を責めなくても大丈夫です。

その人と出会えた縁とか親子になれた縁に感謝してください。しかし、辛い思いを抱えている方がすぐにそんな風に考えられるようになるかと言ったらそれは難しいと思います。なのでそういった方たちの話を聞いて、私ができる範囲で癒して差し上げることができたらいいなあと思っています。

人と出逢うということはものすごいご縁です。長い人間の歴史の中でこの時代を共に生きた。この時代を選び、子どもは親を選んで生まれてきた。そう思うとそれだけで奇跡ですよね。

田中由佳さん著『指プレスでシワのばし』(SDP)からちょこっと紹介!~額のシワを濃くしないために~

生え際→頭頂部をマッサージ

額のシワは頭皮のコリも大いに関係します。生え際から頭頂部にかけて、ジグザグと指のハラでもみ込んでみて。これを5セット。ヘアエッセンスを併用するのもおススメです。

――田中由佳さんのお話は、人が人として生きて死ぬということはどういうことなのか、ということを改めて考えるきっかけになりました。忙しい毎日、少しだけ立ち止まって人生や人との出会いについて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

文/和氣 恵子、撮影/鈴木 志江菜

田中由佳さんプロフィール

愛媛県出身。都内の短大を卒業後、エステ業界へ。
29歳で東京三宿に『サロン・ド・スウィン』をオープン。
その後、42歳で医療学校に通い始め卒業。
25年を超えるエステティシャン歴において、
延べ8万人以上をトリートメント。
医者、僧侶、救命消防士の家系から幼少期より勘が良く、
人の「気」に敏感。
施術に今までの知識とシックスセンスをとりいれて
「肌・体・魂」に響くトリートメントを提供。
現在は女性誌でのメソッド提案のほか、
ティーチング、プロデュース、講演なども行っている。
サロン名はミャンマー語の「シンスウィジン=幸せ」の意味。

“指プレス”でシワのばし

¥ 1100

美容界が信頼するゴッドハンドがシワに悩む女性のため、いつまでも美肌でいたいという願いをかなえるべく、テクニックをわかりやすくまとめました。 どのテクニックも、たった2本“親指と人差し指”を使うだけ。本当に簡単に自分の気になる部分のシワが、日を追うごとに薄くなっていくのを実感できます!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/後半】離婚・転職・起業・詐欺…まだまだ続く激動の日々

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第一回目は“肩こり”です。


家族の形はさまざま! 90年代なつかしホームドラマ3選

家族の形はさまざま! 90年代なつかしホームドラマ3選

ホームドラマとひとくちに言ってもその形はさまざまです。いつの時代も家族を描いたドラマは人気がありますよね。今回は90年代に人気だったホームドラマ3選をピックアップ! 当時は子供の立場で観ていたドラマも、アラフォーになった今なら、親目線で観ることができ、また違った楽しみ方ができるかも!?


<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

今回は、「貯金はゼロですがお金持ちになって豊かな老後を過ごしたいです」という、ストレートすぎるお悩みです。セミナー会場や、個人面談でも一番多いのがこのお悩みです。そこでWOMe世代は、みんないくらくらい貯めているのか? というところからご紹介していきたいと思います。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


ヴィーガンって何? 美味しいヴィーガングルメ紹介

ヴィーガンって何? 美味しいヴィーガングルメ紹介

”ヴィーガン”、巷でよく聞くこのワード。なんとなくベジタリアンと同じようなものと思っている方も多いと思います。ベジタリアン=菜食主義者とどう違うのか、その実態はどんなものなのか、正しい知識をもって無理なく取り入れるところからはじめてみましょう!


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google