UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう | 大人のワタシを楽しむメディア
UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVカットメガネやサングラスで紫外線から目を守ろう

UVケアを万全にしたつもりなのにシミができてしまったのはなぜ?と、後悔しないためにも紫外線対策をしましょう。実は、紫外線に反応するのは皮膚だけではありません。目から入る紫外線はあなどれません。後悔しないためにも、UVカットのメガネやサングラスで紫外線から目を守ることが大事です。


紫外線が目に及ぼす影響

UVカットのサングラスは、帽子の4倍以上、目から入る紫外線をカットする効果があります。
目から紫外線を浴びると、それを察知した脳はメラニン色素を作り出す物質を分泌します。
このメラニン色素がシミの原因となってしまいます。
紫外線をシャットアウトするには、皮膚を日焼け止めクリームなどで防備するだけでなく、UVカットのサングラスやメガネでしっかりと目を守ることが、特に40歳以上は必要なようですよ。
年齢とともに肌のターンオーバーがどうしても遅くなるから、予防が大切なわけですね。

紫外線の影響で起こると言われる目の病気は、急性の紫外線結膜炎、翼状片、白内障などです。
帽子をかぶることで目から入る紫外線の約20%をさえぎることができると言われていますが、紫外線カットのサングラスやメガネを使用すると80%の紫外線をカットすることができます。
UVカット加工の度が入ったメガネも豊富なので自分に合ったものを選び紫外線を予防しましょう。

UVカットメガネやサングラスの選び方

UVカットサングラスを選ぶときは、紫外線カット加工がされているレンズかどうかを確かめましょう。
レンズの色が濃いからといって紫外線が大幅にカットされるわけではありません。
サングラスの場合、レンズの色が濃すぎると瞳孔が開き、見え方の質が下がることがあります。
見やすさでレンズを選ぶようにしましょう。

UVカットメガネにはUV400などと表記されています。
この表記は、波長が400nmより短い紫外線のほとんどを、不透過にする処理がされているという意味です。
ふつうのプラスチックレンズでもUVBの一部はカットできますが、UVカット400加工がされたレンズではさらに長い波長であるUVA紫外線もカットできます。

肌の老化の8割が紫外線によるものと言われていますが、目の周りの皮膚は薄いため、紫外線に当たると、目元のシワやタルミの原因となってしまいがちです。
40代にとってはまさに恐怖ですよね。
サングラスを上手に使うことで目のケアだけでなく、目の周りのケアもできます。

子どもにサングラスは必要?

18歳までに生涯浴びる紫外線の約半分を浴びるようです。
将来的に目のトラブルに悩まないために、できれば子供もサングラスで目を守りたいものです。
まだ成長過程にある子どもの目の水晶体は透明なため、大人より紫外線の影響を受けやすいといえます。
実際、白目に黄色いシミの隆起ができる瞼裂斑は、紫外線を浴びる量が多い場合には、10歳前後で発症することもあるようです。
ただ、子どもは走り回るうえ転ぶと危ないといった考えや、小さな子がサングラスをかけているのは違和感があるなどの理由で、まだサングラスの使用はそんなに広がっていませんが、長時間戸外で過ごす時にはつける方が良いでしょう。

UVカットと紫外線の透過について

UVカット率とは、メガネのレンズがどれくらい紫外線をカットできるかを現した数値です。
高ければ高いほど効果が高いといえます。

紫外線透過率とは、メガネのレンズをどれくらい紫外線が透過するかを示した数値です。
低ければ低いほど目に入りにくくなっています。

もともと目は紫外線が入っても大丈夫な機能が備わっていますが、屋外にいる時間が長い人やレジャーなどで長時間日に当たる場合、はUVカットのあるメガネやサングラスの着用がおすすめです。

サングラスは濃すぎる色や大きすぎるものは避けるようにしましょうね。
濃すぎる色は視界が暗くなり、光を取り入れようと瞳孔が開くので、余計に多くの紫外線を取り込んでしまいます。また、大きすぎるものは、隙間から紫外線が入ってしまいます。
薄めの色のサングラスで、ジャストフィットのものを選びましょう。

まとめ

目から入る紫外線は、浴び続けると蓄積されて、数年後や数十年後に目のトラブルとなって現れます。いつまでも健康な目でいるために、自分に合ったサングラスやメガネを上手に選んで目を守りましょう。
また、海や山で長時間紫外線を浴びるときには、子どものサングラスも用意してあげましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

予想外の陽射しに真っ赤に日焼けしてしまった…そんな経験をされた方も多いと思います。若い頃ならいざしらず、アラフォーでこの体験は正直ツライですよね。そこで今回は日焼けでダメージを受けた肌の応急ケア方法について教えていただきます。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


たるんだまぶたにも効果アリ!? “ブリッジ効果”で、瞳が130%拡大(※1)するつけまつげ!

たるんだまぶたにも効果アリ!? “ブリッジ効果”で、瞳が130%拡大(※1)するつけまつげ!

“ディーアップ アイラッシュ”のロングセラー商品、「RICH(リッチ)シリーズ」をリニューアルして、9月25日(月)から全国のバラエティショップ、ドラッグストアで発売スタートしました!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google