抗酸化作用が高い美容成分 ビタミンC誘導体とは? | 大人のワタシを楽しむメディア
抗酸化作用が高い美容成分 ビタミンC誘導体とは?

抗酸化作用が高い美容成分 ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体という成分はご存知ですか? ビタミンCはシミ対策やシワ改善などに有効な、美肌効果ばっちりの成分。このビタミンCを人工的に改良した成分が、ビタミンC誘導体なのです。調べてみると、美しい肌に導くのにはぴったりの成分! 今回は、ビタミンC誘導体ってどんな成分? という基本的なことについてご紹介します。


ビタミンC誘導体ってどんなもの?

そもそも、なぜビタミンCを人工的に改良する必要があるかについてご説明しましょう。ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑えてシミを防ぐ、美肌効果抜群の成分。ほかにも、紫外線から肌を守ったり、シワを予防したり、しつこいニキビにも効果的な万能な成分なのです。けれども、ビタミンCは成分自体がもろいのが難点。かなり気を使って取り入れないといけません。壊れてしまっては、美肌効果にはあまり期待ができないのです。

そこで登場したのが「ビタミンC誘導体」。壊れやすいビタミンCをなるべく安定化させ、ビタミンC本来の力を発揮できるように人工的に改良を加えた成分なのです。ビタミンC誘導体配合のスキンケア製品を使用することで、ビタミンCの成分を、しっかりと肌へ浸透させることができるのです。

ビタミンC誘導体は3つの特性に分けられる

ビタミンC誘導体には、水溶性のものと油溶性のもの、そして、その両方の特性を併せ持つものがあります。

一般的な「水溶性」のビタミンC誘導体の特徴は、肌に吸収されやすいこと。スキンケア製品の中でも、とくに化粧水や美容液に配合されることが多いとされています。主な種類は「リン酸型ビタミンC」や「アスコルビン酸グルコシド」など。

「油溶性」のビタミンC融合体とは、もともと水溶性であるビタミンCに油分を結合させることで、エマルジョン化したもの。美容クリームなど、油分を含む化粧品に配合されます。主な種類は「テトラヘキシルデカン酸アスコビル」や「ステアリン酸アスコビル」など。

そして、両方の特性を併せ持つビタミンC誘導体は、水分にも油分にも馴染みやすく、浸透力が高いことが特徴です。主な種類は「アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)」など。

美肌の味方! ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体には、さまざまな美容効果があります。スキンケア製品に配合され始めたのが80年代からと歴史もあり、その効果の高さはお墨付き。いくつかご紹介しましょう。

■抗酸化作用
年齢を重ねるにつれて細胞が酸化し、シミやシワなどさまざまな肌トラブルが増えてきますが、ビタミンC誘導体には、酸化を食い止める力が備わっているのです。

■新陳代謝を促す
エイジングによって、肌の新陳代謝が衰えていきます。肌がなかなか生まれ変わらず、角質が蓄積されることで肌トラブルを引き起こしますが、ビタミンC誘導体が肌の新陳代謝を促し、美肌をキープすることができます。

■色素沈着を防ぐ
紫外線などを浴びると、どうしてもメラニンが生成され、シミの原因となってしまいます。けれどもビタミンC誘導体は生成されたメラニンを還元することで、シミになりにくい肌へと導くのです。

使用する際に注意したいこと

これまでご紹介してきたように、ビタミンC誘導体は、美肌にとってなくてはならない成分。ぜひ上手に使っていきたいところです。効果的に取り入れる方法として、まずは化粧水がおすすめ。比較的配合されていることの多い成分ですので、ドラッグストアでも、愛用するスキンケアブランドのコスメカウンターでも、身近なところで手に入れられます。

使用する際にひとつ注意したいのは、敏感肌であるかどうか。肌へ浸透する力が強いビタミンC誘導体は、美肌にとても有効な成分ではありますが、敏感肌の人には浸透力が高すぎて、逆に肌への負担になってしまうことも。使ってみて、ピリピリっとした刺激を感じたときには、使用を控えた方が良さそうです。

上手に使って美肌を目指す!

スキンケア成分として、長年使用されてきたビタミンC誘導体は、今やなくてはならない成分。とくに、エイジングによって肌トラブルを抱えることが増えた方には、ぜひおすすめしたい成分です。ただ、その有効性から刺激が強すぎることも、念頭に置いておく必要があります。

ビタミンC誘導体配合のスキンケア製品を上手に使用して、美肌をつくりましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデ?と思わせるような素肌っぽい美肌をキープできている女性っていますよね。ファンデーションを使わないって実際どうなんでしょう。シミやくすみは大丈夫か気になりますよね。でもノーファンデは肌への負担も少なく、化粧直しも簡単というメリットも。“ノーファンデライフ”をあなたも始めてみませんか?


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google