年齢が出やすいのは実は「くちびる」 ちゃんとケアしてますか? | 大人のワタシを楽しむメディア
年齢が出やすいのは実は「くちびる」 ちゃんとケアしてますか?

年齢が出やすいのは実は「くちびる」 ちゃんとケアしてますか?

まず鏡を除いて年齢を感じるのは、頬のたるみやほうれい線、目尻のシワなどだと思います。けれど、そうした部分はすぐに目につきますが、気づきづらい年齢による老化、それは「唇」です。実は、唇は一番初めに老化が始まる部分とも言われています。唇に縦ジワができているようであれば要注意!今からケアして若々しい印象の顔を目指しましょう!


年齢による老化がはじまるのは、実は「唇」が一番だった?!

この記事を読んだ方は、すぐに鏡で自身の唇をチェックしてみてください。

縦にいくつもの「シワ」ができていませんか?

そう、加齢によって水分量の減ったお肌と一緒で、唇にもシワができるんです!最近「口紅の乗りが悪くなった」「輪郭がぼやけてしまう」と感じたら要注意。


実は唇の皮膚はとても繊細。その上汗腺や皮脂腺がないのでお肌と違って自身での保湿ができません。なので、老化が最初に現れやすい顔のパーツのひとつなんです。深くて無数の縦シワは、かなり老化がはじまってきている証拠です。

そして、唇のシワは消すのがとても難しい場所。それなのに、唇が生き生きとしていないと顔の印象もかなり変わってきます。ですからこうした「唇シワ」を見つけたら、すぐにでもケアしたいもの。

そんな「唇ケア」の強い見方になってくれるアイテムをご紹介します!

あま~い「はちみつパック」で唇ケア

唇パックとして使用するハチミツは、特に特別なものを使用する必要はありません。

どこのご家庭でも、たいていはちみつはあるかと思いますので、それを使って「はちみつパック」を行ってみましょう。

はちみつの成分の約80%は糖質で構成されています。
肌につけると、ねっとりとしたハチミツがしっかりと唇に吸着し、肌内部の水分を外へ逃さずにしっかりと保湿をしてくれる効果があります。

また、肌荒れを整えるビタミンB群やナイアシンも含まれているため、荒れた唇の回復に役立つと言われています。

なにより食品なので、口に入れても安心なのもいいですね。

ラップで覆う「ワセリンパック」

お手持ちのリップクリーム、またはワセリンとラップを用意しましょう。
普通にケアしても良いのですが、一番のお勧めは保湿がたっぷりできる「バスタイム」。

お風呂につかった状態で、充分に温まった唇に、リップクリーム(ワセリン)を普段より多めに、た~っぷり厚く塗ってあげます。ややオーバーリップ気味に塗るのがおすすめ。

唇の血行をよりよくし、水分と脂分をゆき届かせるために、その状態で上下の唇をクルクルと小さな円を描くようにマッサージします。その上から、ラップをぺたっと貼り付けるようにして水分を逃がさないようにして約5分。

これで、ぷるぷるの唇に♪翌朝が楽しみになりますよ!

つるつる唇に♪「シュガースクラブ」

「砂糖で保湿?!」と驚かれる方もいるかもしれませんが、実は砂糖(糖分)は保湿性に優れているとして化粧品にも配合されているんです。知っていましたか?そんな砂糖を使って簡単に作れる「シュガースクラブ」が、美に意識の高い人たちの間で話題になっているようです。

シュガースクラブの作り方はいくつかあるようですが、もっともシンプルなものは、砂糖とオリーブオイルを混ぜる方法。通常の砂糖と、オリーブオイル(できればバージンオイルであれば尚良いでしょう)を1:1の割合で配合し、混ぜ合わせるだけ。

これを唇に乗せて、唇の繊細な皮膚を傷つけないように優しくマッサージします。すると、砂糖のざらざらとした粒子が程よく唇の血行を促し、ほんのり温かくなってくるのを感じると思います。

そのまま5分ほど置き、最後に洗い流して終了です。
ただ、マッサージしている最中に砂糖が零れ落ちてきてしまうので、こちらもできればバスタイムに行うのが良いでしょう。

唇専用美顔器 MTG LIPLU リップル

なんと、「唇専用」の美顔器が登場しました。

繊細で、一度シワなどが入って老化してしまうとなかなか改善が難しい唇専用に開発された最新の美顔器です。

肌深層まで潤い成分を届ける働きをするパルス波(電気信号)と、肌の血行をよくする42℃というヒート機能の融合から生まれた「高機能リップインパルス」。

専用のリップには、肌のくすみを取るのに役立つ「ビタミンC誘導体」、優れた保湿作用で乾燥によるカサつきを防ぎ、唇をなめらかに整える「ポリグルタミン酸」、そしてニュージーランドでしか採取することのできないマヌカハニーが配合されています。

これらの「リッチ成分」を美顔器のパルスによって浸透させるため、唇の奥からふっくらとした盛り上がりを実感できるハズ。理想的な唇を手に入れたい方には、ぜひおススメの最新グッズです。

MTG LIPLU(リップル)

¥ 5,980



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


唇ケア リップル

関連する投稿


整形不要♪自宅で簡単にぷっくり唇になれる素敵グッズ

整形不要♪自宅で簡単にぷっくり唇になれる素敵グッズ

唇は、女性の顔のパーツの中でも一番「セクシーさ」「かわいらしさ」をアピールできるところ。特に、年齢と共に血色やハリがなくなりがちな唇は、40代女性にとって「顔のお悩み」の中でも上位に入る部位です。そんな唇を「昔のようなぷっくりと魅力的にする」素敵なグッズをご紹介します!


塗るだけでぷるんと色っぽくちびるに♡カプサイシン入りリップグロス 4選

塗るだけでぷるんと色っぽくちびるに♡カプサイシン入りリップグロス 4選

最近、口紅をつけると輪郭がぼやけてしまったり、マットな口紅だとうまく唇に乗ってくれない・・・などのお悩みはありませんか? その原因は年齢による「唇の老化」により、唇に複数の縦ジワができてしまっていることで起きる現象です。そんな方におススメのリップグロスをご紹介しましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

マスキングテープをインテリアに!? 色々使えるアレンジ法

もともとは塗装などの際、はみ出して作業以外の場所が汚れるのを防ぐ目的で作られたマスキングテープ。最近は、かわいいデザインのものが続々登場し、インテリアやキッチン周り、雑貨のカスタマイズなど、さまざまな活用をしている女性が増えています。手軽に購入できて使い勝手のいい“マステ“で身の回りをオシャレに変身させましょう。


セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

夫からの誘いを断って1年、すっかりセックスレスに。まったく私に手を出してこない夫だけど、もしかしてほかの女性と浮気している?そんな疑いを持ったときは、無理に浮気の証拠などを探すのは止めましょう。その前に、まずはあなたへの関心を取り戻すことが先!セックスレスから浮気を疑ったときの対処法についてお話します。


ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか? その名の通り、女性の疲労による症状を緩和してくれるクリニック。つまり女性の体調不良を改善してくれる、ということなんです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビューしました。最終回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google