見た目年齢はシワで決まる?シワ予防で若返らせよう | 大人のワタシを楽しむメディア
見た目年齢はシワで決まる?シワ予防で若返らせよう

見た目年齢はシワで決まる?シワ予防で若返らせよう

シワが気になりだすと、一気に老け込んで見えてしまいます。昔から「若く見えるね」と周りから評判だったとしても、シワがあるとないでは大違い。シワがあることで、どの程度老け込んで見えるのでしょうか? 今回は、その実態について迫ってみたいと思います。


5〜10歳上に見えるほうれい線は要注意!

老化とともに増えるシワ。自然の摂理とはいえ、あまり向き合いたくない事実です…。けれども、ほおっておいたら増える一方。まずは気になる「ほうれい線」が印象付ける見た目年齢についてご紹介しましょう。

ほうれい線は、シワの中でも目立つ部分ではないでしょうか。このほうれい線を見て、人はなんとなくの年齢を判断している、という説もあります。たしかに、顔のイラストにほうれい線を描き足すだけで年齢が上がって見えますので、見た目年齢をかなり左右するシワといってもいいでしょう。このほうれい線、あるのとないのでは、なんと見た目年齢が5〜10歳も上がってしまうのだとか! ぜひ、今すぐに対策しておきたいです。

じつは意外とみんな見てる…首のシワは?

ついつい鏡でよく見る顔にばかり注目してしまいがちですが、年齢を重ねると首にも深いシワが刻まれていきます。首のシワは、20代から徐々にできてきて、40代になるとかなりくっきりしてくるのです。

この、首のシワがあるのとないのでは、10歳ほど差があるといわれています。顔でなくとも見た目年齢をこれだけ印象づけるのですから、ぜひ対策しておきたいところ。
首のシワにおすすめなのは、マッサージ。首は、皮膚がたるむことでシワができていくので、そのたるみをなくすために、手のひら全体を使ってリフトアップするようにマッサージしていきましょう。また、リンパの流れに沿って老廃物を流してあげることも大事です。

細かなシワができやすい目元はどう?

目元のシワも見た目年齢に大きく影響します。目元は、皮膚が薄く顔のほかの部分に比べて敏感。けれども瞬きをしたりピントを合わせたりと、いつも酷使している部位ですので、老化現象が現れやすいのです。また乾燥しやすく、ちりめんじわなどもできがちです。
目元にシワができると、見た目年齢はプラス5歳アップ。遠目からだとあまりわからず「若いね」と言われる人でも、じっくり見たら目尻のシワが気になって、実年齢より上に見えてしまった…なんてことも。

目元のシワを予防するには、まずはしっかりと保湿することが大事。集中ケア用のアイクリームなどを、毎日のお手入れに追加しましょう。また、アイメイクを落とすときもゴシゴシこすってはいけません。ポイントメイク用のクレンジングを使用したり、なるべく刺激の少ないものを使って、優しく落としてあげましょう。

額のシワには20代から悩む人も…

額のシワは、無表情でも深く刻みこまれていたり、目線を上にするとできる人などさまざまで、20代からお悩みのからも。この額のシワも、あるのとないのでは見た目年齢が大違い。額に横じわがあることで、プラス5歳以上には見えてしまうよう。さらに、疲れた印象も与えてしまうため、顔全体の雰囲気もどよんとしてしまいます。

額のシワにも、やっぱり保湿が大事です。額は乾燥してしまうことも多いので、洗顔後などにはしっかりと保湿ケアを行いましょう。また寝る前、シワを消したい部分に医療用のサージカルテープを貼れば、シワを撃退できるというシワ取り方法も一時話題になりました。こういった対策で、額のシワはなるべくなくしておきたいですね。

シワのあるなしでこんなに変わる!

ほうれい線、首、目元、額とご紹介してきましたが、それぞれシワがあるのとないのでは、5歳以上も上に見える可能性があります。老化によるシワは、避けては通れない道。いつまでも「若いね」と言われるように、きちんとケアをしてシワを撃退しましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


スキンケア シワ

関連する投稿


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

気づくと肌はくすみハリがなくなっていた…スキンケア頑張ってるつもりなのになんでこんなにツヤがなくなってしまったんだろう…。なんてお悩みのアラフォー女性も多いことでしょう! ツヤ肌には食事も大切、ということをご存知ですか? アラフォーから始めるツヤ肌食事法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google