月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」 | 大人のワタシを楽しむメディア
月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


生理の周期が乱れる原因

生理の周期は、「およそ28日周期」と言われることが多いですが、年齢を重ねた女性の生理の周期は多少前後してくるのが通常です。

ですから30代後半から40代女性の、「通常」と呼ばれる生理の周期は25日~38日の間が目安とされています。これは、加齢による卵巣機能の衰えによるもの。それによって、脳からは排卵を起こすよう指令が出されているのに、卵巣からはホルモンが分泌されないので、生理の周期に乱れが発生するのです。

生理、並びに女性らしい体型を作り出す「女性ホルモン」と呼ばれるものには2種類あります。
生理周期を司る女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と言うホルモンと、受精卵の着床準備を整え、子宮内の妊娠の準備を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンです。これら2つのホルモンのバランスが崩れ始めると、まず生理周期に影響が見え始めます。

更年期が近い?こんな症状が現れたら注意

この、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れ始めると、「ついこの間生理がきたばかりなのに、2週間したらまた生理が来てしまった」といった「頻発月経」と呼ばれる現象や、逆に「予定日を過ぎてもなかなか生理がこない」といった「稀発月経」という現象が起こり始めます。

こうした生理不順が暫く続くと、そろそろ身体が「更年期」を迎える準備に入っていると思ってよいでしょう。しかし、一概に生理不順だけが更年期に差し掛かったサインとはいえません。更年期は個人差はありますが、ありとあらゆる体調不良が起こります。

例えば、頭痛、イライラ、不安感が強くなる、のぼせ、ホットフラッシュ、便秘、急に太った、肩凝り、動悸が激しい、鬱々とする、なんだかいつも眠たい…、など、まだまだたくさんの症状があります。いつもと何か違う、どうもこの症状が激しくなった、などという場合にはぜひ、婦人科を受診してみてください。

また、「どうせ更年期だろう」と高をくくっていたら実は重大な婦人病だった、というケースもあります。発見が遅くなれば手遅れになってしまいます。ぜひ早めの受診を心がけてくださいね。

月経前の不調と似た症状が頻繁に現れる「更年期」

月経前症候群(通称PMS)と呼ばれる症状に悩まされる女性は、およそ60%にのぼると言われています。

症状としては、
・身体が火照る(ホットフラッシュ)
・起きていられないほどの倦怠感
・頭痛や下腹部痛
・精神不安定(イライラなど)
などが、主なものとしてあげられます。

こうした症状は、生理前になると、受精卵の着床準備を整え、子宮内の妊娠の準備を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが優位になるため、精神の安定の役割のあるエストロゲンという女性ホルモンが少なくなるために起こる現象です。

これは、ある意味「更年期」の身体の状態と同じだと言えます。
更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることによって起こるため、こうした「生理前症候群(PMS)」と同じような症状が起きるのです。

ですから、今まで生理前の不がなかったのに最近不調が出るようになった、また以前からあったけれど最近特に症状が酷くなったという自覚がある方は、更年期を疑ってみても良いかもしれません。

更年期かどうかを調べるにはどうしたらいい?

こうした症状が続き、自身が「更年期かどうか」を調べたい場合には、まず婦人科を受診してください。

検査方法は簡単で、血液検査だけで更年期かどうかを調べることができます。
血液検査では、前述した「エストロゲン」という女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかを図り、そのホルモンの減少が見られた場合には「更年期」もしくは、症状によっては「更年期障害」と判断されます。

でも安心してください。
更年期と診断されたからと言っても、治療方法は非常に簡単です。
足りなくなっている「エストロゲン」という女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法(HRT)という方法で、飲み薬や貼り薬で女性ホルモンを補充する療法が主流です。

最後に

更年期というと、何か重い症状になるのではないか、女性として終わってしまうのではないか・・・と不安に思う方も多いことでしょう。

ですが、更年期は第二の人生の「スタート地点」です。
無闇に不安に思うことなく、たまには気分をリフレッシュさせたりしながら、これからの新しい生活に向けて明るく過ごして行きましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期は怖くない 積極的に対策を取り入れて メノポーズカウンセラーセッション!<最終回>

更年期以降、約50年は続くと言われる人生100年時代。ならば、健康に豊かにイキイキと生きたいものです。そのためには更年期の過ごし方がとても大切だそう。女性の健康と更年期問題に寄り添うメノポーズカウンセラーに女性が人生100年時代を幸せに生きるためのヒントを教えてもらいました。


更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期と髪の毛の関係 メノポーズカウンセラーセッション!<第三回>【#FocusOn】

更年期は髪の毛にも大きな影響を与えます。女性ホルモンが減少することによって起こる更年期症状のひとつに薄毛などの悩みも含まれるのです。そこで、更年期による髪の毛の悩みを解消する対策法について、更年期の専門家であり毛髪診断士でもあるメノポーズカウンセラーの元井里奈さんに教えていただきました。


自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

自分と向き合う“いきがい”を見つけるススメ【更年期は人生が輝くチャンス #49】

あなたは“いきがい”をもっていますか?“いきがい”を持っている人は、更年期症状が軽く、健康寿命が長いということがわかっています。今回は、更年期に自分と向き合い“いきがい”を見つける方法について、アラフォー世代向けにオリジナル方法をご紹介します。さて、あなたの“いきがい”はなんですか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google