月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」 | 大人のワタシを楽しむメディア
月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

月経前症候群?アラフォー世代の「生理の悩み」

30代後半から40代前半にかけた、いわゆる「アラフォー」世代では、生理不順や月経前症候群(PMS)が酷くなるなどの症状が起こりがちです。「これって、もしかして更年期?」と心配になる人もいるでしょう。こうした、アラフォー世代が悩んでいる「生理」に関する不調に関してまとめてみました。


生理の周期が乱れる原因

生理の周期は、「およそ28日周期」と言われることが多いですが、年齢を重ねた女性の生理の周期は多少前後してくるのが通常です。

ですから30代後半から40代女性の、「通常」と呼ばれる生理の周期は25日~38日の間が目安とされています。これは、加齢による卵巣機能の衰えによるもの。それによって、脳からは排卵を起こすよう指令が出されているのに、卵巣からはホルモンが分泌されないので、生理の周期に乱れが発生するのです。

生理、並びに女性らしい体型を作り出す「女性ホルモン」と呼ばれるものには2種類あります。
生理周期を司る女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と言うホルモンと、受精卵の着床準備を整え、子宮内の妊娠の準備を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンです。これら2つのホルモンのバランスが崩れ始めると、まず生理周期に影響が見え始めます。

更年期が近い?こんな症状が現れたら注意

この、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れ始めると、「ついこの間生理がきたばかりなのに、2週間したらまた生理が来てしまった」といった「頻発月経」と呼ばれる現象や、逆に「予定日を過ぎてもなかなか生理がこない」といった「稀発月経」という現象が起こり始めます。

こうした生理不順が暫く続くと、そろそろ身体が「更年期」を迎える準備に入っていると思ってよいでしょう。しかし、一概に生理不順だけが更年期に差し掛かったサインとはいえません。更年期は個人差はありますが、ありとあらゆる体調不良が起こります。

例えば、頭痛、イライラ、不安感が強くなる、のぼせ、ホットフラッシュ、便秘、急に太った、肩凝り、動悸が激しい、鬱々とする、なんだかいつも眠たい…、など、まだまだたくさんの症状があります。いつもと何か違う、どうもこの症状が激しくなった、などという場合にはぜひ、婦人科を受診してみてください。

また、「どうせ更年期だろう」と高をくくっていたら実は重大な婦人病だった、というケースもあります。発見が遅くなれば手遅れになってしまいます。ぜひ早めの受診を心がけてくださいね。

月経前の不調と似た症状が頻繁に現れる「更年期」

月経前症候群(通称PMS)と呼ばれる症状に悩まされる女性は、およそ60%にのぼると言われています。

症状としては、
・身体が火照る(ホットフラッシュ)
・起きていられないほどの倦怠感
・頭痛や下腹部痛
・精神不安定(イライラなど)
などが、主なものとしてあげられます。

こうした症状は、生理前になると、受精卵の着床準備を整え、子宮内の妊娠の準備を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが優位になるため、精神の安定の役割のあるエストロゲンという女性ホルモンが少なくなるために起こる現象です。

これは、ある意味「更年期」の身体の状態と同じだと言えます。
更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることによって起こるため、こうした「生理前症候群(PMS)」と同じような症状が起きるのです。

ですから、今まで生理前の不がなかったのに最近不調が出るようになった、また以前からあったけれど最近特に症状が酷くなったという自覚がある方は、更年期を疑ってみても良いかもしれません。

更年期かどうかを調べるにはどうしたらいい?

こうした症状が続き、自身が「更年期かどうか」を調べたい場合には、まず婦人科を受診してください。

検査方法は簡単で、血液検査だけで更年期かどうかを調べることができます。
血液検査では、前述した「エストロゲン」という女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかを図り、そのホルモンの減少が見られた場合には「更年期」もしくは、症状によっては「更年期障害」と判断されます。

でも安心してください。
更年期と診断されたからと言っても、治療方法は非常に簡単です。
足りなくなっている「エストロゲン」という女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法(HRT)という方法で、飲み薬や貼り薬で女性ホルモンを補充する療法が主流です。

最後に

更年期というと、何か重い症状になるのではないか、女性として終わってしまうのではないか・・・と不安に思う方も多いことでしょう。

ですが、更年期は第二の人生の「スタート地点」です。
無闇に不安に思うことなく、たまには気分をリフレッシュさせたりしながら、これからの新しい生活に向けて明るく過ごして行きましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


【大人の薬膳レシピ】冬が旬の「牡蠣」を使った時短レシピで更年期障害を予防・改善

【大人の薬膳レシピ】冬が旬の「牡蠣」を使った時短レシピで更年期障害を予防・改善

アラフォー女子にとって気になる更年期。めまいや耳鳴り、手足の冷えや火照り、頭痛や肩こり、イライラや落ち込みなどさまざまな症状に悩まされます。中医学では、更年期障害は「肝・心・脾・肺・腎」の五臓の老化現象とされています。そこで今回は、“肝”の働きを強化する「牡蠣」を使った薬膳レシピをご紹介します。


生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

生理不順、生理痛、イライラ…更年期の症状まとめ

日本女性の平均的な閉経年齢と言われている50歳に向けて、40代半ばあたりから体調の変化を少しずつ感じ始める女性が多いようです。生理不順、イライラ、ホットフラッシュなど、更年期障害には心と身体に影響を与える様々な症状があります。いざという時にその症状に悩むことのないよう、今からしっかりと更年期の症状を知っておきましょう。


めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

めまい、イライラ…女性の更年期はゆらぎ期

40代後半くらいになると女性の多くは、今までに感じたことのないような体の不具合を感じることがあります。この症状は更年期障害と呼ばれ、人によってばらつきはあるものの、大体5年程度で落ち着く症状だと言われています。


更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期は何歳から? 年齢によって違う症状や対策方法

更年期って一体何歳から始まるの? 日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

時短料理のための下ごしらえのコツが知りたい

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な下ごしらえは変わります。今回は、とにかく時間がない!という人への下ごしらえのコツをご紹介します。


ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

ピンと来るのを待つ受け身アラフォーよ。運命の人にはもう出会っているぞ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #05】

「なんかピンと来なくて」とピンと来るのを待って気が付けばアラフォー。受け身で好きになれそうかどうかを待っていたらあっという間におばあちゃんになります。出会ってビビビと恋に落ちる方とあなたは違うの。出会う男性を彼氏になりえるかどうかで仕分け続けて男友達もいない女性にビビビは来ません。


【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

【大人の薬膳レシピ】ピリっと刺激的な山椒とニラで冷えタイプの便秘改善

便秘によい食材というと食物繊維がたっぷりの「ごぼう」や「バナナ」が思い浮かぶのでは? 薬膳では便秘を、「熱タイプ」「冷えタイプ」「貧血タイプ」「ストレスタイプ」「元気不足タイプ」の5つに分けて考えています。そこで今回は「山椒」と「ニラ」を使い、女性に多い冷えタイプの便秘におすすめの薬膳レシピをご紹介します。


「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

「セックスしよ!」昭和の名台詞が秀逸すぎる! なつかしドラマ3選【今むしょうに見たい!懐かしいドラマ編 #2】

ドラマに名台詞はつきものですよね。人気ドラマの放送日の翌日には、学校でシーンを再現して盛り上がったものです。ひょっとしたら実生活でも使ったことがあるという人もいるかもしれません。そこで今回は、「アラフォーならシチュエーションとセットで今でも完コピできる!」くらいの名台詞が登場するなつかしドラマを振り返ってみましょう。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

WOMeで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google