今更聞けない!オーガニックコスメとは?普通の化粧品となにが違うの? | 大人のワタシを楽しむメディア
今更聞けない!オーガニックコスメとは?普通の化粧品となにが違うの?

今更聞けない!オーガニックコスメとは?普通の化粧品となにが違うの?

最近注目を集めている「オーガニックコスメ」。なんとなくお肌に良さそうな感じがしませんか?でも、実際にどういったものをオーガニックコスメというのでしょうか。ここでは、オーガニックコスメが普通のコスメとどう違うのかをご紹介していきます。コスメ選びの参考にしてみてくださいね。


そもそも、オーガニックコスメってどんなもの?

なんとなく体に良さそうな印象のあるオーガニックコスメ。まず、オーガニックコスメとはどういったものなのかを知っていきましょう。

オーガニックコスメとは、科学薬品を用いずに育てられた、「有機素材で作られた化粧品」のことを意味します。有機素材のみ使用して育てられたといっても、なぜそれが人体に良いのかわからないという方もいるかもしれませんね。

化粧品の原料に”農薬や肥料といった化学合成成分”が使われていないために、オーガニックコスメは肌への刺激や負担が少ないとされているのです。化粧品を使って、ピリピリした経験はありませんか?逆に肌荒れになってしまった経験のある方もいることと思います。

そんなコスメ由来の刺激を肌に与えたくないという方にオススメなのが、このオーガニックコスメ。敏感肌をお持ちの方でも、優しく効果的な使い心地が人気の理由です。

オーガニックコスメの基準って、日本と世界は違うの?

オーガニックコスメの基準は、実は統一されていないのが現状です。海外でいくつかのオーガニックコスメ認定団体があり、それぞれに基準が異なるのです。

日本では、「日本オーガニックコスメ協会」という組織があり、化学合成成分を使用しないオーガニックコスメを広報しているのが現状です。

海外では「いかに使用する化学合成成分を抑えるか」基準でオーガニックコスメ認定をしていますが、日本では「100%安心できるオーガニック原料を使っていくべき」という理念を掲げています。

海外よりも、日本のほうがよりオーガニックコスメとしての基準が厳しいということがわかります。

普通のコスメとオーガニックコスメの違いはどんなところ?

普通のコスメには、たくさんの化学合成成分が入っています。それによって、使用感が良くなることがあります。

シャンプーでも、石油由来の界面活性剤入りの商品が多く販売されています。使用感が良く、髪が扱いやすくなるという声もありますが、実際は化学合成成分によってコーティングをしている状態。コスメも同じで、肌が健やかな状態になるというよりも、化学合成成分で扱いやすい状態になれるのが普通のコスメです。

それに対し、オーガニックコスメは化学合成成分を使用していないため、人によって使用感に差が出ます。良い効果を得るには、中長期的に使用を継続しなければならないという人もいます。

しかし、古来より使用されてきている安心の成分のみを肌に触れさせることによって、肌そのものを健康な状態に導いていけるのがオーガニックコスメなのです。

無添加、天然由来成分配合…はオーガニックコスメではありません!

無添加素材のみ使用、天然由来成分配合…と商品に記載があった場合、「これはオーガニックコスメだ!」と判断してしまうかもしれません。しかし、これらはオーガニックコスメではありません。

無添加化粧品とは、添加物が含まれていないコスメのことを意味します。ですので、界面活性剤や色素といった人工の添加物は含まれていなくても、それ以外の化学合成成分は使用されている可能性があります。

また、天然由来とは天然の材料を使用して作られているという大枠の意味しかありません。天然の素材を使用して作られているものの、それはほんの一部であり、実は化学合成成分が大多数の成分を占めている可能性もあるので注意してみてくださいね。

肌への負担を減らし本来の肌力を引き出す

オーガニックコスメは、肌への影響を考えて最高の成分で作られているコスメだということがわかっていただけたかと思います。より低刺激で、肌への負担を軽減しながら、肌本来の「肌力」を引き出してくれるオーガニックコスメ。より肌にいい成分で美肌を目指したい方は、オーガニックコスメを使ってみてはいかがでしょうか。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美容が大好き。体の中からキレイになるために腸内美活推進中!

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google