40代から気になる更年期 若年性更年期とは? | 大人のワタシを楽しむメディア
40代から気になる更年期 若年性更年期とは?

40代から気になる更年期 若年性更年期とは?

通常、更年期とは閉経をはさんだ45歳から55歳までの約10年間のことを指します。ですが、近年では「若年性更年期」と言って、まだこの年代に達していないにも関わらず、更年期障害が起こってしまう人が増えています。 このような「年齢による更年期の違い」には、どのような要因が関係してくるのでしょうか?


更年期とは?

「更年期」とは、前述の通り45歳から55歳の閉経をはさんだ10年間のことを指します。

この間には、女性の身体にはさまざまな変化が現れやすい期間でもあります。
一番メジャーな症状としては、女性ホルモンである「エストロゲン」というホルモンの分泌が低下することによって起こる「更年期障害」がありますが、その他にもエストロゲンの低下が見られなくても「毎日身体がだるい」「やる気が起きない」、また「気分がふさぎこむことが多くなる」などの「不定愁訴」と呼ばれる症状が現れる女性が多いようです。

不定愁訴の主な症状

「不定愁訴」とは、病気とはっきり診断できないような原因の特定できない数々の訴えをもつ状態のことで、主に以下のような症状が現れます。

■原因不明のめまいや、頭痛、耳鳴り

更年期の時期に現れやすい症状として、こうした「三半規管」に関わる不調があります。
耳鳴りは投薬によって改善する場合もあるようですが、完治しないケースも多いといいます。

また、めまいにはいくつか種類があり、「回転性のめまい」と「浮動性または動揺性のめまい」「立ちくらみなどを伴うめまい」などがあります。
そのうち、「回転性のめまい」は文字通り目の前に見えるものが回転しているように感じるめまいで、時には吐き気を伴う場合もあります。
ただ、他のめまいと比べて比較的めまいが治まるまでの時間が短いということなので、このようなめまいが現れた場合にはしばらく安静にし、様子を見るようにしましょう。

「浮動性または動揺性のめまい」については、身体がふわふわと宙に浮いているような感覚を覚えるめまいです。
このタイプのめまいの場合、主に高血圧やうつ病が原因であったりしますが、更年期の時期におきる場合にはストレス性によることも多いと言われています。
心機能の何かしらの異常によって起こる場合もありますので、このようなめまいが続くようであれば耳鼻科もしくは内科を受診すると安心でしょう。

「立ちくらみなどを伴うめまい」は、急に立ち上がったりした際に起こることが多く、原因としては血圧の急激な変化に身体がついていくことができず、脳が一一時的に貧血状態になることで起こります。
このめまいの場合には、目の前が真っ暗になるなどの症状が併発することが多いので、症状が安定するまでは暫く横になるなどすると良いでしょう。
特に、外でこのようなめまいが起こった場合には、とにかく動きを静止して二次災害が起きないように注意することも大切です。


しかし、このような症状を「更年期による不定愁」と決めつけてしまい、大きな病気を見落としてしまう可能性もありますので、注意が必要です。
現に、不定愁訴患者の約3分の2に高血圧、胃十二指腸潰瘍、糖尿病、気管支喘息などの病気が認められたという報告もされていますので、
・症状が続く
・絶えられない痛みや不快感
などがあった場合には、まずは病院で検査をしてもらうことをお勧めします。

若年性更年期障害はいつから起こる?

「若年性更年期障害」とは、その名前の通り通常45歳から55歳前後に現れるといわれる「更年期障害」の症状が、若いうちに発症してしまうことを指します。
まだまだ女性ホルモンが活発に分泌されている年齢にも関わらず、閉経を迎えてしまい、いわゆる「更年期障害」のもろもろの症状が発症してしまうのです。

近年では、こうした「若年性更年期障害」が増えていると言われており、初潮を迎えた女性の約1~5%が若年性更年期障害になると報告されています。

年齢は一番最年少で13歳の少女が「若年性更年期障害」になった事例もあり、年齢に関係なく起こりうる症状です。

若年性更年期障害の原因

要因としては、ストレスや何かしらの病気に起因するもの、また過度のダイエットなどによるホルモンバランスの乱れも指摘されています。

また、インペリアル大学の研究によると、 こうした若いうちに閉経した女性は、その後10年のうちに身体機能や精神的健康、また「さまざまなことにおいての気力(やる気)」などにおいて、 2倍以上悪い結果が出たと発表しており、通常の生活にも大きな影響を及ぼすと言われています。

こうしたことも含めて、年齢が若いうちに閉経し、更年期障害を引き起こしてしまうことは、長い期間、更年期障害のさまざまな症状に苦しむとともに、生活環境にも多大な影響を及ぼします。

最後に

前述でも触れましたが、「若年性更年期」の要因として、若い頃の過度のダイエットやストレスなどによる女性ホルモンのバランスの乱れが上げられます。

若いうちは、ともかく「今がよければそれでいい」という考えに陥りがちですが、
身体に無謀な負担をかけるということは、どこかでその「ツケ」が回ってきます。

自分の身体を大切に、そして若いうちからストレスのない、整った生活を送るようにこころがけたいものですね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


若年性更年期

関連する投稿


30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

30代になったら気にしておきたい「若年性更年期」

通常、更年期とは45歳から55歳の閉経を挟んだ10年間のことを指し、この時期には、いわゆる「更年期障害」が起こりやすい時期とされています。しかし、最近ではこの年代よりも若い世代、特に30代に「若年性更年期」が増えていると言われています。この「若年性更年期」が起こる原因、注意点、症状などをご紹介しましょう。


30代に増えている若年性更年期とは?

30代に増えている若年性更年期とは?

「若年性更年期」という言葉、雑誌やネット記事で目にする機会がありますよね。標題を見ただけで「私にはまだ関係のないこと」と内容を読まない人もいるでしょう。しかし、実は大いに関係しているのです。アラフォー世代が抱える数々の不調の元凶はも「若年性更年期」なのかもしれません。気になる不調がある人はセルフチェックをお勧めします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google