冬太りの季節・・・何とか食い止める方法が知りた~い! | 大人のワタシを楽しむメディア
冬太りの季節・・・何とか食い止める方法が知りた~い!

冬太りの季節・・・何とか食い止める方法が知りた~い!

冬になると、年末年始の忘年会やイベントごとも多く、体重が増えてしまいがち。また寒くてあまり体を動かしたくなくなり、ついつい家の中に引きこもってしまうことで、体重増加の原因になってしまいます。こんな冬太りをなんとかしたい! 冬に太ってしまうメカニズムと予防法をご紹介します。


冬太りの原因って?

冬って、なんだか体重が増えてしまうイメージありませんか?

寒いから体が脂肪を蓄えようとするから? それとも、ご飯が美味しくて食べ過ぎてしまうから?

まずは、冬太りのメカニズムからご紹介しましょう。

体を動かす機会が少なくなる

寒いと外に出ていきたくないのが正直なところ。縮こまって家でじっとしていたいところですよね。おのずと運動量が減ってしまうため、カロリーを消費できずに脂肪として蓄積されてしまうのです。

体の冷えからくる血行不良

冷えは万病の元といわれますが、肥満にも影響を及ぼします。冬になると夏よりも体が冷えることで血行不良になり、老廃物が排出されずに滞ってしまいます。それがむくみの原因になったり、脂肪の蓄積へと繋がります。

まだまだある! 冬太りの原因

ほかにも冬に太ってしまう原因はあります。ご紹介していきましょう。

そもそも食料を溜め込もうとする

動物の中には厳しい冬を乗り切るために、寒くなる前に食べ物をしっかり食べて脂肪たっぷりつけ、冬は冬眠しているという種もあります。本能に刻み込まれた「冬になると食べ物が減る」との危機感が呼び覚まされ、溜められるうちに脂肪を溜めておこうとするようです。

イベントが多い

クリスマスのケーキや、年末年始の暴飲暴食など、ついつい食べ過ぎてしまうイベントが多いのも冬の特徴。また食べ物も、こっくりとしたカロリーの高い食事がより一層美味しく思える季節ですので、脂肪過多の状態になってしまいます。

厚着することでごまかされる

夏だとTシャツ1枚で過ごすことも多く、ふと自分の腕を見て「太ってる…!」とハッとする機会も多いですが、冬はニットにコートにマフラーにとたくさん重ね着するので、その分日常的にハッとする機会が少なくなります。危機感が薄れ、油断してしまうことも冬太りの原因です。

でも、冬って実は痩せやすい?

これまでご紹介してきたように、太る要素はたくさんある冬ですが、決して「太りやすい」というわけではないのをご存知でしょうか? むしろ、夏に比べれば痩せやすい季節だったりするのです。

なぜかというと、気温が低いからです。

気温が低いと、おのずと肌表面の温度も下がります。外にずっといれば、冷え冷えとしてくるでしょう。この時体は、体温を下げないために体の中から熱を作り出そうとします。熱を作るためにはたくさんのエネルギーが必要です。

つまり、代謝がアップするということ。気温が低いだけですが、その分夏よりも基礎代謝が上がり、痩せやすい状態へと自然に誘ってくれているのです。

冬の誘惑をはねのけ、冬太りを予防しよう

冬というのは基本的には痩せやすい季節ですから、さまざまな誘惑から逃れることでスラリ美人を目指せます。冬太りを避けるためのポイントをご紹介しましょう。

イベントには節度を持って参加

忘年会や新年会など、行く先々で飲み食いしていたら、いくら基礎代謝が上がっていたとしても太ってしまいます。そういった場にいっても、暴飲暴食は控えて節度ある楽しみ方をしましょう。ちなみにアルコールでは、ストレートの焼酎やウィスキー、ブランデー、ジンなど蒸留酒が太りにくいとされています。お酒を飲まれる方は、蒸留酒をチョイスしてみても良いかもしれません。

デトックスする

冷えによる血行不良はむくみは肥満の原因ですので、老廃物は適度に排出してあげたいところ。そこでおすすめなのが、岩盤浴などで体をゆっくりじっくり温めること。体を温めて老廃物を流し、むくみの原因とおさらばしましょう!

冬は痩せるチャンス! しっかり管理して冬太りを撃退

冬に太ってしまう原因は、生活習慣が主かもしれません。

そう考えた場合、夏よりや痩せやすい体質にはなっているので、暴飲暴食をやめてきちんと運動するようにすれば、冬こそぐっと痩せるチャンスです。

冬太りするからもう諦めようなんて思わず、生活習慣を見直してすらりとしたボディを目指しましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

「つまんでもゆすっても、どうにもならないポッコリ下腹部!中年太りかしら…」今回は40代の女性にオススメしたい、筋肉と重力を使ってポッコリ下腹部をスッキリさせるエクササイズをお伝えします。


食事が基本! 美肌キープとダイエットは、食べることからはじめよう【10年後のために今何を食べるべき?#4】

食事が基本! 美肌キープとダイエットは、食べることからはじめよう【10年後のために今何を食べるべき?#4】

美肌をキープしたい、ダイエットしてスリムになりたいと願う女性は多いですよね。そこで今回は、エイジングケアや美肌、ダイエットには食事が基本であるということ。そこにスーパーフードやサプリメントを上手に取り入れることが大切、ということについてお話します。


モリモリ食べても太らない!かしこい食事法【10年後のために今何を食べるべき?#1】

モリモリ食べても太らない!かしこい食事法【10年後のために今何を食べるべき?#1】

正月太りが気になる1月。ダイエットしたいと思う方も多いはず。そんな方は、同じ食事内容でも、食べる順番を工夫するだけで、太りにくいカラダを作れます。今日から、ぜひ試してみましょう。食べる量を減らすことは、栄養が偏って脂肪が燃えにくい体になることも。それよりも、しっかり食べて太りにくい体づくりを心がけましょう。


酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

数年前にブームとなった酸素カプセル。アスリートなどが疲労回復のために利用するイメージがありますが、実は今、美にこだわる女性たちの間で人気再燃中なのだそう。しかも、酸素カプセルの進化形といわれる酸素ルームも登場。セルフメンテに加えたくなるイマドキ酸素カプセル事情を紹介します。※記載された効果効能には個人差があります


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google