今更だけど「アサイー」って何?美容にどういいの? | 大人のワタシを楽しむメディア
今更だけど「アサイー」って何?美容にどういいの?

今更だけど「アサイー」って何?美容にどういいの?

「アサイー」という名前のスーパーフードは、多くの人にとって聞きなじみのあるものなのではないでしょうか。しかし「名前は聞いたことがあるけれど、どんなものかよくわかっていない」という人も多いのでは?ここでは、「そもそもアサイーとはどんなものなのか」「アサイーの種類って?」「どんな風に調理すればいいの?」を見ていきましょう。


アサイーとはアマゾンに生育するもの

ブルーベリーによく似た形の実をつけることから、「アサイーはブルーベリーの仲間だ」と思っている人もいるかもしれません。

しかし実は、ブルーベリーとアサイーはまったく別物です。ブルーベリーはツツジ科に、アサイーは「ヤシ科」に分類されており、まったく違うものなのです。ちなみに、和名は「ワカバキャベツヤシ」だそう。

アサイーは、アマゾンに多く自生しています。食べられる部分は、実全体のわずか5パーセント程度だということですから、日本に入ってくるアサイーがちょっとお高めの値段をつけられているのも納得ですね。

アサイーに含まれている栄養分について

アサイーを語るうえで欠かせないキーワードは、「ポリフェノール」でしょう。ワインやチョコレートに含まれ、抗酸化物質としてよく知られていますが、アサイーにもしっかりと含まれています。その含有量は、なんとワインの30倍ほど!

ポリフェノールは、紫外線のダメージから肌を守り、シミ、しわ、たるみなどの老化を防ぐ抗酸化作用が高いと言われていて、エイジングケアをしたい女性は積極的に摂取したい栄養素。ポリフェノールの一種のアントシアニンは、目の疲れを癒すサポートも。

その他、腸内環境を整えてくれる食物繊維、美肌をサポートするビタミンC、お肌の健康を保つビタミンB群、さらには貧血が気になる方におすすめの鉄分まで含まれています。

さすが、「ブラジルの奇跡」と呼ばれるアサイー。非常に栄養価が高いんですね!

アサイーの種類について~どんなかたちで売られているの?

さて、このように健康や美容に効果的なアサイーですが、どのようにして取り入れることができるのでしょうか。

現在日本でアサイーを取り入れようとすると、サプリメントやジュース(スムージー)といったかたちの商品に頼るのが一般的でしょう。アサイーを使ったジュースやサプリメントは数多く出ており、選ぶのに迷うほどです。

その他には、パウダー状になったもの、冷凍された状態のものが見られます。「生のアサイーそのもの」を買うことはかなり難しく、エキスを集めたかたちのものが多く販売されています。

料理に使うときは、冷凍やピューレになったものを、栄養素を取りたい場合は簡単に摂取できるサプリメントを選ぶと、とりいれやすいでしょう。

アサイーの食べ方

では、このようにして手に入れたアサイーは、どのように調理すればよいのでしょうか。

アサイーはそれほど強い味を持っておらず、淡泊な味わいがします。そのため、ほかの食べ物や調味料とあわせて食べるのが一般的です。もっとも有名なのは「ジュースやスムージー」でしょう。牛乳やほかの野菜、あるいは果物などとあわせてジューサーにかけてよく混ぜて飲みます。手軽なので時間もかかりません。

マフィンに使ったり、アイスにしたり、ヨーグルトに入れたて食べる、という声もあります。バナナと特に相性がよいので、初めての人はまずはこの組み合わせを試すとよいでしょう。

少し変わり種では、「お肉のソースにする」という調理方法もあります。少しびっくりする人もいるかもしれませんが、肉料理と果物は意外と相性のよい組み合わせ。果物の持つさわやかさと甘みが、お肉の味を引き立たせてくれるでしょう。

スーパーフードのパワーを上手に取り入れて行きたいですね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#6】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google