意外と知らない 大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方

意外と知らない 大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方

みなさん、ちゃんと湯船に浸かっていますか? 面倒だからとシャワーですませてしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、湯船に浸かることで体を温めたり、うるおいのある美肌に導いたりと嬉しい効果があります。そこで今一度、お風呂の入り方についてピックアップしてみました!


正しいお風呂の入り方、知ってる?

これからますます寒くなってくるとともに、あったかい湯船に浸かることが楽しみになってきますよね。湯船に浸かるとリラックスできる上、コリをほぐしたりと、とってもおすすめです。

特に、この時期冷えやすい体を、芯からじんわりと温めるなど、ありがたい効果も♪

正しいお風呂の入り方を知らずに、なんとなく「温まればいいかな〜」ぐらいの感覚で入っていたのでは、もったいないですね!

例えば、熱いお湯に入るより、ぬるま湯に長く入る方が温め効果があったり、 また、入浴前にコップ一杯のお水を飲んだ方がよかったり。たかがお風呂、されどお風呂!

体を温め、大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方を、チェックしてみましょう。

お風呂に入るときにやってはいけないこと

まずはお風呂に入るときに“これはやってはいけない”というポイントをご紹介しましょう。

食後すぐや、飲酒後はNG

お風呂に入ると、血行がよくなり、血液は体の表面に集まっていきます。すると、消化を行うために胃で必要な血液が送られなくなるため、胃腸の働きが悪くなり消化吸収が滞ってしまいます。胃もたれなどを起こしてしまう可能性がありますので、食後30分〜1時間は控えましょう。

また、飲酒後も同じ。血液循環が乱れて血圧の低下や不整脈を起こす可能性があります。身体への負担が高いため、飲酒後すぐにお風呂に入るのは絶対にやめましょう。1〜2時間はあけるのがベター。

湯温と気温に差がありすぎるのもNG

冬には特に注意が必要な状況です。浴室がとても寒い状態でお湯の温度は高温だった場合、急激な温度変化に体が対応できない場合があります。心臓に負担がかかり、血圧が上がってしまう可能性もあるので、脱衣所や浴室はお風呂に入る前に暖房器具を使うなどして温めておくのがよいでしょう。

このほか、運動後すぐも入浴を控えた方が良いとされています。

大人の艶ボディに導く入浴方法

正しいお風呂の入り方を実践することで、うるおいたっぷりの美肌へ!

まず、湯船の温度は38〜40度ぐらいのぬるま湯がベスト。あまり熱いお湯だと、肌表面を保護している皮脂を必要以上に落としてしまい、肌の感想の原因にも。艶ボディのためには、ぬるま湯でゆっくりと温まることが大事。

次に、体を洗うときもご注意を。
汚れが気になるからといってゴシゴシこすってしまうと、保湿成分が剥がれて乾燥肌になってしまうほか、摩擦によって肌が傷つけられ黒ずみになってしまうことも。

洗うときはなるべく泡をたっぷりにして、泡で体を撫でるように優しく洗いましょう。かかとやひじなど角質の気になる箇所は軽石などでこすってもOKですが、こちらもあまりこすり過ぎないように注意して。

冷えた体を温める入浴方法

冷えた体を温めると聞くと、熱いお湯につかる方が良い感じがしますが、やはりこちらも、38~40度くらいのぬるま湯の方が温まります。

熱いお湯では体表面だけが早く温まってしまい、熱くて長く入っていることが難しいですね。

その点ぬるま湯だとゆっくり長く入っていられるため、体の芯まで温まることができます。入浴後いつまでも温かいと感じられるのは、芯から温まるためなんですね。

コップ一杯の水で体の中からキレイに

また入浴前にはコップ一杯のお水を飲んでおきましょう。たとえぬるま湯でも20分以上長く入浴していると、気づかないうちに大量に汗が出ています。

水分をとっていないと脱水症状になる恐れもありますので、そうならないために水分補給が大切です。

冬は汗をかく機会も減ってしまう、という方も多いと思いますが、汗をかくことで体内の不要な老廃物が排出される大切な機能があります。汗がじわじわ出てきたら、体の中もキレイになっているサインです。

正しい入浴でキレイ&ぽかぽかを♪

毎日入浴するのが体力的につらく、シャワーで済ませてしまう日もある、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときには、「足湯」だけでも効果あり。洗面器にくるぶしよりも少し上までつかる程度にいつもより少し高めの温度のお湯を張り、10〜15分足を浸けて温めましょう。全身の血行が良くなり、ぽかぽかと心もリラックスできます。上半身は温かい格好をしていてくださいね。

入浴は心からリラックスでき、また美肌ケアもできる重要な時間。正しいお風呂の入り方で、体を温め、みずみずしい美肌&大人の艶ボディ♡を手に入れてみませんか?



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

冷え&むくみ対策! ふくらはぎクルクルマッサージ【更年期は人生が輝くチャンス #28】

足先が冷えて眠れない。いつも履いている靴がパンパンになってきつい。足の冷えやむくみに悩む女性はとても多いです。今回は、自分でできるふくらはぎマッサージで、女性の悩みに多い冷えとむくみを予防し、むくんでしまった状態を改善する方法をお伝えします。ぜひ試してみてください。


美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

気づくと肌はくすみハリがなくなっていた…スキンケア頑張ってるつもりなのになんでこんなにツヤがなくなってしまったんだろう…。なんてお悩みのアラフォー女性も多いことでしょう! ツヤ肌には食事も大切、ということをご存知ですか? アラフォーから始めるツヤ肌食事法をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google