意外と知らない 大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方 | 大人のワタシを楽しむメディア
意外と知らない 大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方

意外と知らない 大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方

みなさん、ちゃんと湯船に浸かっていますか? 面倒だからとシャワーですませてしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、湯船に浸かることで体を温めたり、うるおいのある美肌に導いたりと嬉しい効果があります。そこで今一度、お風呂の入り方についてピックアップしてみました!


正しいお風呂の入り方、知ってる?

これからますます寒くなってくるとともに、あったかい湯船に浸かることが楽しみになってきますよね。湯船に浸かるとリラックスできる上、コリをほぐしたりと、とってもおすすめです。

特に、この時期冷えやすい体を、芯からじんわりと温めるなど、ありがたい効果も♪

正しいお風呂の入り方を知らずに、なんとなく「温まればいいかな〜」ぐらいの感覚で入っていたのでは、もったいないですね!

例えば、熱いお湯に入るより、ぬるま湯に長く入る方が温め効果があったり、 また、入浴前にコップ一杯のお水を飲んだ方がよかったり。たかがお風呂、されどお風呂!

体を温め、大人の艶ボディ♡をつくるお風呂の入り方を、チェックしてみましょう。

お風呂に入るときにやってはいけないこと

まずはお風呂に入るときに“これはやってはいけない”というポイントをご紹介しましょう。

食後すぐや、飲酒後はNG

お風呂に入ると、血行がよくなり、血液は体の表面に集まっていきます。すると、消化を行うために胃で必要な血液が送られなくなるため、胃腸の働きが悪くなり消化吸収が滞ってしまいます。胃もたれなどを起こしてしまう可能性がありますので、食後30分〜1時間は控えましょう。

また、飲酒後も同じ。血液循環が乱れて血圧の低下や不整脈を起こす可能性があります。身体への負担が高いため、飲酒後すぐにお風呂に入るのは絶対にやめましょう。1〜2時間はあけるのがベター。

湯温と気温に差がありすぎるのもNG

冬には特に注意が必要な状況です。浴室がとても寒い状態でお湯の温度は高温だった場合、急激な温度変化に体が対応できない場合があります。心臓に負担がかかり、血圧が上がってしまう可能性もあるので、脱衣所や浴室はお風呂に入る前に暖房器具を使うなどして温めておくのがよいでしょう。

このほか、運動後すぐも入浴を控えた方が良いとされています。

大人の艶ボディに導く入浴方法

正しいお風呂の入り方を実践することで、うるおいたっぷりの美肌へ!

まず、湯船の温度は38〜40度ぐらいのぬるま湯がベスト。あまり熱いお湯だと、肌表面を保護している皮脂を必要以上に落としてしまい、肌の感想の原因にも。艶ボディのためには、ぬるま湯でゆっくりと温まることが大事。

次に、体を洗うときもご注意を。
汚れが気になるからといってゴシゴシこすってしまうと、保湿成分が剥がれて乾燥肌になってしまうほか、摩擦によって肌が傷つけられ黒ずみになってしまうことも。

洗うときはなるべく泡をたっぷりにして、泡で体を撫でるように優しく洗いましょう。かかとやひじなど角質の気になる箇所は軽石などでこすってもOKですが、こちらもあまりこすり過ぎないように注意して。

冷えた体を温める入浴方法

冷えた体を温めると聞くと、熱いお湯につかる方が良い感じがしますが、やはりこちらも、38~40度くらいのぬるま湯の方が温まります。

熱いお湯では体表面だけが早く温まってしまい、熱くて長く入っていることが難しいですね。

その点ぬるま湯だとゆっくり長く入っていられるため、体の芯まで温まることができます。入浴後いつまでも温かいと感じられるのは、芯から温まるためなんですね。

コップ一杯の水で体の中からキレイに

また入浴前にはコップ一杯のお水を飲んでおきましょう。たとえぬるま湯でも20分以上長く入浴していると、気づかないうちに大量に汗が出ています。

水分をとっていないと脱水症状になる恐れもありますので、そうならないために水分補給が大切です。

冬は汗をかく機会も減ってしまう、という方も多いと思いますが、汗をかくことで体内の不要な老廃物が排出される大切な機能があります。汗がじわじわ出てきたら、体の中もキレイになっているサインです。

正しい入浴でキレイ&ぽかぽかを♪

毎日入浴するのが体力的につらく、シャワーで済ませてしまう日もある、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときには、「足湯」だけでも効果あり。洗面器にくるぶしよりも少し上までつかる程度にいつもより少し高めの温度のお湯を張り、10〜15分足を浸けて温めましょう。全身の血行が良くなり、ぽかぽかと心もリラックスできます。上半身は温かい格好をしていてくださいね。

入浴は心からリラックスでき、また美肌ケアもできる重要な時間。正しいお風呂の入り方で、体を温め、みずみずしい美肌&大人の艶ボディ♡を手に入れてみませんか?



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデでも美肌に見える 下地やパウダーの上手な使い方

ノーファンデ?と思わせるような素肌っぽい美肌をキープできている女性っていますよね。ファンデーションを使わないって実際どうなんでしょう。シミやくすみは大丈夫か気になりますよね。でもノーファンデは肌への負担も少なく、化粧直しも簡単というメリットも。“ノーファンデライフ”をあなたも始めてみませんか?


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

全国で続々と醸造所がオープンし、空前のブームになっている「クラフトビール」。しかし実際には、通常のビールとなにがどう違うのか、よく分からない人が多いはず。そこでクラフトビールの基本を学び、その世界を思いっきり楽しみましょう!


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

年齢を重ねるのは抗えずとも、見た目年齢は少しでも若く見せたい! 「マイナス〇歳」「アラフォーに見えない」など、巷にあふれるキャッチコピーにもついつい目が行きますよね。見た目年齢マイナス10歳ではハードルが高いけれど、マイナス3歳ならチャレンジできる!4つのポイントを押さえるだけで「ちょっと若返った?」がかなうんです!


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google