お正月の縁起物「初夢」の由来・意味とは? | 大人のワタシを楽しむメディア
お正月の縁起物「初夢」の由来・意味とは?

お正月の縁起物「初夢」の由来・意味とは?

お正月の縁起物として良い初夢が見られたら、その1年いい運勢に恵まれるというものがあります。この初夢とはいったいどのような意味があるのでしょうか? 初夢の由来や種類についてなど、改めて迫ってみたいと思います。


初夢で占い! 古来は新春に見る夢のことではなかった!?

Getty logo

みなさん初夢については気にしていますか?

なんとなく縁起物で、「新年の始まりだから、いい夢を見られたらいいな」というざっくりとした気持ちの方も多いかもしれません。

初夢とは、そもそも占いの一種でした。

初夢によってその1年自分がどんな運勢をたどるのか、古来から占っていたそうです。
たしかに1年の始まりに見る夢には何か意味があるように思えますし、一般的に縁起の良いとされる「一富士二鷹三茄子」の夢を見られたら、なんともありがたい気持ちになりますよね。

歴史的には、平安時代末期の歌集「山家集」に初夢が初出。
この時代、節分の翌日である「立春」が新年のスタートとして捉えられていたことで、「山家集」にある初夢も、節分から立春に見る夢として登場しているようです。

初夢がいつ見る夢なのかは3つの諸説あり!

Getty logo

昔は立春が新年の始まりでしたが、その後、元日が新年のスタートとする現在と同じ認識に変化。それに伴い、初夢も新春に見る夢として捉えられるようになりました。

ではそのまま、大晦日の夜から元日にかけて見る夢のことを「初夢」というのかというと、じつはそうとも限らないよう。いつ見る夢が「初夢」なのか? 諸説あるのでご紹介しましょう。

■大晦日から元日にかけて
1年の始まりに見る夢として、文字通りの初夢です。

■元日から1月2日にかけて
古来は、大晦日から元日は寝ないで過ごすことが多かったよう。ですので、元日から1月2日にかけてを初夢とする、という説があります。

■1月2日から1月3日にかけて
仕事始めは1月2日のことが多いため、1月2日から1月3日の説もあるよう。

これら3つの説のうち、現在では元日から1月2日にかけて見る夢が初夢、と認識する人が多いようです。

「一富士二鷹三茄子」を初夢で見たい!

初夢に見ると縁起が良いとされるものに、「一富士二鷹三茄子」があります。これは江戸時代からのことわざで、由来は諸説あります。

徳川家康が「富士山」「鷹狩り」「初ものの茄子」が好きだったから、という説。

また徳川家縁の地、駿河国で高くて価値があるものの順に「富士山」「愛鷹山」「初物の茄子の値段」と並べた説。

ほか、「富士山=無事」「鷹=高い」「茄子=事を成す」という語呂合わせの説など、さまざま。「一富士二鷹三茄子」は川柳にも詠まれ、大変愛された言葉のようです。

そんな縁起の良い夢を見るために、昔は七福神の乗った宝船の絵に「長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな」という歌を書いて、枕の下に入れておくといいとされていました。

「長き夜の〜」をひらがなで書くと「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」となり、上から読んでも下から読んでも同じ回文になっています。

一富士二鷹三茄子のあとに続く縁起の良い夢

「一富士二鷹三茄子」のほかにも、初夢で見ると縁起が良いとされるものがあります。四以降には諸説はありますが、「四扇(しおうぎ)五煙草(ごたばこ)六座頭(ろくざとう)」が有名。

これは「一富士二鷹三茄子」に対応しているといわれる言葉で、「扇」は「富士山」のように末広がりであること、「煙草」のけむりは「鷹」のように上っていくこと、さらに「座頭」も「茄子」も毛がないから”怪我ない”としたこと、という説なのだそう。

ほかにも四は「葬式」とする説があり、これは一見縁起が悪いように思えますが、悪い内容の夢がじつはいい意味がある、という俗信からきているのでは、と考えられています。

1年を占う縁起物、ぜひいい夢を見たい!

Getty logo

初夢の意味や由来は諸説があり、これだという確信的なものはありません。

けれども縁起物ということで、「一富士二鷹三茄子」が見られれば1年の幸運を予感させますよね。

今回ご紹介したように、宝船の絵が描かれた紙に回文を書いて、ぜひ枕元に忍ばせてみてはいかがでしょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


初夢 意味 お正月

関連する投稿


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


飲み過ぎた~!!二日酔いをできるだけ早くスッキリ解消させるには?

飲み過ぎた~!!二日酔いをできるだけ早くスッキリ解消させるには?

お正月シーズン、ついつい飲みすぎてしまうこと、ありますよね。せっかくのお休みが二日酔いでつぶれるなんてもったいない!できるだけ早く、二日酔いから回復したい時おすすめの方法をご紹介します!


今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

年が明けると初詣に行く方は大勢いらっしゃいます。年またぎで神社にお参りをされている方、元日や三が日にお参りされる方など、そのやり方はさまざまですが、そもそもなぜ初詣が今日のように習慣化されたのでしょうか。今回は、初詣についての由来などについてご紹介したいと思います。


今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

お正月といえば「おせち」。とくに正月三が日は、おせちをおかずにご飯を食べ、ゆっくりのんびり過ごすのが一般的です。このおせちには、どのような意味があるかご存知ですか? 今回は、おせちの由来や料理の内容などについてご紹介します。


最高の初夢を見るために!寝る前にすべき事とは?【睡眠できれいになるコツ #1】

最高の初夢を見るために!寝る前にすべき事とは?【睡眠できれいになるコツ #1】

日本には元日の夜に見る「初夢」で一年の運勢を占う風習がありますね。鎌倉時代から続く風習ですが、縁起の良いものを表すことわざに「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」があります。夢を思い通りにコントロールする事は出来ませんが、行動次第で近づける事は出来ます。一年の運気を良くするために、ぜひ実践してみてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google