スマホ時代だからこそ!あえて送りたい「年賀状」意味と由来 | 大人のワタシを楽しむメディア
スマホ時代だからこそ!あえて送りたい「年賀状」意味と由来

スマホ時代だからこそ!あえて送りたい「年賀状」意味と由来

年末が近づくと、年賀状の準備をし始めますよね。新年の挨拶として、知人やお世話になっている方々へ送る年賀状は日本に長く根付いている文化ですが、そもそもどのような意味があるのでしょうか。年賀状の意味について、またいつまでに送るべきなのかなどに迫ってみたいと思います。


年賀状文化をたどると平安時代まで遡る!

現存する日本最古の年賀状は、なんと平安時代のもの。

藤原明衡という当時の学者が制作した手紙の文例集の中で正月の挨拶についての記載があり、これが最古のものだといわれています。

またこの時期、お正月には知人や親戚の家を訪れて挨拶をしていたようで、この文化と相まって新年に年賀状を送り合うようになったようです。

その後、今のように一般家庭に年賀状の風習が広がったのが明治時代。明治6年に郵便はがきが発行されて、その10数年後に年賀状が一般家庭にも普及。

もちろん、当時は今のような自動的システムはなく、住所の振り分けなどはすべて手作業。郵便局員さんたちはこの時期大忙しだったそうです。

ちなみに、お年玉付き年賀はがきは昭和24年に発行。現在も多くの人々が年賀状のお年玉当選を楽しみにしています。この年賀状についているお年玉って、年賀はがきならではの楽しみのひとつですよね。

年賀状ってどんな人に送るもの?

年賀状を出す相手は、日頃お世話になっている方々です。

会社勤めの方なら同僚や上司など仕事関係の相手に送ったり、友人や知人などに送るのが一般的。また、日頃頻繁に連絡をとっていなくても、1年に1度近況を知らせるために年賀状を送り合う方々もいらっしゃいます。

いずれにせよ、年賀状をもらうのはうれしいものですので、そこまで気負わずに送るのが良いのではないでしょうか。

また、普段は積極的に出していないという方でも、結婚したタイミングでお知らせと挨拶を兼ねて年賀状を出される方も多いようです。

最近ではメールで年賀状を出される方も多いようですが、目上の方などにメールで送るのは失礼とする風潮もありますので、メールは友人や気軽な相手だけにしておいた方がベターです。

元旦に届くようにするには12月25日までに出すべし!

年賀状は新年の挨拶なので、基本的には元旦に届けたいところ。

元旦に届くようにするには、2017年なら12月15日(木)から12月25日(日)の引受期間内で出すようにしましょう。この期間は毎年同じというわけではないので、日本郵便のHPなどで確認すべし。

また、出すのが遅くなったとしても「松の内」という期間内に届けばOKです。

「松の内」とは、お正月の門松を飾っている間のことで、一般的には1月7日までとされています。この松の内を逃してしまうと、「年賀状」ではなく、「寒中見舞い」という形になってしまいますので、年賀はがきは使えません。

自分が送っていなかった方から元旦に年賀状が届いたら、送り返すのが礼儀。1月7日までに届くよう、なるべく正月三が日までには送るようにしたいですね。

近親者が亡くなったら喪中欠礼状を送るのがマナー

二親等(兄弟姉妹、祖父母、孫)までの近親者が亡くなったら、一定期間は喪に服すことが一般的。

これを「喪中」といい、だいたい亡くなった日から1年間を指します。この喪中期間中には、年賀状は基本的には出せません。

喪中の場合、年賀状をいただきそうな方に対して、「喪中欠礼状」を12月初旬までに出しましょう。先方が年賀状に手をつける前の、11月中に届くようにするとさらに良いです。

喪中欠礼状には、「喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます」という挨拶文をまず最初に書きます。

その後、「本年○月○○○○が永眠いたしました。ここに本年中賜りましたご厚情を陳謝いたしますと共に、明年も相変わらぬご厚誼のほどを、よろしくお願い申し上げます」などと記載。

あとは日付と住所を入れる程度にして、個人的なメッセージなどは入れないのが一般的です。

年賀状の意味を知れば、気持ち良く新年の挨拶ができる!

スマートフォンやメールなどで簡単に挨拶できる時代ですが、だからこそ節目節目にはきちんとした手紙やはがきで挨拶して、マナーの良い人を目指したいところ。一般的なマナーを守りつつ、自分ならではのひと工夫を凝らした年賀状を送って、新年を気持ち良く迎えましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


年賀状 意味 由来

関連する投稿


「子どもの写真年賀状は傷つくからやめて」そんな“繊細チンピラ”だからずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #12】

「子どもの写真年賀状は傷つくからやめて」そんな“繊細チンピラ”だからずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #12】

「日本は独身の30代40代に『なんで結婚しないの』と聞いてくる。まるで私がおかしいみたいに。生きにくいからやめて欲しい」「子ども写真付き年賀状を見ると悲しくなっちゃう。だからやめて欲しい」そんな意見を聞くようになりました。「私を傷つけやがって。やめなさいよ」といちゃもんつける繊細チンピラだから縁がないんですけど。


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

だんだん暖かくなり各地で桜が咲き始めました。日本人が大好きなお花見シーズンの到来です。ところで、お花見はいつから始まったのでしょうか? 全国でお花見の仕方や習慣は異なるのでしょうか? お花見で話題にしてみたら楽しいかもしれない小ネタをご紹介。さらに今年はSNS映えするフォトジェニックなお花見を楽しみませんか♪


二十四節気(にじゅうしせっき)で過ごす、自然と共生し自分らしく生きる暦生活

二十四節気(にじゅうしせっき)で過ごす、自然と共生し自分らしく生きる暦生活

「二十四節気(にじゅうしせっき)」ってご存知ですか? これは、日本が文明開化した明治期まで使われていた暦のこと。豊かな日本の自然を感じる二十四節気の意味や名称を知って意識することで、普段の生活に新たな潤いがもたらされるかもしれません。


今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

年が明けると初詣に行く方は大勢いらっしゃいます。年またぎで神社にお参りをされている方、元日や三が日にお参りされる方など、そのやり方はさまざまですが、そもそもなぜ初詣が今日のように習慣化されたのでしょうか。今回は、初詣についての由来などについてご紹介したいと思います。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

光浦靖子&大久保佳代子著『不細工な友情』なんでも言い合える親友、いますか?【たまには本でも#04】

親友って呼べる人はいますか? その人とはどんな関係ですか? 自分の嫌なところも相手の嫌なところも遠慮なく見せ合えてあけすけに言い合えますか? 光浦靖子さんと大久保佳代子さんの往復書簡『不細工な友情』は読んでいるこちらがドキドキずきずきするようなやり取りが続きます。こんなことまで言っちゃっていいの…? なんて思ったその先に「うらやましい」が残る一冊です。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google