お正月の風物詩「しめ飾り」を飾るのはなぜ? | 大人のワタシを楽しむメディア
お正月の風物詩「しめ飾り」を飾るのはなぜ?

お正月の風物詩「しめ飾り」を飾るのはなぜ?

お正月になると玄関先に飾られるしめ飾り。街中でも、お店や会社にも飾られるので、見かけるとお正月が来たなあと感じられるアイテムですね。ではそんなしめ飾り、どのような意味があるかご存知ですか? また、飾る場所や時期などは決められているのでしょうか。今回はお正月の風物詩、しめ飾りについて迫ってみたいと思います。


しめ縄やしめ飾りがあれば神様も安心

「しめ縄」は、神聖な場所を示す印とされていて、神様の受け入れ準備が整っていることを表す役割があります。よく神社や大木などにしめ縄が飾られているのを見ますが、それも同じ意味。

しめ縄の内側は神聖な状態である、ということを示しています。

お正月が近づくと玄関先などによく飾られているのは、「しめ飾り」。これは、しめ縄に縁起の良いものを飾りつけたもので、一般家庭でも普及しているものです。

しめ縄と同じく、神聖な場所であることを示しています。縁起の良いものとして代表的なのは、白い紙でできたひらひらとした「紙垂(しで)」、シダ植物の「ウラジロ」、みかん科の果実「橙」などです。

年始におこしくださる年神様も、しめ縄やしめ飾りがあったら安心できる、というわけなのです。

しめ縄・しめ飾りの飾り方は地域によってさまざま

しめ縄やしめ飾りの飾り方は地域によってさまざま。また、どのような用途かによっても違ってくるので、なかなか一概にはいえないところ。

以前は家族の長がしめ縄を作って飾るのが一般的でしたが、それも今は昔。現在もよく見かける形は、玄関先や神棚などに飾るしめ飾りではないでしょうか。

さらに、しめ縄やしめ飾りにはさまざまな形があります。

縄の巻き方や縁起物のチョイスなど複数あり、そのどれもが意味を持っているのが特徴。たとえば、片一方がひょろっとしている、ごぼうのような形をしたしめ縄は「ごぼう注連」と呼ばれ、太い方は左側、細い方は右側に配置して飾られます。

また、太いしめ縄を輪っかにした「玉飾り」や、細いしめ縄を輪っかにして縁起物をつけた「輪飾り」など、多種多様。

しめ縄やしめ飾りは、本来なら藁を使っています。購入される際は、地域の慣例に従いながら藁を用いたものを購入されると良いでしょう。

12月13日以降に飾って、年明け1月7日を過ぎたら外そう

しめ縄やしめ飾りは、なんとなくお正月に飾るものというイメージがありますが、具体的にいつからいつまでという明確な日程は決まっていません。

ただ、12月13日に大掃除のルーツである「すす払い」があるため、12月13日を「正月事始め」とし、この時期以降で飾るのが一般的。

ただ現代では、12月25日まではクリスマスの飾りつけをされているご家庭も多いので、クリスマス以降で飾られるお宅が多いのではないでしょうか。

このように、年末にしめ縄やしめ飾りを飾ったら、年始は松の内(1月7日まで)を過ぎたら外すのが良いとされています。

ちなみに、12月29日は「二重苦」などとかけられ縁起が悪いので、この日にしめ縄・しめ飾りを飾るのはやめてほいた方が良さそう。

飾る場所はどこ? 飾り終わったらどうするの?

飾る場所は、玄関の正面が良いとされています。

アパートやマンションであれば、戸口に下げておけばOK。また、玄関のほかにも水や火のある場所に神様がいるとされていますので、キッチンやトイレなどに飾るのも良いでしょう。

そのほか、車のフロントガラスに飾っている方もたまに見かけます。交通安全を願って飾られているものですが、注意したいのが途中で落ちてしまわないようにすること。万が一落下した場合は事故に繋がる可能性もありますので、しっかりと取り付けましょう。

しめ縄・しめ飾りを外したら、その後ゴミ箱に捨てて終了、ではありません。

1月15日に行われる、お正月の飾りを積み上げて燃やす「どんど焼き」で燃やすのが慣例。どんど焼きに持っていけない場合は、神社に奉納するのが良いとされています。

しっかり神様をお迎えして良い1年をスタートさせる!

しめ縄やしめ飾りを見ると、一気にお正月気分が高まりますよね。

現代ではこの文化が薄れている地域もあるようですが、しっかりと神様をお迎えし、無病息災を願って良い1年をスタートさせたいところ。

伝統ある日本に住んでいるのですから、ぜひ実践したいお正月飾りのひとつです!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


二十四節気(にじゅうしせっき)で過ごす、自然と共生し自分らしく生きる暦生活

二十四節気(にじゅうしせっき)で過ごす、自然と共生し自分らしく生きる暦生活

「二十四節気(にじゅうしせっき)」ってご存知ですか? これは、日本が文明開化した明治期まで使われていた暦のこと。豊かな日本の自然を感じる二十四節気の意味や名称を知って意識することで、普段の生活に新たな潤いがもたらされるかもしれません。


飲み過ぎた~!!二日酔いをできるだけ早くスッキリ解消させるには?

飲み過ぎた~!!二日酔いをできるだけ早くスッキリ解消させるには?

お正月シーズン、ついつい飲みすぎてしまうこと、ありますよね。せっかくのお休みが二日酔いでつぶれるなんてもったいない!できるだけ早く、二日酔いから回復したい時おすすめの方法をご紹介します!


今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

年が明けると初詣に行く方は大勢いらっしゃいます。年またぎで神社にお参りをされている方、元日や三が日にお参りされる方など、そのやり方はさまざまですが、そもそもなぜ初詣が今日のように習慣化されたのでしょうか。今回は、初詣についての由来などについてご紹介したいと思います。


今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

お正月といえば「おせち」。とくに正月三が日は、おせちをおかずにご飯を食べ、ゆっくりのんびり過ごすのが一般的です。このおせちには、どのような意味があるかご存知ですか? 今回は、おせちの由来や料理の内容などについてご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

「ながら聞き」する夫に話を聞いてもらう方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#11】

子どものことでも世間話でも、話しかけても気のない返事しかしない夫。「どうしてちゃんと聞いてくれないの!?」と不満は積もりますが、「結末のない話を聞くのは苦手」という男性は多いのです。 耳を傾けやすい話し方を心がけることで、スムーズに会話を楽しめるようになります。「ながら聞き」する夫に有効な策についてご紹介します。


40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

40代“色気”は人工的にプラスする! スタイリスト山本あきこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

「若い頃と体型が変わり肌艶はもちろん髪の毛だって上手くいかない…私がキレイにでいることってもう無理なの!?」そんな思いを抱くすべての40代女性へ。1万人以上をスタイリングしてきたスタイリスト山本あきこさんの新著『これまでの服が似合わなくなったら。~40代、オシャレの壁を乗り越える!』をぜひ。答えが全部詰まっています!


アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

アラフォーの女友達との付き合いは程よい距離で

バリキャリ女性や専業主婦、ワーママなど、立場によって生活スタイルが異なるアラフォーの今。学生時代の友達とも疎遠になりがちで、新たな交友関係を作ろうと奮闘する人も多いようです。しかし、いい感じに距離を保ちながの大人の友情って意外と難しいのかも。そんなアラフォー世代の友達付き合いについて考えてみましょう。


グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

グータラ夫にテキパキ段取ってもらう方法【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#9】

買い物や家族のお出かけ、いつも私が仕切ってばかり。たまには夫にもやって欲しい!そんなときは、「感謝の気持ちを伝えること」と「文句を言わないこと」を頭に入れて一緒に進めてみましょう。「家族のためにしっかり存在できている自分」を自覚できると、男性はやる気を持って家族のイベントにも参加するようになります。


宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月21日(月)~10月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google