今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか? | 大人のワタシを楽しむメディア
今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

今更聞けない!初詣はなぜ行くか知っていますか?

年が明けると初詣に行く方は大勢いらっしゃいます。年またぎで神社にお参りをされている方、元日や三が日にお参りされる方など、そのやり方はさまざまですが、そもそもなぜ初詣が今日のように習慣化されたのでしょうか。今回は、初詣についての由来などについてご紹介したいと思います。


初詣は「年籠り」という行事が由来

Getty logo

お正月とは本来、しめ縄や門松などを家に飾ることで神様をお迎えする期間のこと。神様をおもてなしして、1年間の健康や安全を願う慣わしです。

一方初詣は、神社に祀られている神様や、お寺に祀られている仏様をお参りすること。

家で神様をお迎えするのに、神社にも神様がいるというのは矛盾に感じられるかもしれませんが、家に来られる神様と神社にいらっしゃる神様は異なる神様という認識。

家に来られる神様は、基本的にはご先祖様であり、神社にいらっしゃるのは、地域の中で祀られている神様なのです。

そんな初詣は「年籠り」という行事の名残です。

これは、家長が1年の祈願をすべく、大晦日の夜から元旦まで神社に籠ること。時が経ち、大晦日の夜に神社を参る「除夜詣」と、元旦に参る「元旦詣」とに分かれていったそうです。

初詣はいつまでに行けばいいの? 大晦日の夜?

Getty logo

「除夜詣」や「元旦詣」から派生して初詣になったのであれば、大晦日の夜から年をまたいでお参りしたり、元旦に行くのが正式な参拝方法だと考える方も多いのではないでしょうか。周りを見ていても、大晦日や元日にお参りされている方が多い印象です。

けれども、実は「この日までに行くべし」というような決まりはとくにありません。

だいたい、1月7日の松の内までに行っておけば問題なさそう。三が日は仕事だし行けない、という方もこれなら安心ですね。

ちなみに、「松の内までにも行けなそう…」という方も大丈夫。1年の健康と安全を祈願して初めてお参りをするのが「初詣」ですので、いつ行かれてもOKです。

ただ、新年の祈願ですのでなるべく早く行けるにこしたことはなさそうです。

神社とお寺、どちらにお参りするのが正式なの?

Getty logo

初詣といえば、神社へのお参りをイメージされる方も多いですが、お寺にお参りされる方もいらっしゃいます。正式な初詣とは、神社とお寺、どちらにお参りすれば良いのか決まっているのでしょうか。

じつは、初詣はとくに神社、お寺どちらに行くべき、というのは決まっていません。日本は「八百万の神」と呼ばれるほど神様が大勢いらっしゃる国。神社はそんな神様を祀っている場所です。

一方お寺は仏像を据えて仏様を祀っている場所。御本尊は本堂などに安置されていますので、神社よりも御本尊を近くに感じることができるでしょう。

神社でもお寺でも、それぞれご自身の判断でお参りして大丈夫。もちろん、両方お参りしてもOKです。

ちなみに、新年最初に訪れた神社仏閣が「初詣」ですが、数カ所をはしごして参拝するのも問題ありません。

初詣の正しい参拝方法をご紹介!

初詣で何をすべきなのかはご存じですか? 基本的には普段の参拝方法と変わらないのですが、改めてご紹介しましょう。

まず身を清めよう

Getty logo

神社やお寺の敷地内に入ったら、まずは手水舎やお水舎で身を清めます。

柄杓を手にとって水を汲み、左手・右手と片方ずつ洗いましょう。その後、右手で柄杓を持ち、左手で水を受けて口にふくみ、すすぎます。最後、柄杓を立てて柄の部分を洗い流せば終了です。

元あった場所に戻しておきましょう。

参拝しよう

Getty logo

神社では神様が通られる道ということで、真ん中をあけておくのがマナー。混んでいるときは仕方ないですが、できればど真ん中を歩くのは避けましょう。

まずは賽銭箱にお金を入れ、神社の場合は鈴を鳴らして二礼二拍手してから祈ります。お寺の場合はパンパンと音を出さず、静かに手を合わせて祈りましょう。

お祈りは、「お願い」でなくて「誓い」です。自分の欲望を願うのではなく、誓いとなるようにお祈りしましょう。

参拝後は、できればどこにも寄らずに帰るべし!

なぜ初詣に行くのか、なんとなく理解できましたでしょうか? 初詣の参拝時期は基本的にはいつでも大丈夫ということで、少し安心しましたね。初詣後は、できれば寄り道せずに帰った方が良いとされています。神社やお寺にお参りしたら、その日は家でゆっくり過ごす、というのも素敵なお正月の過ごし方ですね!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


初詣 意味 由来 神社

関連する投稿


マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

マインドフルネスの正しい意味を知っていますか?【大人のマインドフルネス入門#1】

「マインドフルネス」っていう言葉、ときどき聞くようになったけど、どういう意味? と思われている方も少なくないと思います。グーグル、フェイスブック、ナイキ、フォードなどの最先端の企業で取り入れられ、トップアスリートを始め多くの人々が毎日実践している、今世界が注目するマインドフルネスについて正しい意味をご説明します。


運命の出会いを信じて神社巡り… 本当に出会えると思いますか? 【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #04】

運命の出会いを信じて神社巡り… 本当に出会えると思いますか? 【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #04】

「自然に出会って恋愛結婚したいんです」というお気持ちは分かります。出会って『この人だ』と分かる運命の人を待ち続けて人生が終わってしまうと頭では分かっているけれど気持ちが付いていかない。大人だけれど、出会いや結婚へのあこがれはディズニープリンセスに憧れる小学生と同じまま。そんなアラフォー女性の心構えについてお伝えします。


お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

だんだん暖かくなり各地で桜が咲き始めました。日本人が大好きなお花見シーズンの到来です。ところで、お花見はいつから始まったのでしょうか? 全国でお花見の仕方や習慣は異なるのでしょうか? お花見で話題にしてみたら楽しいかもしれない小ネタをご紹介。さらに今年はSNS映えするフォトジェニックなお花見を楽しみませんか♪


混雑が嫌いな方へ!比較的すいてる【都内】初詣穴場スポット

混雑が嫌いな方へ!比較的すいてる【都内】初詣穴場スポット

みなさんは、初詣はどこへいきますか?明治神宮や浅草寺など有名なスポットは混んでいるからと敬遠する方もいるかもしれません。今回は、都内で比較的すいている穴場の初詣スポットをご紹介します。ぜひ、初詣の参考にしてみてくださいね。


今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

今一度おさらい「おせち料理」の由来・意味について

お正月といえば「おせち」。とくに正月三が日は、おせちをおかずにご飯を食べ、ゆっくりのんびり過ごすのが一般的です。このおせちには、どのような意味があるかご存知ですか? 今回は、おせちの由来や料理の内容などについてご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google