便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って? | 大人のワタシを楽しむメディア
便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

「センナ」といえば、便秘に効くハーブとして有名。「センナ茶」など、名前くらいは聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか。でも、センナって、どんな植物なの? なぜ便秘に効くの? その歴史と効能を紐解いてみましょう。


世界最古の医学文書にも登場!「センナ」は古代から便秘を救ってきたスーパーハーブ

Getty logo

センナは、世界最古の医学文書「エーベル・パピレス」にもその名が登場する歴史ある植物。

アフリカ原産のマメ科カワラケツメイ属のハーブで、11世紀頃にアラビアからヨーロッパへ紹介されたと言われています。

以降、欧州諸国へ広まり、一般的な緩下剤として使われるように。今ではヨーロッパはもちろん、全世界で便秘の特効薬として愛用されています。

お茶や薬になった状態でしか見る機会が少ない私達ですが、その姿は常緑の高さ約1m程度の低木。細い枝に、ひ針形の葉を交互に付け、黄色い花を咲かせます。

茎、葉、種とすべてに薬効があり、その効果がとても強いことから、日本では葉と実が医薬品扱いになっています。

便秘解決のヒミツは、センナに含まれる成分「センノシド」

Getty logo

では、どうしてセンナが便秘に効くのか。

その理由は、センナに含まれる成分「センノシド」にあります。

これは、胃や小腸では吸収されず、大腸に移動すると、腸内細菌の代謝を受けて「レインアンスロン」という成分に変化。これが大腸壁を刺激して、頑固な便も外へ押し出してくれるというわけです。

飲んだ翌日にはほとんどの人にお通じがあるというほど即効性が高いのに、自然が育んだ生薬だから、よく便秘薬にある「クセになっちゃって、使わないと便が出ない!」という症状になりにくいのもセンナの魅力。

「いろいろ便秘薬は試したけど、だんだん効き目が薄れてくるから錠剤の数を増やしちゃう…」というあなた。

それは胃腸のためにもよくありません! ぜひセンナを試してみてはどうでしょう。

緩やかに効かせたいなら、まずは「センナ茶」から試してみて

Getty logo

センナを使った便秘薬には、錠剤、粉末、お茶などさまざまなタイプのものがあります。この中で初心者におすすめしたいのはお茶。量や濃さを調節することで自分に合った摂取ができ、無理のない自然なお通じが期待できます。

モノによっては効き目が強すぎて、翌日トイレとベッドを往復するハメになってしまう便秘薬。「週末はあの痛みと戦ってでも出し尽くしてやる」と、意を決して便秘薬を飲む人も多いのではないでしょうか。

実際、アラフォーともなると激痛に耐える気力や体力もそろそろ落ちてきて、「痛いしな~。放っておけば出るんじゃないかな~」などと日和見主義になってしまうことも…(筆者はそうです)。

これは個人の感想ですが、センナ茶は、便秘薬にありがちな飛び起きるほどの激痛がなく、「あれ、腸が動いてる…」がいうのが感じられました。その後は多少の痛みを伴ったものの、いわゆる「お腹が痛いからトイレに行く」という、普通の人が感じている痛みなのでは? という感覚だったように思います。

さらに、いつも使っている便秘薬では、出るものは出尽くしたはずなのにまだ痛い…ということが多かったのに、センナ茶はすっきり出たあとは痛みもすうっと消えました。これなら、翌日が休みじゃなくても、飲みたい時に飲めそうです。

基本は「じっくり煮出して空腹時に飲む」。夜寝る前が効果的!

Getty logo

センナ茶は、一般的に「15分以上煮出す」という用法が多いようです。

火をつけたまま15分も待つのは面倒…という人は、ポットに茶葉を入れ、熱湯を注いで放置しても充分に色や味が出るのでお試しを。効果は本来の抽出方法より落ちるかもしれませんが、筆者は効き目アリでしたよ!

効いてくるまでの時間に個人差はありますが、基本的には夜寝る前に飲めば翌朝お通じがある、という感じ。

クセになりにくいセンナ茶で、毎朝のトイレ習慣をつけるのが便秘解消への一歩かも♪

取材協力:株式会社 近江兄弟社

【関連記事】ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

https://wome.jp/articles/518

女性の多くが悩まされているであろう便秘。長引くとお腹がぽっこり張るうえに、酷い時には頭痛や肩凝り、肌荒れなどを伴うことも…。運動量が減ったり、仕事の第一線でバリバリ活躍したりというライフスタイルになりやすいアラフォー女性は、じつは便秘になりやすいのです。そのメカニズムと対処法を知って、スッキリライフを目指しましょう♪

【関連記事】症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう!

https://wome.jp/articles/544

薬局に行けば、便秘薬のコーナーにはいろいろな薬がズラリ! ついついCMで目につくものを手に取ってしまいがちだけど、じつは便秘薬にも「得意分野」があるんです。今回は、便秘の症状に合わせた「便秘薬の選び方」を伝授します♪

【関連記事】高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

https://wome.jp/articles/548/

飲んだ翌日にはするする便が出てくるのに、痛みが少なく、クセになりにくい。そんな便秘薬が…ありました! WOMe世代よりさらに目が肥えていて、効果・品質・使い心地にこだわる年配女性が手放さない便秘薬「ベクニス」。その魅力と効果のワケをメーカー直撃で徹底解剖します。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

まさか中年太り? 気になるポッコリ下腹部に簡単エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #16】

「つまんでもゆすっても、どうにもならないポッコリ下腹部!中年太りかしら…」今回は40代の女性にオススメしたい、筋肉と重力を使ってポッコリ下腹部をスッキリさせるエクササイズをお伝えします。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

メイク道具は、多くの女性にとって生活の必需品ですよね。お気に入りの厳選のアイテムもあれば、なんとなく使っているものもあるでしょう。肌感やお悩みも変わってくるアラフォーを境に、改めて道具の意味や使い方を見直してみてください。化粧道具について正しい知識を知れば、理想の仕上がりにグッと近づくことができるはずですよ♪


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google