便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

「センナ」といえば、便秘に効くハーブとして有名。「センナ茶」など、名前くらいは聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか。でも、センナって、どんな植物なの? なぜ便秘に効くの? その歴史と効能を紐解いてみましょう。


世界最古の医学文書にも登場!「センナ」は古代から便秘を救ってきたスーパーハーブ

Getty logo

センナは、世界最古の医学文書「エーベル・パピレス」にもその名が登場する歴史ある植物。

アフリカ原産のマメ科カワラケツメイ属のハーブで、11世紀頃にアラビアからヨーロッパへ紹介されたと言われています。

以降、欧州諸国へ広まり、一般的な緩下剤として使われるように。今ではヨーロッパはもちろん、全世界で便秘の特効薬として愛用されています。

お茶や薬になった状態でしか見る機会が少ない私達ですが、その姿は常緑の高さ約1m程度の低木。細い枝に、ひ針形の葉を交互に付け、黄色い花を咲かせます。

茎、葉、種とすべてに薬効があり、その効果がとても強いことから、日本では葉と実が医薬品扱いになっています。

便秘解決のヒミツは、センナに含まれる成分「センノシド」

Getty logo

では、どうしてセンナが便秘に効くのか。

その理由は、センナに含まれる成分「センノシド」にあります。

これは、胃や小腸では吸収されず、大腸に移動すると、腸内細菌の代謝を受けて「レインアンスロン」という成分に変化。これが大腸壁を刺激して、頑固な便も外へ押し出してくれるというわけです。

飲んだ翌日にはほとんどの人にお通じがあるというほど即効性が高いのに、自然が育んだ生薬だから、よく便秘薬にある「クセになっちゃって、使わないと便が出ない!」という症状になりにくいのもセンナの魅力。

「いろいろ便秘薬は試したけど、だんだん効き目が薄れてくるから錠剤の数を増やしちゃう…」というあなた。

それは胃腸のためにもよくありません! ぜひセンナを試してみてはどうでしょう。

緩やかに効かせたいなら、まずは「センナ茶」から試してみて

Getty logo

センナを使った便秘薬には、錠剤、粉末、お茶などさまざまなタイプのものがあります。この中で初心者におすすめしたいのはお茶。量や濃さを調節することで自分に合った摂取ができ、無理のない自然なお通じが期待できます。

モノによっては効き目が強すぎて、翌日トイレとベッドを往復するハメになってしまう便秘薬。「週末はあの痛みと戦ってでも出し尽くしてやる」と、意を決して便秘薬を飲む人も多いのではないでしょうか。

実際、アラフォーともなると激痛に耐える気力や体力もそろそろ落ちてきて、「痛いしな~。放っておけば出るんじゃないかな~」などと日和見主義になってしまうことも…(筆者はそうです)。

これは個人の感想ですが、センナ茶は、便秘薬にありがちな飛び起きるほどの激痛がなく、「あれ、腸が動いてる…」がいうのが感じられました。その後は多少の痛みを伴ったものの、いわゆる「お腹が痛いからトイレに行く」という、普通の人が感じている痛みなのでは? という感覚だったように思います。

さらに、いつも使っている便秘薬では、出るものは出尽くしたはずなのにまだ痛い…ということが多かったのに、センナ茶はすっきり出たあとは痛みもすうっと消えました。これなら、翌日が休みじゃなくても、飲みたい時に飲めそうです。

基本は「じっくり煮出して空腹時に飲む」。夜寝る前が効果的!

Getty logo

センナ茶は、一般的に「15分以上煮出す」という用法が多いようです。

火をつけたまま15分も待つのは面倒…という人は、ポットに茶葉を入れ、熱湯を注いで放置しても充分に色や味が出るのでお試しを。効果は本来の抽出方法より落ちるかもしれませんが、筆者は効き目アリでしたよ!

効いてくるまでの時間に個人差はありますが、基本的には夜寝る前に飲めば翌朝お通じがある、という感じ。

クセになりにくいセンナ茶で、毎朝のトイレ習慣をつけるのが便秘解消への一歩かも♪

取材協力:株式会社 近江兄弟社

【関連記事】ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

https://wome.jp/articles/518

女性の多くが悩まされているであろう便秘。長引くとお腹がぽっこり張るうえに、酷い時には頭痛や肩凝り、肌荒れなどを伴うことも…。運動量が減ったり、仕事の第一線でバリバリ活躍したりというライフスタイルになりやすいアラフォー女性は、じつは便秘になりやすいのです。そのメカニズムと対処法を知って、スッキリライフを目指しましょう♪

【関連記事】症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう!

https://wome.jp/articles/544

薬局に行けば、便秘薬のコーナーにはいろいろな薬がズラリ! ついついCMで目につくものを手に取ってしまいがちだけど、じつは便秘薬にも「得意分野」があるんです。今回は、便秘の症状に合わせた「便秘薬の選び方」を伝授します♪

【関連記事】高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

https://wome.jp/articles/548/

飲んだ翌日にはするする便が出てくるのに、痛みが少なく、クセになりにくい。そんな便秘薬が…ありました! WOMe世代よりさらに目が肥えていて、効果・品質・使い心地にこだわる年配女性が手放さない便秘薬「ベクニス」。その魅力と効果のワケをメーカー直撃で徹底解剖します。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


【WOMe 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

【WOMe 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

さあ! いよいよ明日から仕事始めという方も多いことでしょう。「今年こそは痩せる!」そんな目標を立てた方はいよいよダイエットモード突入のタイミングです。そこで、アラフォーがダイエットをするときに知っておくと得になる情報をお伝えします。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

遺伝子検査と聞いてどんなイメージを持つでしょうか? 知らないことが多いので、「なんだか怖そう」などと思っていませんか。実は遺伝子検査はすごく簡単お手軽で、アラフォー女性であればぜひ実施していただきたいものなんです。今回はDHC遺伝子検査キットに携わる4人女性に集まっていただいて、実際にダイエット遺伝子検査を行った感想などについてお話を伺いました。


DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

「遺伝子検査キットってそもそも何?」「なんだか怖いイメージ」「高そう…」など遺伝子検査キットに関する社会的認識はまだまだ低いのが現状です。そこで! DHCで働くダイエット遺伝子検査キットを体験したアラフォー女性たちにその使用感や活用方法などについて伺いました。日に日に痩せづらさを体感するのがアラフォー…そんな時にどうやらこのキットはとても有効のようなのです。座談会前半をお届けします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

“卵巣年齢”気になりませんか? 自宅で手軽にチェックできる「F check」

日本は不妊治療大国だということをご存知でしょうか?「国際生殖補助医療監視委員会(ICMART)」の報告によると、日本の2010年の体外受精実施件数は24万2161件。これは第2位のアメリカの約1.6倍!多くの女性が子どもを望み、不妊治療をしている現実がありますが、不妊治療を取り巻く環境が整備できているとはとても言えない現状です。そんな中、卵巣年齢が自宅でチェックできるという「F check」が発売されプレス発表会が行われたので行ってまいりました!


腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

腹立つ! もう我慢の限界…そんな時におすすめのえほん【心をうるおす大人の絵本 # 10】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】あーもうイライラする! 我慢の限界! 子どもに友人に同僚に後輩に部下に…腹が立つことありますよね。そんな時、気持ちを落ち着かせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 自分の機嫌は自分でとる、そんなオトナになりたいですね。


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

ライフシフト・ジャパンが定義する“ライフシフト”とは“人生の主人公として100年ライフを楽しむ”こと。今まさにライフシフトの途中だという河野純子さんに、ご自身が思う働くということ、人生、ライフシフトの法則についてインタビューした第一回です。


2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年7月 後半編(7/15~7/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター