10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


心と身体を元気にしてくれる、それが漢方です

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

はじめまして。漢方美髪®コンサルタントの齊藤安代です。

中医学に基づいた漢方と毛髪科学はじめ身体の学びを深める中で自身が変われたことを体系化した「漢方美髪®」のノウハウをもとに、年齢を重ねる程に美しくなれる情報をわかりやすくお届けします。

漢方と聞くと苦い薬や難しそうと思われがちですが、実は漢方はとても簡単で、季節や体質に合った過ごし方や身体に良いものを食べ生活することで、心や身体の不調を和らげ免疫力をアップさせる力を備えようとするのが漢方の基本的な考え方なのです。

また、心と身体が「中庸(ちゅうよう/調和がとれた状態)」であることが健康とされるので、まずは自分の身体のバランスを知ることが大切です。

漢方を知り、生活に取り入れることで「女性力」を高めるための一歩を踏み出してみませんか。

身体を巡る「気・血・水」のバランスこそ「健康美」の鍵

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

漢方では、私たちの身体は「気」・「血」・「水」の3つの要素が巡っていると考えます。

これら3つがバランス良くスムーズに巡っている身体こそ健康と考え、何れが消耗し不足したり、滞っていると不調が生じますので、この3つのバランスを整えていくことが、私たち大人女性にとってとても重要です。

バランス良く「気」・「血」・「水」を巡らせるためには、先ずは漢方の視点で身体について知ることから始めてみましょう。

「気」は、「女性力」を高める生命力の元となるエネルギー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「気」は、元気、勇気、やる気など生命エネルギーを指します。目に見えるものではありませんが、これらが不足すると倦怠感や疲労感などが生じ、風邪を引きやすくなります。

また、気の巡りが悪くなると自律神経が乱れ、イライラ、不眠などの症状が現れます。

主な原因はストレスや生活習慣の乱れで起こることが多いので、ストレスと上手に向き合えるように、ワクワクするような事に日々触れる環境を作りましょう。

「血」は、美肌や美髪を作る元となる栄養素

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「血」は食べものから作られた栄養素を全身に運んでいます。

ホルモンの働きにも関わりが深く、血が不足すると精神的に不安定になり、睡眠不足、めまい、かすみ目、肌荒れ、抜毛や髪トラブルの症状が見られます。

また、血の巡りが悪くなると目の下のクマ、ニキビ、肌荒れ、肩こり、腰痛、月経痛などの原因となります。

漢方では「髪は血余(けつよ)」と言われるように、生命維持に必要なところから優先的に全身に血が巡り、その余りが髪に届くと考えられています。

なので、血が不足した状態では肌の艶もなく髪もパサついてしまいます。大人女性にとって「血の巡り」と「血を補う」ことはとても大切です。

「水」は、みずみずしい身体を作る潤いの元

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「水」(津液しんえき)は、血液以外の体内の水分を指します。

栄養素を含み充分に満たされていると身体が潤い、老廃物を排出する役割もありますが、水が不足すると肌や髪が乾燥してパサついてきたり、目や口の渇き、関節痛を起こすこともあります。

また、水が滞るとむくみやすく、めまいや耳鳴りを発症したり、湿疹が出来やすくなることもあります。

これを防ぐには、水を充分に補い、常に巡らせること。それによって、むくみ知らずの潤いある身体を手に入れることができます!

「気」・「血」・「水」の働きを知ることで、身体と向き合い「女性力」を高める準備を始めませんか。

漢方美髪®コンサルタント 齊藤安代



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

漢方美髪®コンサルタント・PRブランドプロデューサー/10年先も輝き続ける女性のために漢方の分野から養生の知恵を発信。

関連する投稿


女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

今回は女性ホルモンと髪の関係についてお伝えします。女性は年齢、妊娠、出産、月経などによって女性ホルモンが増減し髪にも変化が見られます。そこで!女性ホルモンを味方にして、いつまでも艶やかで美しい髪を手に入れましょう。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


知ってた?生活習慣の乱れが原因でどんどん深まるほうれい線

知ってた?生活習慣の乱れが原因でどんどん深まるほうれい線

「前はなかったはずなのに、最近ほうれい線が目立つようになったな」。そんなお悩みが出てきていませんか?ほうれい線は、年を重ねたから出てきたのだと思われがちですが、実際は生活習慣の乱れが原因になることが多いよう。今すぐ生活習慣を改善して、ほうれい線が目立たない顔をゲットしましょう!


シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

シワの原因は生活習慣にアリ! 生活改善は今からでも遅くない!

ふとしたときに気づいてしまうシワ。保湿をしっかり行い、シワの生成を抑えるのはもちろん重要ですが、生活習慣を改善することでもシワを予防することができます。生活習慣を見直して、シワの生成を抑えましょう!


最新の投稿


二度寝、寝溜め、寝酒はNG? 意外に知られていない睡眠の真実【睡眠できれいになるコツ #7】

二度寝、寝溜め、寝酒はNG? 意外に知られていない睡眠の真実【睡眠できれいになるコツ #7】

知らず知らずにやっている行動が睡眠の質を落としている事がたくさんあります。1000人以上の方に睡眠学をお伝えしてきましたが、一番多いのが「睡眠に悪い事ばかりしていた!」という感想です。悪い習慣を知って行動を変えるだけでも睡眠の質は上がります! 今回はそんな睡眠へ悪影響をおよぼすことについてご紹介します。


飯テロされてもほっこり気分♡ 女性が主役のウマカワグルメ漫画 おすすめ4選

飯テロされてもほっこり気分♡ 女性が主役のウマカワグルメ漫画 おすすめ4選

ドラマ化され大人気のグルメ漫画「孤独のグルメ」。同作は、サラリーマンが主役でしたが、女性が主役のグルメ漫画はさらに好奇心と胃袋をくすぐられますよね。女性が主役の漫画は、かわいいタッチが多くて読みやすいのが特徴。食事だけでなくストーリーも共感できるものも多いんです。そんな女性系グルメ漫画、注目の4作品を紹介します。


お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

お花見の風習って全国で違うって知ってた? 今年は“フォトジェニック”に楽しもう♪

だんだん暖かくなり各地で桜が咲き始めました。日本人が大好きなお花見シーズンの到来です。ところで、お花見はいつから始まったのでしょうか? 全国でお花見の仕方や習慣は異なるのでしょうか? お花見で話題にしてみたら楽しいかもしれない小ネタをご紹介。さらに今年はSNS映えするフォトジェニックなお花見を楽しみませんか♪


女は何歳から“おばさん”? それを決めるのはあなた

女は何歳から“おばさん”? それを決めるのはあなた

巷の20代そこそこの若い子から「オバサン」って言葉を聞くとドッキッとしませんか?「あなたたちが言うおばさんっていくつなのよ?」「まさか、オバサンって私のこと言ったんじゃないわよね?」なんてツッコミたくなりますよね!では、ここで「おばさん」とは何か、フランスとイタリアの女性の価値観を交えて考えてみようではありませんか!


不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

不倫の恋で泣かない女になるために…オトナの恋の掟とは?【神崎桃子の恋愛指南 #5】

「不倫なんて絶対しないって思っていたはずなのにいつの間にか…」。誰しも最初から「不倫の恋がしたい!」なんて思っていないでしょう。しかし思いがけないきっかけで始まってしまうのが不倫。あれよあれよという間に始まり、抜けられなくなって辛い思いをしているあなたへ。不倫の実態を恋愛コラムニスト神崎桃子さんが教えてくれました。




人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター