多肉植物や観葉植物などお家でグリーンを楽しむ おしゃれアイディア 5選 | 大人のワタシを楽しむメディア
多肉植物や観葉植物などお家でグリーンを楽しむ おしゃれアイディア 5選

多肉植物や観葉植物などお家でグリーンを楽しむ おしゃれアイディア 5選

まだまだ寒い日が続きますね。温かい家の中から外を眺めれば、すっかり葉も落ちた木々ばかり…「もっと自然を感じたーい!」そんな今こそ、お家で自然を楽しみましょう。最近は観葉植物を購入してそのまま飾るのではなく、自分らしく楽しむ達人たちが増えてきているそう!そんな上手におしゃれにグリーンを取り入れる方法をご紹介します。


その1:道端の草も立派な観葉植物に!

もっとも手軽にお金をかけずに始めるとしたら…道端に生えている草(?)をとってきて花器に生けること。「いやいやそれはさすがに…」なんて人もこの写真を見ていただければ考えも変わるはず。色味を揃えて味わいのある瓶に挿せばとっても素敵なグリーンのインテリアに。

しかも植物の温かみも感じることができて、見てるとなんだか癒されます。初めの一歩はこれくらい手軽なところから始めるのがいいかもしれません。

その2:寄せ植えで私だけのオンリーワンが誕生

インテリアショップやセレクトショップなどでも多く見かける多肉植物。ぷっくりとしたフォルムや手が掛からないことから、忙しい人でも安心して購入出来て癒しの効果があると大人気です。そこで、お気に入りの多肉植物を自分だけの一品にするのはいかがでしょうか?同じものをたくさん購入するもよし、高さなどのバランスを考えて寄せ植えするもよし。

器は花器にこだわらず、自分のお気に入りの食器などを使ってみるのもいいでしょう。お水を多くあげる必要のない多肉植物は水はけを気にしなくてもいいので、下に穴が開いた専用の花器でなくても大丈夫なのです。

お好みの器に植えられた自分だけの一品なら愛着もひとしお間違いなしです。

その3:なんだかんだ物が多くて…そんな時は吊るすのはいかが?

ゴチャゴチャと物が多いし、ぶつかって落としちゃうのも怖いし…なんていう人は植物を吊るしちゃうのはいかがでしょう。観葉植物は土がなくてもすくすく育つものも多く、水を継ぎ足せばいいだけなので吊るしっぱなしで大丈夫。ひとつだけでもいいし、たくさん吊るすならお揃いの花器にすることで、インテリアとしてもグッと華やかになります。

固定概念にとらわれず視点を変えてみると、また新しい発見があって楽しいですよね。

その4:かなりの上級者!ワイン好きならぜひ

「こんなのってあり⁉」と家を訪れた人が思わず唸る上級者テクが、ワインコルクに植物を挿してインテリアに変身させちゃうというもの。記念日に開けたワインやシャンパンのコルクが捨てられない…なんて人にもおススメです。

ただコルクと写真を飾るより、グリーンが加わることでよりオシャレ度が上がること間違いなし!ワイン好きはぜひトライしてみてください。

その5:【番外編】まさかのパイナッポー!?

「パイナッポーぺーン」ならぬ「パイナッポービーン」!?そう!この観葉植物は実はパイナップルの葉の部分。あまりにもトリッキーで意表をついた仕上がりですが、言われてみれば…で、一見気がつきませんよね。植木鉢に置くと多肉植物のようですが、こじゃれた瓶に挿せばオブジェのような味わいも醸します。

なかなかやるな!パイナッポー。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

お家の小さなトラブルをそのままにしていませんか?建ててから10年程たつと修繕が必要になってくるといわれるお家のトラブルをほうっておいてはいけません。すまサポなら全国津々浦々あらゆるお家のトラブルに対応する修理業者を無料で紹介します。いつでも気軽にお問い合わせください。


モラハラ夫と離婚を決意したとき必ずやらなければいけないコト【離婚を考えた時知っておくべき知識 #4】

モラハラ夫と離婚を決意したとき必ずやらなければいけないコト【離婚を考えた時知っておくべき知識 #4】

前回は、モラハラと修復の可能性についてお話ししました。世の中、「どんな関係でも修復できる」かのような情報も目にしますが、そのような情報を鵜呑みにせず、よく考えてからお金と時間を投資したいものです。今回は、離婚の準備について、お話ししたいと思います。


新プラン開始!忙しくてもお花を楽しめる「Bloomee LIFE」

新プラン開始!忙しくてもお花を楽しめる「Bloomee LIFE」

憧れの「お花のある生活」。でも、日々を忙しく過ごしていると、お花屋さんに寄ってお花を買う暇すらない…そんな人におすすめしたいのが、お花の定期便「Bloomee LIFE」。ポスト投函のプランと、宅配のプランが選べるので、忙しい女性にこそ使っていただきたいサービスなんです。


「クリニーク」と「ジョナサン アドラー」がコラボ☆ ジュエリーのような限定コレクションが登場!

「クリニーク」と「ジョナサン アドラー」がコラボ☆ ジュエリーのような限定コレクションが登場!

クリニークがインテリアデザイナーであり陶芸家として世界的に活躍する「ジョナサン アドラー」とコラボレートしたメークアップコレクションを、8月4日(金)より数量限定発売します!


話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

話題のデュアルライフ、都心で出来るプチデュアルでエナジーチャージ

都会で働き、田舎で暮らすなど、ふたつの場所を謳歌する、そんなデュアルライフを満喫する人たちが最近増えているそう! 聞いたことはあるけれど、デュアルライフっていったい何? どうやって実現するの? 憧れる気持ちはあるけれど、完璧なデュアルライフは難しい!でも大丈夫。今の住まいでできる、プチデュアルライフをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google