「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


五臓の働きを知ることで、自分のカラダをコントロールする

Getty logo

漢方美髪®コンサルタントの齊藤安代です。

「女性力」を高めることは肌や髪の艶を手に入れるだけでなく様々な不調が改善されてくるので、日々に感謝しイキイキと楽しく過ごすことが出来ます。それを自分自身でコントロールするために、先ずはカラダについて知ることが大切です。
漢方ではカラダを五臓と言って5つに分けて考えます。

五臓は「肝・心・脾・肺・腎」のことで、生命活動の基礎となる栄養素である「気・血・水」を消化、吸収、貯える働きを持っています。では、それぞれ異なる働きを持つ五臓について見ていきましょう。

▼「肝」
「肝」は、全身の気の巡りをコントロールし、精神を安定させます。そして血を貯え血流を調整します。強いストレスなどで「肝」が弱まるとイライラしたり、怒りっぽくなり、憂鬱、生理不順、PMS(月経前症候群)になりやすくなります。

▼「心」
「心」は、全身に血を循環させ滋養する作用があります。そして精神や循環器系を支配します。「心」が弱まると精神力や意識や思考力が低下し、動悸や不眠、不安、不整脈などがあらわれやすくなります。

▼「脾」
「脾」は、飲食物を消化吸収し、気血水を生成すると同時に老廃物を排出してくれます。そして、肌肉(きにく/筋肉のこと)が充実して身体を丈夫にします。「脾」が弱まると胃腸機能が悪くなり食欲不振、疲れ、食後の眠気、不正出血、下痢などがあらわれやすくなります。

▼「肺」
「肺」は、呼吸をつかさどり全身に気を巡らせ、水分代謝に関わりがあります。「肺」が弱まると風邪、花粉症、喘息など呼吸器疾患を起こしやすくなります。

▼「腎」
「腎」は、泌尿器系や生殖活動をつかさどり水分代謝の調整をします。また、身体の発育や老化に関係しており、性機能をコントロールします。「腎」は生命活動の源なので弱まると老化、白髪、脱毛、不妊、聴力や足腰の衰え、頻尿、精力減退などの症状があらわれやすくなります。

7年ごとに体質が変わる女性のカラダ

Getty logo

漢方では、女性は7年ごとに体質が変わると考えられています。
それは「腎精」である生命エネルギーが変化して起こる自然現象です。女性の生命エネルギーは21歳でピークを迎え35歳を境に老化現象が始まり、そこからは下り坂を辿ります。

この下り坂の曲線を少しでも緩やかにしたいと思いませんか?

女性の一生は、初潮を迎え閉経まで「血」との繋がりが深いのです。全身に栄養と潤いを与える「血」の量と流れを整えることで女性力を高める働きに大きな差が生まれてきます。

また、生命エネルギーと直接関係の深い「腎」は、残念ながら増えることはありません。年齢と共に減少していくものなので、大人の女性は意識的に「血」と「腎」を補う必要があります。

「血」を巡らせ「腎」を充実させることで女性ホルモンのバランスが整い、「女性力」である女性ホルモンが活性化されると婦人科系の不調も改善され、カラダの下り坂曲線も緩やかになります。

いつまでも美しく健康なカラダを手に入れる

Getty logo

「女性力」を高め、いつまでも若々しいカラダを作りたいですよね?

漢方では、バランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという「医食同源」の考え方があります。

そして、ストレスは「腎」の働きにも影響を及ぼし老化のスピードを早めますので、ストレスを溜めない生活と心の充実も大人の女性には必要です。

心とカラダが満ちて充実していることが、いつまでも輝き続けられる鍵。
そのために、先ずは自分のカラダと向き合うことから始めましょう。

次回は、「体質チェック」でわかる自分のカラダと食についてお伝えしたいと思います!


漢方美髪®コンサルタント 齊藤安代



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

漢方美髪®コンサルタント・PRブランドプロデューサー/10年先も輝き続ける女性のために漢方の分野から養生の知恵を発信。

関連する投稿


気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

体や心に変化を感じはじめる女性が増えるのが40歳前後。急激に女性ホルモンの分泌が減少することと大きく関係しています。肌もハリや弾力がなくなってきたり、疲れやすくなったり、ちょっとしたことでイライラするなどの症状がでてくる女性が多いです。そんな時期と上手に向き合っていくために、意識して摂りたい栄養素についてご紹介します。


女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

今回は女性ホルモンと髪の関係についてお伝えします。女性は年齢、妊娠、出産、月経などによって女性ホルモンが増減し髪にも変化が見られます。そこで!女性ホルモンを味方にして、いつまでも艶やかで美しい髪を手に入れましょう。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google