症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう! | 大人のワタシを楽しむメディア
症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう!

症状別 便秘薬の選び方 ちゃんと「最適」を選ぼう!

薬局に行けば、便秘薬のコーナーにはいろいろな薬がズラリ! ついついCMで目につくものを手に取ってしまいがちだけど、じつは便秘薬にも「得意分野」があるんです。今回は、便秘の症状に合わせた「便秘薬の選び方」を伝授します♪


便秘薬は、大きく分けると「刺激性」と「機械性」の2種類

Getty logo

便秘薬の種類は、大きく分けると2種類。腸の粘膜を刺激する「刺激性下剤」と、水分を含むことで膨張させたり、便をやわらかくして排泄を促す「機械性下剤」に分かれます。

その中でも成分や特徴によって「アントラキノン系」「ジフェニルメタン系」「膨張性」…とさらに分類され、便秘のタイプによって効き目があるものも変わってくるのです。

まずは便の状態からあなたの便秘タイプを知って、ぴったりの便秘薬を選びましょう!

おなじみ「ピンクの小粒」はジフェニルメタン系。腸の動きが弱い人に◎

運動不足などの原因で筋力が低下し、腸管の動きが弱くなった人に多い「弛緩性便秘」には、「刺激性下剤」のジフェニルメタン系か、「機械性下剤」の塩類下剤がおすすめです。

ジフェニルメタン系で有名なのは、ピンクの小粒コーラック。CMでもなじみ深く、「下剤といったらコレ」というイメージが強い人も多いのではないでしょうか。

慢性便秘にもしっかりと効くビサコジルという成分が配合されており、5層のコーティングで腸まで届いてから溶けるため、頑固な便秘の人におすすめ。

ただし、腸の動きが鈍くなっているわけではない「直腸型便秘」の人や、ストレスによる「けいれん性便秘」の人には効果が強すぎることがあるので、あまりおすすめできません。自分の便秘タイプをしっかり見極めてから使いましょう。

我慢しすぎの「直腸型便秘」なら、まずは膨張性下剤で様子見を!

腸の動きが悪くなっているわけではないのに、忙しすぎて我慢するクセが付いているため、便意に鈍くなってしまうことで起こるのが「直腸型便秘」。

トイレは遠いけど、ガスはよく出る。便が出た時は、大きなもったりとした塊が出る…という人はこのタイプかも。

せっかく腸が自力で動いているのだから、刺激性下剤を使うことはありません。食物繊維が水分を含むことで膨張し、便を外へ押し出す「膨張性下剤」をお試しください。

そしてこのタイプで有名な下剤が「新ウィズワン」。食物繊維と生薬のW使いで、痛みが少なく、“お腹にやさしいのにどっさり出る”がウリです。

頑固な便秘、だけどクセにしたくないなら生薬100%のアントラキノン系

「刺激性下剤」の中でも、センナやダイオウなどの生薬を使って腸を刺激するのがアントラキノン系。
特にセンナは、含まれる成分「センノシド」が腸まで届くと、腸内細菌によって「レインアンスロン」という成分に変化し、ここで初めて内壁を刺激するという、天然の緩下剤として古来から親しまれてきました。

多少の個人差はあるものの、基本的には即効性がありながらクセになりにくいから、「だんだん効かなくなってきた」ということもあまりありません。

代表的な便秘薬はセンナ100%のティータイプと、センナ+ビサコジルでさらに効き目をアップさせた錠剤タイプがある「ベクニス」。

WOMeのお母さん世代に愛用者が多いロングヒット商品ですが、最近は飲みやすいティータイプが若い女性にも指示されています。

ストレスから来る「けいれん性便秘」の人は便秘薬の前に運動から!

Getty logo

最後に、ストレスや自律神経の乱れによって起こる「けいれん性便秘」の人へアドバイス。このタイプの便秘の人は、うさぎの糞のようなコロコロした便と、下痢を繰り返す人が多いようです。

腸の動きが異常になることで起こるので、無理に便秘薬で刺激を与える前に、運動したり、規則正しい生活を心がけたりして、自律神経を整えるよう意識してみて。

それでもどうしても辛くて「すぐ出したい!」という時は、膨張性下剤を使うか、医師に相談を。

どのタイプの便秘の人も、便秘薬はあくまで「きっかけ」。自分の便秘に合った薬からはじめて、自然なお通じを目指しましょう。


取材協力:近江兄弟社

【関連記事】ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

https://wome.jp/articles/518

女性の多くが悩まされているであろう便秘。長引くとお腹がぽっこり張るうえに、酷い時には頭痛や肩凝り、肌荒れなどを伴うことも…。運動量が減ったり、仕事の第一線でバリバリ活躍したりというライフスタイルになりやすいアラフォー女性は、じつは便秘になりやすいのです。そのメカニズムと対処法を知って、スッキリライフを目指しましょう♪

【関連記事】便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

https://wome.jp/articles/517

「センナ」といえば、便秘に効くハーブとして有名。「センナ茶」など、名前くらいは聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか。でも、センナって、どんな植物なの? なぜ便秘に効くの? その歴史と効能を紐解いてみましょう。

【関連記事】高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

https://wome.jp/articles/548/

飲んだ翌日にはするする便が出てくるのに、痛みが少なく、クセになりにくい。そんな便秘薬が…ありました! WOMe世代よりさらに目が肥えていて、効果・品質・使い心地にこだわる年配女性が手放さない便秘薬「ベクニス」。その魅力と効果のワケをメーカー直撃で徹底解剖します。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

WOMe編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


”腸は第一の脳” なぜ腸内環境を整える必要があるの?【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯3】

”腸は第一の脳” なぜ腸内環境を整える必要があるの?【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯3】

こんにちは!プロフェッショナル・ファスティングマイスター、藤井愛菜です。 前回は、実際にファスティングを行うときの過ごし方やドリンクの注意点について簡単にお伝えしました。今日は美しくなりたい女性の天敵、「便秘」についてお話させていただきます。


高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

高品質ハーブがやさしくスッキリ便を押し出す! ベクニスで便秘解消

飲んだ翌日にはするする便が出てくるのに、痛みが少なく、クセになりにくい。そんな便秘薬が…ありました! WOMe世代よりさらに目が肥えていて、効果・品質・使い心地にこだわる年配女性が手放さない便秘薬「ベクニス」。その魅力と効果のワケをメーカー直撃で徹底解剖します。


便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

便秘に即効!ヨーロッパで古来から愛飲されている「センナ」って?

「センナ」といえば、便秘に効くハーブとして有名。「センナ茶」など、名前くらいは聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか。でも、センナって、どんな植物なの? なぜ便秘に効くの? その歴史と効能を紐解いてみましょう。


ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

ぽっこりお腹や肌荒れに直結!にっくき「便秘」の原因と対処法は?

女性の多くが悩まされているであろう便秘。長引くとお腹がぽっこり張るうえに、酷い時には頭痛や肩凝り、肌荒れなどを伴うことも…。運動量が減ったり、仕事の第一線でバリバリ活躍したりというライフスタイルになりやすいアラフォー女性は、じつは便秘になりやすいのです。そのメカニズムと対処法を知って、スッキリライフを目指しましょう♪


人気のレシピアプリ「デリッシュキッチン」と「クラシル」をアラフォー目線で比較してみた

人気のレシピアプリ「デリッシュキッチン」と「クラシル」をアラフォー目線で比較してみた

レシピアプリがたくさんでてきている今日この頃、自分にぴったりのアプリはどれ?って気になりますよね。人それぞれ大切にしたいポイントや好きな料理のタイプなど違うので、一概にどれが一番!とは言えません。そこで、レシピアプリのなかでも大人気のデリッシュキッチンとクラシルのふたつを徹底比較してみました!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google