カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ | 大人のワタシを楽しむメディア
カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

カロリーが気になるなら 低カロリーの白ワインがおすすめ

気の置けない仲間と一緒にワインを楽しみたい!でもカロリーが気になりますよね。そんな時におすすめなのが、「白ワイン」です。白ワインのカロリーや魅力、おすすめの品種を教えます。


「ワインをたしなむ人」はなんと9割越え!

日本人にとってワインが「遠い国のお酒」「身近でない飲み物」であったのはもう遠い昔の話です。

東京国税庁がとったアンケート(平成19年~平成20年にかけて実施。回答総数は171件)によれば、ワインの消費量はお酒全体の消費量と比べると2.6パーセントにおさまってはいるものの、「まったく飲まない」と答えた人の割合はわずか2.3パーセントにおさまっていました。特に40代の場合は、「まったく飲まない」と答えた人は、なんと驚きの0パーセント!ちなみに、「毎日飲んでいる」と答えた人の割合は17.6パーセントとなっています。

もちろんこれは、「そもそもワインが好きな人が回答しているからこのような結果になる」という可能性は否定しきれません。しかしそれを割り引いて考えても、40代にとってワインは非常に身近なものであり、「飲めるようになっておきたいお酒」のうちの一つだと考えられるのではないでしょうか。

カロリー面から考えても白ワインは優秀

では、「どんなワインを飲むか」について考えていきましょう。

もちろんワインは自分好みのものを選ぶのが一番です。ただ、「カロリー」ということを考えた場合、白ワインをチョイスする方がよいかもしれません。

白ワインのカロリーは100mlあたり73キロカロリーです。しかしロゼワインになると77キロカロリー、シャンパンは100キロカリー程度です。甘い飲み口で人気の高いデザートワインは、100キロカロリーを軽く超えてしまいます。

飲み方や商品にもよりますが、ダイエットをしている人は白ワインか赤ワインかのどちらかを選んだ方がよいでしょう。なお、味わい的には白ワインの方が女性に向くと思われます。すっきりしていて飲みやすく、渋みが少ないからです。

女性におすすめのブドウ品種

切れ味のよい味わいで知られているのが、「ソーヴィニヨン・ブラン」です。新鮮な味わいが楽しめるうえ、クセがありません。特に、あまり熟成を経ていないものが飲みやすいでしょう。ニュージーランドの白ワインも飲みやすく仕上がっていることが多いようです。

セミヨンは味わいが甘く、辛口のワインに飲みにくさを感じる人向けです。「デザートワインはカロリーが高くて不安だけど、甘いワインが飲みたい」という人は、これを使ったワインを選んでください。セミヨンを使ったデザートワインも開発されていますが、一般的な白ワインも多数打ち出されています。

多くの人が耳にする「シャルドネ」ですが、実はこれはとても難しいブドウでもあります。シャルドネは、甘い味から辛めの味まで出すことができ、香りもなかなか一概に「こういう香りだ」と言い切ることができないものなのです。飲みやすいものも多いのですが、難易度が高いかもしれません。

女性におすすめの白ワインまとめ

40代の多くが愛飲しているワイン。そのなかでも、白ワインはその渋みのなさやカロリーの低さから、女性におすすめのものです。女子会などにぜひ取り入れたいお酒のうちの1つです。

女性におすすめの白ワインの品種はいくつかあります。
まず、飲みやすさと切れ味の鋭さがうれしいソーヴィニヨン・ブラン。
甘味が強いのにカロリーが低いセミヨン。デザートワインでないものを選べば、甘い味わいと低カロリーを両立させることができます。
シャルドネは非常に有名な品種ですが、幅が広いため、逆に選ぶのが難しくなっているという側面もあります。信頼できるソムリエがいるところならば、これをチョイスしてもよいでしょう。

ワインはブドウの品種で味わいが大きく異なりますから、慎重に選びたいですね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


白ワイン カロリー ワイン

関連する投稿


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

和包丁・洋包丁・三徳包丁… 意外と知らない包丁の種類と使い分け

料理をするとき欠かせないのが、そう、包丁。「そんなこといっても、三徳包丁1本あれば十分でしょ?」という方がほとんどかと思いますが、包丁の世界は実に魅惑的! 包丁の種類を知って、用途に合った使い分けをすると、効率よく、美しく調理できるようになります。包丁を知ることで、あなたの料理もワンランクアップ!


上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

上野「遊食家 Boo」キャラクター“ウアモウ”に心癒されながら飲める洋風居酒屋【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #3】

中沢文子の女・酒場巡礼第3回は、上野・遊食家 Boo。「食べて飲んで遊べる楽しい家」をコンセプトにバール×居酒屋を組み合わせた「遊食家 Boo」キャラクターのウアモウちゃんがお出迎え。雰囲気よし! 味よし! コスパよし! で、女性ひとりでも心置きなく楽しむことができます。


【下ごしらえでこんなに違う!】健康&ダイエットに役立つ料理のひと手間

【下ごしらえでこんなに違う!】健康&ダイエットに役立つ料理のひと手間

人は、食べなければ生きていけません。あなたの身体はあなたが食べたものからつくられている。だからこそ日々の食事で、自分の健康状態やライフスタイルに合わせた食材や調理法を選ぶことが大切。同じ食材といえど、目的や用途によって最適な調理法は変わります。今回は、健康やダイエットに役立つ下ごしらえのコツについてご紹介します!


欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

欧米で大注目の暮らし方 “Hygge(ヒュッゲ)”なライフスタイルとは?

”Hygge” この言葉を見たことがありますか? 欧米では数年前から流行りはじめ一気に普及した、あるライフスタイルを指す言葉です。 デンマーク語で、広くは「心地よい生活」といった意味の”Hygge”(ヒュゲ、ヒュッゲ)。いまこの”Hygge”が日本でも注目を集め始めています。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google