月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう 【満月・新月・下弦、上弦の月】 | 大人のワタシを楽しむメディア
月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう 【満月・新月・下弦、上弦の月】

月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう 【満月・新月・下弦、上弦の月】

昔から、月と女性には特別な関係があるとされていました。月の満ち欠けのサイクルが生理の周期とほぼ同じであったり、新月や満月には心と体に不調を感じる女性が多いともいわれています。なぜ女性と月は関わりが深いのか?月の満ち欠けとうまく付き合えば、今よりもっと快適に過ごせるかもしれません。


人間…特に女性に及ぼす月の影響とは?

Getty logo

月は大きく「新月」「下弦」「満月」「上弦」の4つに分けられ、これを約29.5日の周期で繰り返しています。一方女性の生理周期は平均して28日で、月の満ち欠けのサイクルとほぼ同じです。

また、昔から月の満ち欠けと人の影響については、さまざまないわれがありました。いくつかご紹介します。
・満月の夜に出産が多い
・満月の日には商談が成立しやすい
・新月や満月に躁鬱的になる
・満月の日には凶悪事件が多い


科学的な根拠はなく、単なる通説ではありますが、実際にそのようなデータもあるので一概に全く関係ないとはいえません。

そして科学的にはこれらの影響は、「月の引力」によって人体が内包する水が引っ張られることで起こるのでは、と考えられています。

”なにをすべき”で”なにをしてはいけない”か。それぞれ違う新月満月

Getty logo

新月や満月に、カラダはどんな状況にあるのか、どのようにすごしたらいいか、それぞれご紹介します。

■新月
新月には、デトックス効果が高まるといわれています。水分をたくさんとって、悪い部分を洗い出してしまうのが良いでしょう。また、新たなことを始めやすいときでもあります。身の回りをキレイにしたり、ゆっくりお風呂に入って自分と向き合ったりと、体と心を浄化させるといいでしょう。

■満月
満月の日には、取り込もうとする力が強まるといわれています。そのため、太りやすい時期でもあります。思えば満月前後についつい食べ過ぎていた…なんて人もいるのではないでしょうか。また、衝動的な行動をとりやすい時期でもあるそう。大きな決断は満月の日にするのではなく、新月あたりにするのがいいでしょう。

”上弦の月””下弦の月”に気をつけたいこと

Getty logo

満ちてゆく月「上弦」は、新月から満月へ移行する約14日間のことを指します。一方、欠けてゆく月「下弦」は満月から新月までの約14日間のことです。この期間にも過ごし方のポイントがあるのでご紹介します。

■上弦
この時期は不足している栄養素がしっかり吸収できる時期です。ビタミンをはじめ、食物繊維などもたっぷりとって、エネルギーを蓄えましょう。またやる気に満ち溢れポジティブに取り組める時でもあります。ちょっと派手かな、と思う洋服でも、この時期ならキレイに着こなせるかもしれません。新しい洋服で、積極的に人とコミュニケーションとってみるなんてチャレンジをしてもいいですね。

■下弦
カラダのメンテナンスをするのに適している時期と言われています。マッサージに行ったりエステを受けたりと、カラダのバランスを整えて気持ち良く過ごしましょう。また部屋を掃除するなど、カラダもココロもライフスタイルも不要なものは取り除いていきましょう。新たな行動を起こすより、静かに自分と向き合って内面を磨くのが良いとされています。

さらに4つをプラスして、全部で8つの時期にも分けられる

Getty logo

月のリズムは大きく「満月」「新月」「上弦」「下弦」の4つに分かれますが、さらに4つをプラスして「三日月」「鎮静の月」「種まき月」「豊穣の月」と計8つにも分けることもできます。こちらについてもご紹介します。

■三日月(クレセント・ムーン)
新月から少し光が見える三日月の時期は、新しくスタートさせた事柄の基礎をしっかりと固めていく時期とされています。足固めをしていきましょう。

■鎮静の月(バルサミック・ムーン)
新月へ向かって小さく光っている、月のサイクルの終わりの時期です。エネルギーが鎮静へと向かっていくので、ゆったりと落ち着いて過ごすのが良さそうです。また、新月のスタートに向けて準備をし始めるのもおすすめです。

■種まき月(ディセミネイティング・ムーン)
満月から3割ほど欠けた状態の時期。社会生活を送る中で得たもの還元したり、友人や親を気にかけたり、周りと協調しながら過ごすのがいいと言われています。

■豊穣の月(ギバウス・ムーン)
満月へと満ちる直前の状態。バランス感覚に優れているとされる時期ですが、欲求不満を感じる時期でもあり、待ちの状態であるともされています。

月とともに充実させるライフスタイル

Getty logo

月は地球が誕生した時からずーっと地球を照らし続け、人間を見守ってきてくれた存在です。昔から日本人は月を大切な存在としてあがめ、月を題材にした物語や俳句を多く作ってきました。

月夜命(ツクヨミ)という神様もいるほどです。そして古来、農耕民族は月を見て、自然のサイクルを感じ農作物を育てていました。

今でも、古来の農法を踏襲し、月の満ち欠けを大切に自然にそった方法で作物を育てている農家の方もいらっしゃいます。人間にとって月はとても大切なものです。

ふっと夜空を見上げたときにキレイなお月様が輝いていると、それだけで幸せな気持ちになりますよね。

そんな日本人とかかわりの深い月のサイクルを感じながら心と体をコントロールしてみると、より豊かな生活が送れるかもしれません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


生理

関連する投稿


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

快適なナプキンやタンポン、月経カップに月経ディスク、快適なショーツ、と生理用品はどんどん進化を遂げています。“生理を快適に”といいますが、これからは生理自体がなくなる世の中が来るかもしれないと歴史社会学者 田中ひかるさんは言います。インタビュー最終回です。


生理バッチが賛否 年代によって生理に関する価値観が違う!? 歴史社会学者田中ひかるさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

生理バッチが賛否 年代によって生理に関する価値観が違う!? 歴史社会学者田中ひかるさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

生理痛や、内膜症などの婦人科系疾患、ナプキンの通気性の悪さによるニオイ問題など、生理にまつわる様々な悩みを抱えている女性は多い。また、そういった悩みは恥ずかしくて人に言えない、という話もよく聞きます。しかしその感覚はどうやら“年代”によって違うようです。歴史社会学者 田中ひかるさんに生理についてお話を伺ったインタビュー第二回目です。


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


閉経はオンナが終わる? いいえ、新たな“セクシャルステージ”到来と捉えるべし!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#19】

閉経はオンナが終わる? いいえ、新たな“セクシャルステージ”到来と捉えるべし!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#19】

40代に入り、更年期の症状が徐々に表れ生理も不順になってくると「ああ、オンナとして終わっていくのね…」と感じる人もいるでしょう。ですが!決してそうではないと夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生はおっしゃいます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google