あなたを“最高”の眠りへいざなう寝室の作り方 5選【睡眠できれいになるコツ #3】 | 大人のワタシを楽しむメディア
あなたを“最高”の眠りへいざなう寝室の作り方 5選【睡眠できれいになるコツ #3】

あなたを“最高”の眠りへいざなう寝室の作り方 5選【睡眠できれいになるコツ #3】

あなたは心から睡眠に集中できる寝室環境を作れていますか?同じ時間寝ていても、集中してグッスリ眠れているかどうかで日々の健康や美容に影響します。きちんと良質な睡眠がとれて、しっかり身体をリセットできるかどうかは寝室環境にかなり左右されます。「寝ているはずなのに寝たりない」という人は寝室を見直してみるといいかもしれません。


1.オススメしたい空気清浄機の選び方&使い方

Getty logo

質の良い眠りに集中するために大切なことは、まず第一に寝室の空気を綺麗にする事です。日本人の約半数が何かしらのアレルギーに罹患していると言われますが、特に寝室は換気が充分に行えていないことが多くアレルギーの原因物質が滞在しがちです。

そしてたとえ症状がなくてもホコリ・カビ・ダニが空気中に蔓延しているかもしれない空間では心から集中して眠る事はできません。空気をきれいに保つ事で睡眠に集中ができるようになるので、寝室には空気清浄機を置くようにするといいでしょう。

空気清浄機は、AHAM(米国家電製品協会)認証マークが付いているものをオススメします。家電量販店などで手に入るので探してみてくださいね。

2.就寝前に目から入ってくる光に要注意

Getty logo

眠気を誘う睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」の分泌のスイッチは、明るいままだと入りにくいと言われています。メラトニンは朝、しっかり太陽を浴びると15〜16時間後に分泌が始まります。

しかし、夜間に目から強い光の刺激が入ると分泌は抑制されてしまいます。メラトニンの分泌を邪魔しない明るさは100〜150ルクスと言われています。一般的な家庭のリビングは300ルクスです。

そこで、寝る1〜2時間前には間接照明に切り替えると自然に眠気をもよおし、深い睡眠に導く事ができます。ただし、部屋の電気を暗くしても、スマホやPCを長時間見ていてはダメ。特にゲームや映像などで動くものを目で追うと脳が目覚めてしまうので睡眠前は注意はやめておいたほうがいいでしょう。

3.ルームウェアと寝間着はまったく別物

Getty logo

最近はデザイン性の高い、可愛いルームウェアが多く販売されていますがルームウェアと寝間着はまったく役割が違うので、ルームウェアのまま寝る事はオススメしません。寝る前に、パジャマなどの寝間着に着替える事をオススメします。

睡眠中は汗をかくことによる体温の変動もあるので、パジャマなどの寝間着には通気性・保温性・発散性が高く、柔らかいものを選ぶと良いでしょう。また、生地が厚いルームウェアのまま寝ると、寝返りの時に体に負担がかかり、腰痛や骨格の歪みの原因になる場合もあります。薄手の生地で締め付けがなく、適度にゆとりのあるものを選ぶと良いでしょう。

4.体に合った寝具でひとりでのびのびと

Getty logo

朝目覚めたときに肩や腰が痛かったり、睡眠中に寝返りが打ちにくかったり、など、身体に合っていない寝具を使っていると、血液の循環が悪くなり眠りも浅くなります。

そこでオススメしたいのが、百貨店などの寝具コーナー。お願いすると自分の骨格や体重、背面などを測定してくれ体の凹凸に合った寝具を選んでくれます。

また、ウィーン大学の研究によると、パートナーや家族と2人でダブルベッドに寝る習慣のある人は、別々のベッドで寝る習慣のある人よりも眠りが浅くなるとされています。これは寝返りが打てない等による影響で、特に男性にストレスホルモンの増加が見られたそうです。

睡眠力を高める観点から考えるとダブルベッドではなく、シングルベッドを2つ並べた方が寝室環境としては良いと言えるでしょう。

5.知っておきたい就寝前のOK&NGな飲み物

Getty logo

睡眠中はコップ1杯程度の汗をかいていると言われています。そして睡眠時の水分不足は、リンパや血液の流れを滞らせてしまう可能性があるので美容に悪いだけでなく、喉が渇いて目を覚ましてしまうことなども考えられます。寝る前の水分補給は眠りに集中するためにとても大切なのです。

そしてここで重要なことは“どのように水分を補給するか”です。もっとも良くないと言われているのがアルコールです。確かに寝つきは早くなりますがアルコールを分解する際に、目を覚ましてしまう働きをする物質「アセトアルデヒド」が発生するので眠りが浅くなります。

また、コーヒーなどに含まれる「カフェイン」は寝つきを悪くするだけでなく、夜中にトイレに行きたくなりやすくなるので「カフェイン」を分解する時間から逆算して、寝る4時間前以降は避けたほうがいいでしょう。

睡眠前の飲料としてオススメしたいのは、添加物が除去された常温の浄水。また、テアニンの入ったドリンクは、睡眠促進に役立ってくれます。

具体的にはお茶類。そのなかでもノンカフェインの麦茶やハーブティがいいでしょう。リラックス効果のあるカモミールや、香りが精神を安定させてくれると言われているラベンダーなどが手に入れやすくオススメです。

またお酢の入ったドリンクは睡眠中の回復を促進してくれるので「少し疲れたな」なんて日は飲んでみてくださいね。


睡眠栄養アドバイザー® 山口 真由子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

睡眠栄養アドバイザー®/忙しい人でも実践できる独自の睡眠改善ノウハウ、睡眠の大切さ、奥深さについて書いていきます。

関連する投稿


酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

数年前にブームとなった酸素カプセル。アスリートなどが疲労回復のために利用するイメージがありますが、実は今、美にこだわる女性たちの間で人気再燃中なのだそう。しかも、酸素カプセルの進化形といわれる酸素ルームも登場。セルフメンテに加えたくなるイマドキ酸素カプセル事情を紹介します。※記載された効果効能には個人差があります


【エモまと】穏やかな気分で眠りにつきたい…そんな日に読む記事です

【エモまと】穏やかな気分で眠りにつきたい…そんな日に読む記事です

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】なんだか眠れない夜に…

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


沢尻エリカさんのような美しすぎる寝顔に? バリアリペア「スリーピングパック」8月28日(月)発売

沢尻エリカさんのような美しすぎる寝顔に? バリアリペア「スリーピングパック」8月28日(月)発売

仕事や恋愛、家事に育児…慢性的な睡眠不足に陥りがちな多忙な現代女性にピッタリなスキンケアブランド“バリアリペア”より、睡眠時間を有効活用できる夜用パック「バリアリペア スリーピングパック」が新発売。


着るものを変えるだけで質が向上? 快眠のためにパジャマを選ぼう

着るものを変えるだけで質が向上? 快眠のためにパジャマを選ぼう

食事や運動、照明など、質の良い睡眠を得るためにできることはたくさんありますが、実は何を着て眠るかもとても大切だってご存知でしたか? 寝つきの良さや熟睡度をはじめ、快眠できる好ポイントがたくさんのパジャマ。部屋着=寝間着の生活からこの機会に脱出してみては?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

実践! 骨盤底筋トレーニング! 骨盤底筋トレーナー岡橋優子さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

骨盤底筋の大切さ、役割について骨盤底筋トレーナーの岡橋優子さんにお話をうかがった第三回目は実際に骨盤底筋を鍛える方法についてです。簡単にいつでもできるので、ぜひ実践してください。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google