テーブルウェア・フェスティバル2017で憧れの黒柳徹子さんに会ってきました! | 大人のワタシを楽しむメディア
テーブルウェア・フェスティバル2017で憧れの黒柳徹子さんに会ってきました!

テーブルウェア・フェスティバル2017で憧れの黒柳徹子さんに会ってきました!

大好きな黒柳徹子さんが「テーブルウェア・フェスティバル2017~暮らしを彩る器展~」でトークショーを開催すると聞いて、いてもたってもいられず朝10時に東京ドームに並んで整理券をゲットしてお話を聞いてきましたー!


大好きな徹子さん…今日も元気で面白い!

黒柳徹子さんとビーズ刺繍デザイナーであり、文化学園大学特任教授の田川啓二さんが、”テーブルウェア・フェスティバル2017”でトークショーを開催するのは今年で3年目。毎回おふたりはテーブルコーディネートを披露されていて、去年までは田川さんのトークショーのお相手はシークレットゲストとして内緒にされていたそうなのですが、今回は告知されていたので、知ることができました。ありがたや涙。

お話は、今回コラボレーションしたテーブルコーディネートについて…から始まったのですが、そこはやっぱり黒柳徹子さん!どんどんいろんな方向へお話が拡大していきます。今まで知らなかった、徹子さんのお母様方のおじい様のお話しや、徹子さんのお母さんと田川さんとの関係、田川さんと徹子さんとのプライベートタイ旅行での珍道中…。田川さんとの掛け合いがまた素晴らしく、おふたりのこの関係のなかで、あんなに素晴らしいコーディネートが生まれたんだなあと納得!

せっかくの最後の撮影タイムだったのに興奮しすぎてブレブレです…涙

今回のテーマはフラワー!

おふたりがコラボレーションしたテーブルコーディネートのテーマは”フラワー”! 会場のなかでも一段と華やかでゴージャス! 使用されている器やタペストリー、飾られているドレスなどはすべておふたりの私物だそう。そのひとつひとつの素晴らしさにもう時間がどれだけあっても足りない…ずーっとその場にいたいーー! 見ていたいーー!!

ネタバレなので書きませんが、お家にお客様をご招待したという体のコーディネートなので、ネームカードが書かれています。その名前にぜひ注目してみてください! 海外ドラマファンなら思わず「おおっ!」と声をあげてしまうかもしれません。

トークショーのなかで黒柳徹子さんがそのドラマに関する貴重なエピソードも披露され、ドラマを見ていなかった私は、もう絶対みなくちゃー! と、勝手に興奮しております笑

徹子さんのオリジナルグッズをゲット♡

会場ではこのフェスティバルに合わせてつくられた、徹子さんのオリジナルグッズが販売されていました。それがもうどれも可愛いー!

私は徹子さんのシルエットに徹子さんが大好きなパンダが踊っているブローチを購入しました。徹子さんが”魔除け”と自らおっしゃっていた、明石家さんまさんにもプレゼントしたという徹子さんの似顔絵が描かれたブローチも販売されていました。これはちょっと先の自分へのご褒美として、とっておこうと思います♪

テーブルウェア・フェスティバル2017は2月6日(月)まで

”テーブルウェア・フェスティバル2017”は2017年2月6日(月)まで開催しています。そしてなんと黒柳徹子さんと田川啓二さんのトークショーは4日(土)も行われます! 

ノーベル賞の晩餐会のセッティングが再現されたものや、原田知世さんがテーブルコーディネートしたものなど、とにかく見どころが満載です。バイオリニストの宮本笑理さんの演奏や料理研究家のコウケンテツさんのトークショーなどイベントも連日行われているので、ぜひ、みなさま足を運んでみてくださいね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


【うつわブーム】今すぐほしい!いつもの食事がサマになる「柄」和食器

【うつわブーム】今すぐほしい!いつもの食事がサマになる「柄」和食器

食事は美と健康の基本。そんな毎日の食事を彩る「うつわ」。中でも雑誌やインスタグラム、まとめサイトなどで大注目の「和食器」。伝統的なものから、モダンなものまで、今すぐ手に入れたい、おしゃれな柄のうつわを紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


黒柳徹子さんとブルゾンちえみさん特別対談!ヴォーグが終わらない「青春」を総力取材☆

黒柳徹子さんとブルゾンちえみさん特別対談!ヴォーグが終わらない「青春」を総力取材☆

8月28日(火)発売のヴォーグジャパン10月号で黒柳徹子さんとブルゾンちえみさんの特別対談が実現!特集は終わらない「青春」で、なんとカバーガールは我らが青春、安室奈美恵さん!これはもう読むしかないですね。


アッツ~イ夏! ガラスの器で涼を取り入れよう♪

アッツ~イ夏! ガラスの器で涼を取り入れよう♪

暑い夏! さっぱりしたものを作っても器がどっしり重めのものだったら、ちょっと暑苦しく感じますよね。ガラスの器なら夏の食卓をよりおいしく彩り、涼しげな空間を演出してくれます。そんなガラスの器を暮らしに上手に取り入れて、夏ならではの楽しみ方をしてみませんか。料理だけでなく、いろいろな活用法を紹介します。


コミュニケーションは「声」が大事!“整数次倍音”“非整数次倍音”とは?

コミュニケーションは「声」が大事!“整数次倍音”“非整数次倍音”とは?

日本人なら誰でも知っているビッグな司会者といえば、タモリさんや、黒柳徹子さん。このおふたりには隠れた共通点があって、じつは「声」が大きなポイントなのです。今回は人の声色を決定する要素=“倍音(ばいおん)”のヒミツに迫ってみたいと思います。貴女も“倍音”を上手にコントロールして、声美人、会話美人を目指してみませんか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


 ~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

数秘術では、人は1~9のサイクルを螺旋状に成長しながら上昇しているといわれています。持っている数字の要素が強く表れていたり潜在化してしまっていたり、人によって様々な表れ方をしています。今回は1〜5の数字を紐解いていきます。自分と照らし合わせながら読み進めてみると、何か気づくことがあるかもしれません。


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google