普通の人が「プロっぽく」見える方法とは?【話し方のちょっとしたコツ #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
普通の人が「プロっぽく」見える方法とは?【話し方のちょっとしたコツ #4】

普通の人が「プロっぽく」見える方法とは?【話し方のちょっとしたコツ #4】

人前で話す機会の少ない一般の方々が仕事のプレゼンテーションや学校の集まりなどで人前で話すことになったとき、緊張もしますし、伝えたいことをきちんと伝えることは難しいですよね。そこで、丸山久美子さんの連載第4回目は、普通の人が人前で話す時にプロっぽく上手に話す方法についてお届けいたします。


そもそも話のプロと素人の違いとは?

Getty logo

単刀直入に言ってしまえば、プロと素人の違いは”話すことによってお金をいただけるかどうか”です。1円でもお金をいただいた時点で、それは趣味ではなく、仕事になります。

たとえ、自分は趣味でやっていたつもりでも、お金をいただいた時点でそれは素人ではなく”プロ”として認められた証拠になります。つまり責任が生じてくるんですね。

そもそもプロか素人かの違いは自分で決めることではありません。司会をお願いしてくれるお相手が決めることなのだと思っています。

なので、プロとして認めていただけるよう、日々の努力はかかしません。そこもプロと素人との違いなのかもしれませんね。

なりたい自分を見つけて毎日意識することで理想に近づいていく

私は、プロとしてあり続けるために、参考にし、毎日映像を見ている方がいらっしゃいます。

それは「安室奈美恵さんのライブ映像」です。安室さんはライブ中にMCを一切行いません。ひたすら歌って、ひたすら踊ります。

Getty logo

そのパフォーマンスこそ、私が最も参考にしていることなのです。人前で話すとなると、ほとんどの人が「何を話そう」と内容を考えます。それを何度も考えたり、書き出して練習したりを繰り返し、本番に臨んでいると思います。ほとんどの人が、そんな風に準備をしますね。

しかし、人を魅了するレベルのプロは、そこで終わりません。もうひとつのパフォーマンスを準備します。それは、どのタイミングで自分のカラダをどのように動かすか。そして目線をどこに持っていくか。その時の表情はどうするか。

衣装や髪の毛のシルエットまで客席から自分がどう見えるのかを確かめながら、パフォーマンスを考え練習するのです。

安室さんのライブは私が理想とするパフォーマンスの集合体です。理想とするパフォーマンスを毎日観ることで、司会をしながら自分のパフォーマンスにも気を配れるようになりました。

どうしたらプロっぽく話しているように見えるの?

Getty logo

話を聞いてくださる皆さんの全体の9割は目から入ってくる情報で印象を決めています。つまり、“面白い話をする”“上手に話をする”ことを考えるより、“パフォーマンスを磨く”ことをおススメします!

昨年、東京・大阪・名古屋・仙台で開催したセミナーでアンケートを行いました。200人中9割の方が、私の話の内容ではなく、表情や身振り手振りなどの“見た目”に注目していました。

何日も前から頑張って考えた話の内容は二の次だったんですね(笑)つまり、見た目が堂々としていれば“プロっぽく話しているように見える”ということです!

みなさんから見て、「この人素敵!」「プロだなあ」と感じる人は誰でしょうか? 身近な人でも芸能人でも構いません。その人がどんなパフォーマンスをしているのか、じっくり観察してみてください。きっとあなたにも真似できる、仕草やヒントが隠されているはずですよ。

フリーMC/丸山久美子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方講師/普段の生活の中にある「コミュニケーション」を今よりちょっとだけ良くするコツやテクニックをお伝えいたします。

関連する投稿


“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

「嫌いな人」「苦手な人」の対処法 大人の上手な人付き合いのコツ

あなたには嫌いな人、苦手な人がいますか? 仕事やプライベートでどうしても関わらなきゃいけない人たちのなかにそういう人がいると辛いですよね。私が我慢しなきゃいけないのかな?このままじゃストレス溜まるいっぽう・・・大人の悩みは尽きません。そんなあなたに自分らしさはそのままに、うまく彼や彼女らと付き合う方法をお教えします!


もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

もはやカテゴリ化? 婚外恋愛・不倫がテーマの大人の小説 5選

「不倫は文化」という石田純一の名言がありましたが、ここ数年は「不倫」「婚外恋愛」がある種カテゴリ化されている風潮があります。映画やドラマ、小説などのフィクションならいいですが、現実となると失うものが大きいですよね…。そこで、いろいろな立場、視点から不倫の疑似体験ができる小説を5つ紹介。果たして不倫の恋の結末は…。


子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

子どもの教育について、夫と方針が食い違う。説明してもわかってもらえない。 子どもを大切に思う気持ちは同じです。ケンカになるのは、「どちらが正しいか」を競ってしまうから。「正解」ではなく「道」をふたりで見つけるには、何より子ども自身の幸せを考えることが大切です。 どうすれば意見を合わせることができるのでしょうか?


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


 ~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

~運命の数秘術#3~ 数字の意味を知ろう ー前編ー【大人の女のステキに生きる知恵シリーズ】

数秘術では、人は1~9のサイクルを螺旋状に成長しながら上昇しているといわれています。持っている数字の要素が強く表れていたり潜在化してしまっていたり、人によって様々な表れ方をしています。今回は1〜5の数字を紐解いていきます。自分と照らし合わせながら読み進めてみると、何か気づくことがあるかもしれません。


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google