気をつけて!危険なダイエットの落とし穴【成果の出るダイエット法 #2】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
気をつけて!危険なダイエットの落とし穴【成果の出るダイエット法 #2】

気をつけて!危険なダイエットの落とし穴【成果の出るダイエット法 #2】

ダイエットに成功した人、中々成功しない人の大きな分岐点。それは危険なダイエットをしていないかどうか? ダイエットに成功した時って、実はそんなに辛いダイエットをしていないんです。今日は私の実体験と私が出会った超危険なダイエットをしていたお客様のお話を交えてアドバイスをしていきます。


危険なダイエットの始まりは意外と”ささいな”こと

Getty logo

本日は”危険なダイエット”がテーマですが、かくいう私も危険なダイエット経験者です。ダイエットに焦り、とにかく痩せたい一心で行っていた記憶があります。

そこで、私がまずお伝えしたいことは、「早く痩せたい、無理しなきゃ痩せない」という考えを捨ててください。

危険なダイエットの始まりはとても些細なことだったりします。

好きな人ができて、その人の為にダイエットを頑張りたいな。とか、好きな服を着て出かけたいな。とか。女性なら誰しもそんな経験があるのではないかと思います。

ですが焦ってはダメです。超短期間で「これだけ食べれば痩せる」とかそういったものに目を奪われないで下さい。

体はそんなに簡単ではありません。

一定期間は継続しなければ根本からの改善は見込めません。短期間で痩せようとするから焦る。短期間しか続かない運動を選ぶ。これが危険ダイエットの始まりなのです。

其の一:食べないダイエットをしていませんか?

Getty logo

私が経験した一番酷いダイエットはまさに危険そのものでした。とにかく早く痩せたい一心で体重計の数値ばかりを気にしていました。

「食べなければ痩せる」と信じ切っていたんです。どんなダイエットだったかご紹介します。

【とにかく食べないダイエット】
食べないダイエットは当時流行っていて、カロリーメイトやサラダしか食べなかったり、夕食をずっと食べなかったりします。
その内に空腹でも飴でごまかしたりする様になり、最終的には食べたものを吐き出す。咀嚼だけして吐き出す事もしていました。食べた事への罪悪感と自己嫌悪で頭はいっぱいになっていました。
食べたら太るという考えから、食事がただただ怖い、恐怖を感じるものになりました。


ジュースを止めるとか3杯食べていたご飯を1杯にするとかそう言うのは問題はないのですが、食を断つのは本当に危険です。食べない時間が長くなることで、栄養の吸収がすこぶる良くなるので少量でも太ります。また、お腹がグーとなって8時間放っておくと、筋肉を分解してエネルギーにし始めます(糖新生といいます)。つまり筋肉をそぎ落としてしまうことになるんです。ボディラインも崩れるし、代謝全般が低下しいいことなんて何もありません。

ドカ食いした後につくのは、脂肪だけ。筋肉ではありません。つまりこのダイエットは、筋肉を削ぎ落として脂肪を増やすことを苦しみながら時間をかけて行っていると言うことなんですね。

なんの成果も上がらなければ、リバウンドするだけ。食べないダイエットは結果的に痩せないし、肌や体調を崩すだけです。あなたが本当に痩せたいのなら今すぐやめてください!

其の二:運動しすぎていませんか?

Getty logo

ダイエットと言えば運動も必須ですよね?でもみなさんダイエットの運動ってランニングとか、筋トレとか苦手でもやりたくなくても、やらなければいけないって思っていませんか?
私も当時は運動はやればやるだけ痩せると信じていました。だから突拍子もないほどの運動を1日で行ったり、絶対に無理だと思われる事ばかりにチャレンジしていました…。

【勘違いのやりすぎ運動】
過度な運動は体に負担をかける他、やりきった感で満足して継続できません。
私の場合は東海道線8駅をウォーキングするというものでした。約35㎞ほどです。ウーロン茶片手に永遠に国道1号線を歩き続ける。朝8時から17時まで歩いていました。
そしてジムに通ったら8時間滞在してプールもトレーニングもスタジオレッスンも全部やりました。そして結果痩せたのか?…続くわけもなく、膝を壊したり辛過ぎてやめてしまいました。ご飯も食べずに動くから常に立ちくらみとの戦いの日々。辛すぎました。


運動したら痩せるのか?といえば、筋肉を作るにも栄養が必要です。筋肉を作るのはタンパク質。またその補助としてビタミン、ミネラルが必要です。タンパク質が不足していると特に筋肉はつかず、それどころか上記で述べた糖新生の働きで、最後は坂も登れなくなっていました…。

ハッキリ言いましょう。こんなキツイことしなくても余裕でやせます。一時期きつい苦しい運動をしてすぐに辞めてしまうなら楽しくお散歩したり、好きな運動だけをしてください。大切なことは続けられるかどうかです。

通勤時、いつもエレベーターを使っていたのを階段に変えたり、寝る前にストレッチをしたり温浴中にマッサージをしたり。「そんなことで痩せるの!?」と、疑心暗鬼になる方もいらっしゃるかもしれませんが“そんなこと”でも毎日行えば、十分ダイエット効果はあるんです。急激な変化はありませんが、確実に少しづつ痩せていく方法です。

其の三:危険なダイエットを続けたらどうなる?

Getty logo

危険なダイエットをつづけるといったいどんな事が起こるのか?
私を含め危険なダイエットをつづけた人は共通して“心が壊れ”ます。
ダイエットに明け暮れ、好きな食べ物をすべて排除し、嫌いな辛い運動ばかり行う。徐々にダイエットは単なる恐怖に変わり、太る事を恐れ、痩せていない自分に価値を見いだせないくなります。でも、太るのが怖いからやめられない。

やがて私は食べては吐く、でも運動!摂食障害になっていました。わずか1ヶ月程で22kgリバウンド。心が折れて、立ち直れずメンタル崩壊…大量服薬をし1週間立ち上がる事も出来ませんでした。

私だけではないんです。私が大手エステサロン勤務時に出会ったTさんは出会った時に164センチ44kgでしたが38kgまで痩せたいとおっしゃられました。

ブライダルモデルしてるから痩せなきゃと。本当にやさしい方で、新人の私にできたお友達みたいな存在でした。エステでは最高のコースを選び週3回来店。下剤を服用していたのでコース中にお手洗いに頻繁にいっておりました。筋肉はなく、目も虚ろ…もちろん体重も減りませんし。内臓機能の調子も悪く口臭もしていました。とある時、1週間で7kg太ってきました!過食でした。家にあるものを全て食べ切り酒を飲み寝る日々。結局、彼女は実家に戻りました。しばらく連絡を取っていましたが、マンションから転落し記憶喪失になり、そこからは音信不通です。

極端にやればやるほど脳の働きにより体重を戻そうとします。
急激であればあるほどそれは急速です。これもリバウンドの原因ですね。
危険なダイエットの後遺症を取り去るのは何年もかかります。間違ったダイエットは命の危険すらある、という事を感じていただけましたでしょうか。

根本の改善をしたいなら危険なダイエットは絶対ヤメテ!

Getty logo

ダイエットの方法を間違えただけで起こる人生の明暗。私は痛いほど知っています。だからこそ正しい健康的なダイエットを皆さんにお伝えしたい!と思っています。

ダイエットを始めた時のことを思い出して下さい。こんな服を着たい、可愛くみられない、彼に喜んでもらいたい。その夢から目を逸らしてはいけません。早く痩せる事よりも、二度と太らない健康的な体を手に入れる事が一番大切なのです。楽しくないと思ったらその方法は間違っています。

辛い苦しいと思ったらそのダイエットは危険な証拠。あなたの人生に与えられた体はたった1つだけ!自分を大切にしてあげて下さいね。

ダイエット専門エステサロン Cinderella  代表 遠藤 優子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ダイエット専門エステサロン代表/自身の20kgダイエット経験をもとに「人生を変えるダイエット法」について発信中!

関連する投稿


食事が基本! 美肌キープとダイエットは、食べることからはじめよう【10年後のために今何を食べるべき?#4】

食事が基本! 美肌キープとダイエットは、食べることからはじめよう【10年後のために今何を食べるべき?#4】

美肌をキープしたい、ダイエットしてスリムになりたいと願う女性は多いですよね。そこで今回は、エイジングケアや美肌、ダイエットには食事が基本であるということ。そこにスーパーフードやサプリメントを上手に取り入れることが大切、ということについてお話します。


モリモリ食べても太らない!かしこい食事法【10年後のために今何を食べるべき?#1】

モリモリ食べても太らない!かしこい食事法【10年後のために今何を食べるべき?#1】

正月太りが気になる1月。ダイエットしたいと思う方も多いはず。そんな方は、同じ食事内容でも、食べる順番を工夫するだけで、太りにくいカラダを作れます。今日から、ぜひ試してみましょう。食べる量を減らすことは、栄養が偏って脂肪が燃えにくい体になることも。それよりも、しっかり食べて太りにくい体づくりを心がけましょう。


酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

酸素カプセルに期待大! 美容にリラクゼーションに賢く利用しよう

数年前にブームとなった酸素カプセル。アスリートなどが疲労回復のために利用するイメージがありますが、実は今、美にこだわる女性たちの間で人気再燃中なのだそう。しかも、酸素カプセルの進化形といわれる酸素ルームも登場。セルフメンテに加えたくなるイマドキ酸素カプセル事情を紹介します。※記載された効果効能には個人差があります


【WOMe 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

【WOMe 新春特別企画】お正月太り対策! アラフォーからのダイエット術

さあ! いよいよ明日から仕事始めという方も多いことでしょう。「今年こそは痩せる!」そんな目標を立てた方はいよいよダイエットモード突入のタイミングです。そこで、アラフォーがダイエットをするときに知っておくと得になる情報をお伝えします。


DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

遺伝子検査と聞いてどんなイメージを持つでしょうか? 知らないことが多いので、「なんだか怖そう」などと思っていませんか。実は遺伝子検査はすごく簡単お手軽で、アラフォー女性であればぜひ実施していただきたいものなんです。今回はDHC遺伝子検査キットに携わる4人女性に集まっていただいて、実際にダイエット遺伝子検査を行った感想などについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google