ナプキンはいつ膝にかける?今さら聞けないテーブルマナー(洋食編) | 大人のワタシを楽しむメディア
ナプキンはいつ膝にかける?今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)

ナプキンはいつ膝にかける?今さら聞けないテーブルマナー(洋食編)

若い頃にはあまり馴染みのなかったちょっと素敵なレストランも、年齢が上がるごとに行く機会も増えていきます。そんな時テーブルマナーをきちんと身につけていれば、堂々と美しく食べることができますし、周りの方にも「きちんとした人」という印象を与えられます。今回は、フレンチなどで必要なテーブルマナーについてご紹介します。


1)身だしなみに気をつける

Getty logo

格式の高いレストランなら、ドレスコードのあるお店はざらにあります。たとえなくても、お店の中で浮いてしまわないように、来店前にはお店の雰囲気などをしっかりチェックして、ふさわしい装いででかけましょう。

いつもより少し雰囲気のよい、金額もいいお店に行くときには以下に気をつけましょう。

・カジュアルすぎる服装は避ける
・ワンピースやパンツスーツなどが望ましい
・靴はサンダルやミュールではなく、ストッキングにパンプスを履く
・大きなバッグではなく、小ぶりなものを持つのがエレガント

2)冬場ならコートは入店前に脱いでおく

Getty logo

ビジネスマナーとしては知られたことですが、コートは入店前に脱いでおきましょう。また、帽子などをかぶっている場合にも同様です。食事中に身に着けておきたいもの以外はすべて、とり、手にもって出迎えてくれたスタッフに預けましょう。

また、入店時、男性と一緒の場合には扉を開けるのは男性の役目です。女性は男性が開けてくれた扉で最初にお店に入ります。その後、「予約をした○○です」とお店のスタッフに伝えるのは男性の役目なので、男性が入店するまで、待っていてくださいね。

3)料理とワインをオーダー

Getty logo

テーブルについたら、まずはメニューをチェックしましょう。コースでもアラカルトでも、好きな料理をオーダーします。アラカルトならウェイターに今日のおススメなどを聞いて、相談しながら決めるのも良いでしょう。

次に飲み物をオーダーします。ワインを飲む場合、フランス語やイタリア語などで書かれたリストは、詳しくない人にとってはさっぱりわからないものです。そんな時、ソムリエと相談して決めるのはけっして恥ずかしいことでありません。むしろ、オーダーした料理にベストマッチなワインを紹介するためにいるのがソムリエです。赤か白か、どんな飲み口のものがいいのか希望を伝えましょう。

また、ワインは高価なものが多くあるので、お会計の時に「こんなはずじゃ!」と驚かないように、希望価格帯をしっかり伝えてくださいね。

4)ワインのテイスティング

Getty logo

ワインをオーダーすると、テイスティングをお願いされることがあります。そんなとき、「いつかテレビで見たよな…」とズルズルズルっと音を立ててすすってはいけません。

テイスティングは、カビ臭くないか、コルク臭くないかの確認するためにあります。どんな味か確かめるためのものではありません。万が一、カビ臭かったりコルクカスが口に入ったりと、不快に感じたら取り替えてもらうことも可能ですが、ソムリエのいるレストランではそのようなことはまずないでしょう。もちろん、テイスティングは断ることもできるので、必要ないなら「お任せします。大丈夫です」と伝えましょう。

5)ワインではないものを飲みたいときは…

Getty logo

フレンチやイタリアンでは、食事に合わせる飲み物としてワインが定番で、基本的にはワインと一緒に食事を楽しみます。

しかし、アルコールが飲めない人もいますし、その場合にはソフトドリンクが用意されているのでそちらを頼めばいいのです。ビールが飲みたい場合は、メニューにあれば頼んでもまったく問題ありません。

6)ナイフとフォークの基本作法

Getty logo

ナイフとフォークは、基本的に最初にすべて並べられており、オーダー内容によって、変更され、外側から順番に使っていくことになります。

ナイフは食べ物を切るものとして、フォークは口に運ぶものとして使いましょう。たまに、ナイフに料理をのせて口に運んだり、フォークの背の方にのせる人がいますが、これはマナー違反です。

ナイフとフォークは、それぞれ刃の付け根部分に人差し指を添えて持つと使いやすいです。それぞれ柄の上の方を持って食べる人が多いですが、これだと力が入りにくくコントールもしづらく、落としやすくもなります。付け根部分を持つようにしましょう。

7)料理を最初にすべて切り分けるのはNG

Getty logo

お肉料理など、最初にナイフですべて切ってしまって、後からフォークで食べるのは、マナーとしてはあまりよろしくありません。見た目にも悪いですし、肉汁などが流れ出し、せっかくの料理の味わいが台無しになってしまうこともあります。必ず一口ずつ切って、その都度いただくようにしましょう。

また、ナイフを置いてフォークを右手に持ち替えて食べるのは、カジュアルレストランなら問題ありませんが、格式の高いレストランだとマナー違反になるので気をつけて。

8)食べ終わった後

Getty logo

食べ終わったら、ナイフとフォークを揃えてお皿に向かって右側に斜めに揃えて置きましょう。
その際、ナイフとフォークの向きは、ヨーロッパ式、アメリカ式によって異なります。

【ヨーロッパ式】
ナイフは刃を内側に向け、フォークは背を上にして揃えます。

【アメリカ式】
ナイフは刃を内側に向け、フォークは背を下にして揃えます。

カジュアルレストランだとナイフレストがある場合があります。これはカジュアルレストランではお肉料理や魚料理ごとにカトラリーを変えずにすべて同じものを使用するので、食べ終わったらナイフとフォークはお皿の上に斜めに置くのではなく、都度ナイフレストに置くことになります。

9)パンくずが気になる…

Getty logo

パンを食べるときは、バター皿からひとつずつ自分のお皿にバターを取り、バターナイフで塗っていただきましょう。その際、どうしてもパンくずがポロポロと出てしまうのが気になります。

このパンくず、出さずに食べるのは困難なので、テーブルの上に落としてしまって問題ありません。その際出したパンくずを手で集めて床に落とすなどはNG。こぼれたままにしておきましょう。

10)帰るときにはウェイターに合図を

高級なレストランだと、伝票を先に持ってくることはほとんどありません。食べ終わってそろそろ帰るタイミングで、ウェイターに手を上げて合図し、「お会計をお願いします」と言って伝票を持ってきてもらいましょう。お会計は、テーブルで終わらせられるところが多いです。

マナーを守って優雅に食事を楽しもう!

Getty logo

若い頃よりもお金に余裕ができますし、接待などで素敵なレストランに行く機会も増えるのがアラフォー世代。そんなときマナーがしっかりしていれば、大人の女性として周囲に認められますし、なにより自分自身堂々とふるまえますよね。

女子会などでちょっといいレストラン予約する際には、いつもより声のトーンを抑え目にしましょう。ついつい、いつものノリで大きな声で話をしてしまって、周りから白い目で見られることなっては後味も悪くなります。大人の女性としてのふるまいをいつでもできるようにしておきたいものですね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

ストレスが溜まっているのか愚痴ばっかり言っている人、いますよね。そういう自分自身もしらずしらず愚痴を言っている時がある…。永遠、愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないですよね。そんな愚痴ばかり言う人の対処法を国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきます。


“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

言いづらいことを伝えるのは勇気がいりますし、嫌われたどうしよう…と心配になりますよね。逆に「嫌われてもいい、どう思われてもいい」と無作法に相手に言葉を投げかけることも決していいことではありません。大人の女性はだからこそ、心のマナーをもって、人とコミュニケーションを持つことを大切にしたいですね。


上手な「断り方」を知ってもっと生きやすく!【“心のマナー”メソッド#03】

上手な「断り方」を知ってもっと生きやすく!【“心のマナー”メソッド#03】

断るのが苦手、という人は多いのではないでしょうか?それが、会社の上司やママ友だったりしたら余計ですよね。そんな時、“断りの作法”を知れば、もっと楽に断れるようになるかもしれません。そこで、国際基準マナー講師 大網理紗さんに教えていただきます。


大人として “心のマナー” を持って生きませんか?【“心のマナー”メソッド#01】

大人として “心のマナー” を持って生きませんか?【“心のマナー”メソッド#01】

“心のマナー”という言葉を聞いたことがあるでしょうか? マナーというと外見や立ち居振る舞いを想像しがちですが、40代の大人の女性であれば“心のマナー”も大切にしたいものです。それでは、具体的に“心のマナー”とはどういうものなのか、国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきましょう。


【エモまと】キュンキュンしたい人♡全員集合!

【エモまと】キュンキュンしたい人♡全員集合!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランス映画『人生、ただいま修行中』この秋、心温まるドキュメンタリーを【沁みる映画 #09】

フランスのドキュメンタリー作家『ぼくの好きな先生』二コラ・フィリベール監督最新作。今回は看護師の卵たちの日々が描かれます。多様性という言葉が広く言われるようになる前から、多様で多層な存在や価値観があることを優しい眼差しでありのままに撮り続けてきた二コラ監督。今回もまたありったけの優しさが看護師の卵たちに注がれます。


ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

ピルスナー・ピールエール・IPA… “クラフトビール”の世界を学んで楽しく飲もう♪

全国で続々と醸造所がオープンし、空前のブームになっている「クラフトビール」。しかし実際には、通常のビールとなにがどう違うのか、よく分からない人が多いはず。そこでクラフトビールの基本を学び、その世界を思いっきり楽しみましょう!


何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

何ものにも囚われず、“自分軸”で生きる エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおりさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

結婚、離婚、再婚、二拠点生活と人生お謳歌するエッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさん。ご自身の人生観、仕事観をお話いただいたインタビュー最終回です。


見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

見た目マイナス3歳 若見えするとっておき4つの方法

年齢を重ねるのは抗えずとも、見た目年齢は少しでも若く見せたい! 「マイナス〇歳」「アラフォーに見えない」など、巷にあふれるキャッチコピーにもついつい目が行きますよね。見た目年齢マイナス10歳ではハードルが高いけれど、マイナス3歳ならチャレンジできる!4つのポイントを押さえるだけで「ちょっと若返った?」がかなうんです!


無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

無関心・セックスレス・不倫… 仮面夫婦の実態とは【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#8】

相手への愛情が冷え切っていても、見せかけの関係を続ける「仮面夫婦」。相手が何をしていようと関心がありませんが、浮気や不倫なども黙認、または公認になっている家庭もあります。そんな仮面夫婦の実態とはどんなものなのでしょうか。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google