自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】 | 大人のワタシを楽しむメディア
自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


まずは自分のカラダを知ることから始める!

Getty logo

漢方美髪®コンサルタントの齊藤安代です。

女性力を上げるために、まずは自分の体質を知ることから始めてみませんか?

「ストレスを抱えるタイプ」「疲労タイプ」「血流が悪いタイプ」「血が不足しているタイプ」「若さが足りないタイプ」など、自分はどのタイプなのか気になりますよね!

では早速、普段の自分に照らし合わせてチェックしてみてください。

【気滞(きたい)タイプ】
□イライラして怒りやすい
□不安感や憂鬱になる
□ストレスが多い環境にいる
□胸や脇腹が張る
□生理周期が不安定

【気虚(ききょ)タイプ】
□元気がなく疲れやすい
□夏バテしやすく風邪をひきやすい
□胃腸が弱く胃もたれしやすい
□下痢しやすく便意を感じにくい
□呼吸が浅く気分が落ち込みやすい

【瘀血(おけつ)タイプ】
□慢性肩こり、同じところに痛みが出る
□クマやシミやくすみやソバカスが気になる
□冷えに敏感で痛みを伴うこともある
□舌裏や歯茎が紫色っぽい
□月経痛や経血にレバー状の塊がある

【血虚(けっきょ)タイプ】
□髪や肌が乾燥して艶がなく枝毛や小じわが気になる
□爪が薄く割れやすい
□貧血気味でめまいを起こしやすい
□顔が青白く、目が疲れやすい
□月経周期が長く経血が少ない

【腎虚(じんきょ)タイプ】
□抜毛や白髪が増えた
□40代〜
□些細なことを面倒に感じる
□生理周期が極端に長かったり短かったりする
□生理日数が以前より半分に減った

「同じチェック数のものがいくつもある!」と心配しないでくださいね。体質はひとつに限定されるものではありません。複数体質を合わせ持つことはごく普通のことなので安心してくださいね。

ストレスと上手につきあい女性力を上げる 【気滞タイプ】【気虚タイプ】

Getty logo

ストレスを溜めやすく、元気が出ないことはないですか?

【気滞タイプ】気持ちを抱え込むことが多いタイプ
ストレスは気の流れを悪くしますので、香りの強い野菜やハーブなどで気を巡らせるのはオススメです。また、呼吸に集中することで心が次第に整いストレス解消に繋がります。お腹が張る時には辛い物やイモ類は控え目に。ストレスは翌日に持ち越さないようにしましょう。

【気虚タイプ】元気がなく疲れやすいタイプ
胃腸を整え気を補う食材として、山芋などのイモ類や豆類、気を充実させる鶏肉や鰻などもオススメです。また、冷たいものや刺激物は控え目に。ゆっくり歩いたり、ヨガや気功など無理のない運動を取り入れてみてください。

「血」を補い巡らせて女性力を手に入れる 【瘀血タイプ】【血虚タイプ】

Getty logo

PCやスマホの使い過ぎ、冷えや貧血気味ではないですか?

【瘀血タイプ】動くことが少なく血の流れが悪いタイプ
血の巡りを良くする食材としてタマネギや青魚やニンニクなどもオススメです。また、乳製品や動物性脂肪や冷たいものは控え目に。半身浴などでカラダを温め血行を良くしましょう。

【血虚タイプ】血が足りないタイプ
血を作る食材としてナツメやレーズンなどのドライフルーツやレバーなどがオススメです。また、刺激物や冷たいもの、生ものは控え目に。無理せず体力に合わせてウォーキングなどで筋力UPを意識してくださいね。

「腎」の充実こそ女性力を高める鍵 【腎虚タイプ】

Getty logo

足腰の衰え、抜毛や白髪が気になり始めていませんか?

【腎虚タイプ】老化によりエネルギーが足りないタイプ。
エネルギーを補う食材としてネバネバした食べものや黒い色の食材や胡桃やレーズンなどもオススメです。また、塩分や冷たいものは控え目に。下半身のエクササイズや耳を揉むのも効果的です。

Getty logo

体質は常に変化するものです。だからこそその時の自分の体質を知ることで、自分のカラダをコントロールすることができるようになります。次の季節を快適に過ごすために今の季節に応じた過ごし方をしてみる、という考え方が漢方にはあります。それが不調知らずで女性力を上げるコツになります。

ぜひ自分の体質、タイプを知って、できることから始めてみてくださいね。


漢方美髪®コンサルタント 齊藤安代



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

漢方美髪®コンサルタント・PRブランドプロデューサー/10年先も輝き続ける女性のために漢方の分野から養生の知恵を発信。

関連するキーワード


漢方

関連する投稿


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google