まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び | 大人のワタシを楽しむメディア
まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

まだ隠しますか?ほうれい線を消す40歳から始める化粧品選び

30代までは化粧で隠せたほうれい線。40代に入ってしまうと更に深く根強くなっていき、化粧だけでは隠せないほどに。ほうれい線の解消・予防のために必要なのは、顔のたるみの解消、肌の保湿力アップ、肌にハリや弾力を与える など。ほうれい線にしっかりアプローチ出来る化粧品を使って、いつまでも若々しい肌を保っていきましょう。


リフトアップ効果が期待できる化粧品

ほうれい線が出来る主な原因はたるみ。
顔の筋肉が加齢と共に衰えてしまうことで頬が下がってしまい、ほうれい線が出来てしまいます。

それを解消するためには、顔に筋肉を鍛え、顔全体を引き締めること。
同時に、リフトアップ効果を得意としている化粧品を使うことで、ほうれい線を目立たなくさせることが出来ますよ。

ただ、化粧品のみで“リフトアップが実感出来た”と言うためには、とても長い年月が必要になってきます。加齢だけではなく、姿勢が悪い、肩こりがひどいなど、リンパの流れが悪くなることで、ほうれい線が出来やすくなる場合もありますので、こちらも同時進行で改善していかなければいけませんね。

アンチエイジング成分を含む化粧品

まれに、10代後半~20代前半でも、すでにほうれい線に悩む女性がいらっしゃいますが、その原因のほとんどが肌の乾燥によるものです。

また、年齢を重ねるごとに肌は乾燥しやすくなりますので、肌の保湿対策はとても重要になってきます。
もちろん、肌の保湿だけでほうれい線が解消するわけではありませんが、普段から乾燥を防ぐことでほうれい線予防の効果に繋がりますよ。

特に、

・保水力をアップさせるのに欠かせない『セラミド』
・肌のハリや弾力を保持するための『コラーゲン』
・体の老化を防ぐための『アスタキサンチン』

この3つの成分は、年齢肌に不足しがちな美容成分ですので、これらが配合された化粧品を選ぶと、ほうれい線の予防に有効に働きかけてくれるということになります。

忙しいときはオールインワン化粧品で時短!

日頃忙しくて『入念に肌のケアをしている暇がない』という方には、オールインワン化粧品がオススメです。毎日のケアを、より時間をかけずに済ますにはこれが1番!

また、しわやほうれい線にはオールインワン化粧品の方が効果的だという説もあるようです。そう言われる大きな理由の1つがオールインワン化粧品の“保湿力”。

一般的なスキンケア方法だと、化粧水をつけてから美容液、クリームや乳液と順につけていきますが、この方法だと1つ1つのケアがバラバラに働きかけ、最悪の場合、それぞれの化粧品の効果が半減されてしまうことがあるそうです。

しかし、オールインワン化粧品だと、すべての成分が同時に肌に浸透していくため、それぞれの成分が最大限に相乗効果を発揮することが出来るのですね。

そう考えると、日常が多忙な人に限らず、オールインワン化粧品を毎日のスキンケアの1つとして常用するというのが、ほうれい線対策には良いのかもしれませんね。

重要なのは目的に合った化粧品を使うこと

1度気になってしまったほうれい線を消すことは難しいことかもしれません。
しかし、正しい化粧品を使うことで、徐々にほうれい線を薄くしていくことも可能です。

そのためには、自分に合った化粧品を探すのがとても重要になってきます。
40代を過ぎても若々しい潤った肌を保てるよう、今までの化粧品を見直してみるのも良いかもしれませんね。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連するキーワード


ほうれい線 消す 化粧品

関連する投稿


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】一日の始まり! 元気を出したいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


「オンリーミネラル」デビュー10周年を記念して渋谷ロフトにで期間限定POPUPストアをオープン!

「オンリーミネラル」デビュー10周年を記念して渋谷ロフトにで期間限定POPUPストアをオープン!

ブランドデビュー10周年を記念して、「オンリーミネラル」が9月6日(水)~18日(月)の間、渋谷ロフト1階「間坂ステージ」にて期間限定のポップアップストアをオープン!会場では、新発売の3種のはじめ、アイテムをフルラインナップで試せます。


今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

今さらだけど「ボタニカル」って一体どんな意味?

テレビや雑誌、はたまたドラッグストアの商品名などでも見かける「ボタニカル」という言葉。数年前から巷にあふれたこの言葉。なんとなーくのイメージはわかるけど、本当はどういう意味? 実は、意味を知って日常に取り入れてみたら、ぐっと毎日が豊かになるキーワードなんです!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google