女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

女性ホルモンと上手に付き合って美髪を手に入れる!【漢方美髪®メソッド #4】

今回は女性ホルモンと髪の関係についてお伝えします。女性は年齢、妊娠、出産、月経などによって女性ホルモンが増減し髪にも変化が見られます。そこで!女性ホルモンを味方にして、いつまでも艶やかで美しい髪を手に入れましょう。


先ずは髪の一生(ヘアサイクル)を知ることから始めましょう。

Getty logo

漢方美髪®コンサルタントの齊藤安代です。

繰り返し行われる細胞分裂により、抜けても生えてくる髪の毛1本の一生とはいったいどんなものなのでしょうか?

■成長期:髪が作られる元となる毛母細胞が活発に働く期間が成長期で女性は4〜6年、男性は3〜5年
■退行期:髪を成長させる元がある毛球部といわれる部分の収縮が始まる期間が退行期で2週間
■休止期:髪を成長させる活動を完全に休止させ脱毛していく休止期が3ヶ月

そして、髪が作られる元となる細胞が再び活動を始め、成長期へと移行していきます。
成長期が長いと髪が豊かに長く伸び、退行期や休止期が長く続くと抜毛が多く髪も伸びてきません。
ヘアサイクルのリズムを整えるためにもホルモンを味方につけ、心と身体を整えることが大切です。

月経周期に合わせたヘアケアで美髪に

Getty logo

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は月経中に少しずつ増えてきます。この時期は頭蓋骨を刺激すると骨盤が締まるとも言われているので、月経痛に繋がることもあります。そのため、頭皮マッサージなどであまり強い刺激を与え過ぎないように気をつけて、リラックスして過ごしましょう。

月経後から排卵期は「エストロゲン」が多く分泌されていて、髪もあまり抜けずに艶があり丈夫です。カラーリングをしたり、パーマをかけるなどはこの時期に行うのがオススメです。

排卵後から月経前は「エストロゲン」が減少し、髪の成長は弱まります。ホルモンのバランスも崩れやすくなるので、バランスが崩れやすい人は頭皮のベタつきや毛穴も開きやすくなります。この時期にシャンプーをし過ぎると抜毛になりやすくなるので気をつけてください。また、シャンプーを選ぶ際にも、どんな成分が入っているかなどを気にして選んでみてくださいね。

ストレスが多いと男性型薄毛になることも!

Getty logo

アラフォー女性は仕事の責任も年々大きくなるし、様々なストレスを抱えやすい年代でもありますよね。

そして、女性は7の倍数で身体が変化します。女性ホルモンの減少やストレスなどにより男性ホルモンが優位になっていくと女性でも男性型の薄毛になることがあります。

ストレスを上手に発散させて溜めない心と身体づくりを意識しましょう。

産後の抜毛も気になるところ

Getty logo

妊娠中は「エストロゲン」の分泌量が増えるので髪の成長期が長く、退行期に移りません。そのため抜毛が少ないのですが産後は「エストロゲン」が激減します。その量は平常時の1/10程に下がるとも言われています。その影響で退行期だった髪は休止期になり、髪が抜け出します。

そのため、産後は抜毛や薄毛が気になった、という経験を持つ方も多いと思います。

では、産後やホルモンの変化に伴う抜毛や薄毛ケアを漢方の視点から見てみましょう。

「女性力」を高めホルモンバランスを整えることが抜毛を減らす鍵

Getty logo

出産は女性にとって生命「腎」を産み落とす大仕事であり、その後1年以上の授乳期間を含め、相当量の精血が消耗されています。それに加え高齢出産が当たり前という時代背景を考えると、ホルモンバランスを整え髪の成長を助けるためにも「腎」と「血」を補わなければいけないのは明らかです。

「女性力」を高め、ストレスを溜め込まないことを意識して、いつまでも美しい髪を保ち続けていきたいですね。

アラフォー世代は無理をしないことが大切です。

誰かと比べてストレスを抱えることではなく、心にもゆとりを持って自分を甘やかしてみたり、好きなことを楽しんで幸せな気持ちで過ごすということがまずは何よりのキレイの秘訣ですよ。

漢方美髪®コンサルタント 齊藤安代



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

漢方美髪®コンサルタント・PRブランドプロデューサー/10年先も輝き続ける女性のために漢方の分野から養生の知恵を発信。

関連する投稿


気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

気になる女性ホルモンの減少 アラフォーになったら積極的に摂りたい栄養素【10年後のために今何を食べるべき?#3】

体や心に変化を感じはじめる女性が増えるのが40歳前後。急激に女性ホルモンの分泌が減少することと大きく関係しています。肌もハリや弾力がなくなってきたり、疲れやすくなったり、ちょっとしたことでイライラするなどの症状がでてくる女性が多いです。そんな時期と上手に向き合っていくために、意識して摂りたい栄養素についてご紹介します。


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


アラフォーからの美容習慣 「自分メンテナンスデー」をつくろう!

アラフォーからの美容習慣 「自分メンテナンスデー」をつくろう!

日々、澱のように溜まっていく心身の疲れ。そんなアラフォー世代に提案したいのが、自分の美と健康のためだけに時間を使う「自分メンテナンスデー」。どんな名車も、メンテナンスをしなければ長くは乗れません。これからも自分らしく輝くために、自分と向き合う時間を作りましょう♪


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google