アラフォー妊活女性必見!彼の性機能を高める方法【大人のラブ♥パートナーシップ#6】

アラフォー妊活女性必見!彼の性機能を高める方法【大人のラブ♥パートナーシップ#6】

妊活女子にとってエイジングケアはとても大切ですね。ところが、それだけでは妊活の片側しかケアできていません。そうです、男性の性機能を高めなければいけません。私自身、不妊治療をした経験があり、また夜のお仕事をしていた頃は男性機能を高める技術や知識を研究をしていました。今回は実践的な性機能を高める方法をお届けいたします。


ご存知でしたか? 男性性機能はこうして衰えていくのです

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性の性機能は、いつまで現役なのか? あなたはご存知でしょうか。
実は、健康であれば、男性は生涯現役でいることができます。個人差はありますが、女性のような閉経もなく、精子は毎日作られます。

しかし、そんな男性も、精子を作り出す部分が不健康な状態になると、年齢に関わらず衰えてしまいます。

【男性機能を衰えさせる主な原因一例】
・食事の偏り
・運動不足、特に下半身
・下半身を締め付ける下着
・デスクワークでの長時間労働
・セックスをしない

このような原因が、もしかしたらあなたのパートナーにも影響を与えているかもしれません。
男性機能の衰えは、現代病とも言えるかもしれません。生活習慣の変化によって、若い男性の性機能も落ちていると言われています。

男性の性機能を高める3つの方法教えます♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは具体的に男性の性機能を高める3つのポイントをお伝えします。

ポイント1.動物性タンパク質を摂る
男性機能は、様々な方法で高められますが一番大切なのは、バランス良い食事をすること。特に動物性タンパク質を多めに摂ること。魚介類やお肉を食べると、豊富なタンパク質が体内で精子の原料となります。

ポイント2.下半身を鍛える
スクワットやランニングなどの運動をすることで、男性の性機能が高まっていきます。特に下半身を鍛えている方は、70代でも80代でも元気です。体を鍛えた後に性欲が高まるのは、体に負荷がかかる時、子孫を残そうとする男性のDNAに関係しているようです。オリンピックの選手村では、数十万個というコンドームが配られますが、アスリートの性欲はかなり強いそうですよ(笑)

ポイント3.ふんどしや、ゆるいトランクスを履く
下半身を締め付ける下着は、男性にも悪影響があります。睾丸を窮屈にしていると、冷却機能が衰え、精子を保存しにくくなるのです。休みの日は、ふんどしや、ゆるいトランクスを履くようにすると、良いでしょう! 血流を良くするために、股関節を解放する。昔の日本人は、そのことがよくわかっていたのかもしれませんね。

妊娠のためだけのセックスが妊活を阻んでいた?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性は、女性が思う以上にデリケートな生き物です。身体的に何の問題もなくても、気持ちが乗らない…ということで、勃起しなくなったり、途中で元気が無くなることもあります。

特に妊活中は、子づくりのためだけのセックスという雰囲気や言葉は、男性を傷つける原因になります。
もし自分が、『子づくりのためだけのセックス』を強要されたら、どうでしょうか。

女性側ができることは、妊娠するためだけのセックスをパートナーに強要しないこと。
どうせセックスをするなら、二人で楽しい時間にしていきたいですね。結婚前には、そんなラブタイムを過ごしていたのではないでしょうか。

あえて挿入しないオーラルセックスで、彼をメロメロにしてあげてもいいですね。
挿入だけのセックスなんて、女性も楽しくないと思います。

また、普段のコミュニケーションが、ラブタイムに影響します。
結婚してから、妻が急に怖くなった、自分を男として見てくれなくなった、と嘆く男性は多いのです。

わたくしは、二度目の結婚をしていますが、外食の際は必ずパートナーにお会計してもらいます。そして、『美味しかった!ご馳走様でした』と言い、腕を組んだり、手をつなぐようにしています。
結婚前のラブラブな雰囲気を取り戻すのにオススメですよ。

ストレスを感じやすい妊活も、考え方次第で楽しめます。
せっかくなら、妊活も楽しく、笑って、夫婦二人三脚でやっていきましょう!

夫婦円満協会 理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

「結婚したら、自然に子どもを授かると思っていたのに、なかなか妊娠しない…」年齢とともに焦りと不安ばかりが膨らんでいくアラフォー世代。「妊活」は体力的にも経済的にもメンタル面でも負担が大きく、とても苦しいものです。今回は、妊活に協力してくれない夫にあきらめかけて、離婚しようかと悩む方からのお悩み相談です。


【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回、ラブマッサージレッスンについてご紹介しましたが、今回は実際にレッスンを受講された3名の方のビフォーアフターを大公開します! 年齢も状況も違う3名が、ラブマッサージで人生を変えた実話、ぜひご覧ください。


夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


最新の投稿


夫を「フラリーマン」にさせないためにできること【幸せ夫婦コミュニケーション術 #53】

夫を「フラリーマン」にさせないためにできること【幸せ夫婦コミュニケーション術 #53】

先月、NHKのニュース番組で取り上げられ話題になった、仕事が終わっても真っ直ぐ家に帰らない「フラリーマン」。彼らは家の中に居場所がないと感じることで帰宅を拒みます。帰ってこない夫を受け入れてしまうと、お互いに不満や寂しさを抱えたまま、夫婦の間にも溝が生まれます。「フラリーマン」を避けるために何ができるのか、お話します。


妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

「結婚したら、自然に子どもを授かると思っていたのに、なかなか妊娠しない…」年齢とともに焦りと不安ばかりが膨らんでいくアラフォー世代。「妊活」は体力的にも経済的にもメンタル面でも負担が大きく、とても苦しいものです。今回は、妊活に協力してくれない夫にあきらめかけて、離婚しようかと悩む方からのお悩み相談です。


【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】ドラマティックにわくわくしたいあなたへ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


宮本真知のタロット占い【10月23日(月)~10月29日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月23日(月)~10月29日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター