アラフォー妊活女性必見!彼の性機能を高める方法【大人のラブ♥パートナーシップ#6】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アラフォー妊活女性必見!彼の性機能を高める方法【大人のラブ♥パートナーシップ#6】

アラフォー妊活女性必見!彼の性機能を高める方法【大人のラブ♥パートナーシップ#6】

妊活女子にとってエイジングケアはとても大切ですね。ところが、それだけでは妊活の片側しかケアできていません。そうです、男性の性機能を高めなければいけません。私自身、不妊治療をした経験があり、また夜のお仕事をしていた頃は男性機能を高める技術や知識を研究をしていました。今回は実践的な性機能を高める方法をお届けいたします。


ご存知でしたか? 男性性機能はこうして衰えていくのです

Getty logo

男性の性機能は、いつまで現役なのか? あなたはご存知でしょうか。
実は、健康であれば、男性は生涯現役でいることができます。個人差はありますが、女性のような閉経もなく、精子は毎日作られます。

しかし、そんな男性も、精子を作り出す部分が不健康な状態になると、年齢に関わらず衰えてしまいます。

【男性機能を衰えさせる主な原因一例】
・食事の偏り
・運動不足、特に下半身
・下半身を締め付ける下着
・デスクワークでの長時間労働
・セックスをしない

このような原因が、もしかしたらあなたのパートナーにも影響を与えているかもしれません。
男性機能の衰えは、現代病とも言えるかもしれません。生活習慣の変化によって、若い男性の性機能も落ちていると言われています。

男性の性機能を高める3つの方法教えます♡

Getty logo

それでは具体的に男性の性機能を高める3つのポイントをお伝えします。

ポイント1.動物性タンパク質を摂る
男性機能は、様々な方法で高められますが一番大切なのは、バランス良い食事をすること。特に動物性タンパク質を多めに摂ること。魚介類やお肉を食べると、豊富なタンパク質が体内で精子の原料となります。

ポイント2.下半身を鍛える
スクワットやランニングなどの運動をすることで、男性の性機能が高まっていきます。特に下半身を鍛えている方は、70代でも80代でも元気です。体を鍛えた後に性欲が高まるのは、体に負荷がかかる時、子孫を残そうとする男性のDNAに関係しているようです。オリンピックの選手村では、数十万個というコンドームが配られますが、アスリートの性欲はかなり強いそうですよ(笑)

ポイント3.ふんどしや、ゆるいトランクスを履く
下半身を締め付ける下着は、男性にも悪影響があります。睾丸を窮屈にしていると、冷却機能が衰え、精子を保存しにくくなるのです。休みの日は、ふんどしや、ゆるいトランクスを履くようにすると、良いでしょう! 血流を良くするために、股関節を解放する。昔の日本人は、そのことがよくわかっていたのかもしれませんね。

妊娠のためだけのセックスが妊活を阻んでいた?

Getty logo

男性は、女性が思う以上にデリケートな生き物です。身体的に何の問題もなくても、気持ちが乗らない…ということで、勃起しなくなったり、途中で元気が無くなることもあります。

特に妊活中は、子づくりのためだけのセックスという雰囲気や言葉は、男性を傷つける原因になります。
もし自分が、『子づくりのためだけのセックス』を強要されたら、どうでしょうか。

女性側ができることは、妊娠するためだけのセックスをパートナーに強要しないこと。
どうせセックスをするなら、二人で楽しい時間にしていきたいですね。結婚前には、そんなラブタイムを過ごしていたのではないでしょうか。

あえて挿入しないオーラルセックスで、彼をメロメロにしてあげてもいいですね。
挿入だけのセックスなんて、女性も楽しくないと思います。

また、普段のコミュニケーションが、ラブタイムに影響します。
結婚してから、妻が急に怖くなった、自分を男として見てくれなくなった、と嘆く男性は多いのです。

わたくしは、二度目の結婚をしていますが、外食の際は必ずパートナーにお会計してもらいます。そして、『美味しかった!ご馳走様でした』と言い、腕を組んだり、手をつなぐようにしています。
結婚前のラブラブな雰囲気を取り戻すのにオススメですよ。

ストレスを感じやすい妊活も、考え方次第で楽しめます。
せっかくなら、妊活も楽しく、笑って、夫婦二人三脚でやっていきましょう!

夫婦円満協会 理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


セックスレス解消法大全【WOMe総力特集】

セックスレス解消法大全【WOMe総力特集】

セックスレスの原因は?解消するにはどうしたらいい?/セックスレス…カップルの数だけセックスがあり、カップルの数だけレス問題が付きまといます。日本性科学会は特別な事情が無いのに一か月以上セックスがないカップルをセックスレスと定義しています。そして、お互いがセックスを望まないのであればセックスレスとは定義しません。つまり、どちらかがセックスを望んでいて特別な事情が無いのにも関わらずセックスが無い場合を“セックスレス”というわけです。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google