更年期は何歳から?年齢によって違う症状

更年期は何歳から?年齢によって違う症状

日々年齢を感じるアラフォー世代。この先の更年期に憂鬱になっていませんか。女性ホルモンが減少していく上に、ホットフラッシュや頭痛などの症状に悩まされるなど、更年期に良いイメージを抱いている人は少ないのではないでしょうか。閉経の平均年齢50歳を挟んだ前後10年間と、長く続く更年期に現れる症状や対処法などを見ていきます。


更年期障害の症状は年齢によって変わる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

更年期になると女性の体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。

卵巣からは女性ホルモンの“エストロゲン”が分泌されています。更年期にさしかかると、このエストロゲンの分泌量が急激に減ると言われています。エストロゲンはさまざまな体の機能を補佐しているため、急に分泌が減少するとその変化にうまく体が機能しなくなります。そのときに脳から卵巣に対してもっとエストロゲンを出せと信号が送られます。しかし卵巣側はエストロゲンを出したくても出せない状態なので、その信号が過剰になり脳が興奮状態となって自律神経が乱れるのです。更年期の症状は、急なホルモンの減少に脳と体が着いていけない状態ということです。

主な症状には、
・ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)
・冷え
・息切れや動悸
・イライラ

などがあります。

40代半ば~50歳ぐらいまでに多く見られる更年期症状

年齢別で見ると46歳から50歳で多く出る症状が、冷え、息切れや動悸、うつ状態、頭痛やめまい、疲労感、肩こりや腰痛で、同じ割合で起こっています。

50代以降に多く見られる更年期症状

51歳から55歳では、肩こりや腰痛が一番多く、その次に多い症状がホットフラッシュと寝つきの悪さです。

年齢が上がるにつれて症状が和らいでいることがわかるのではないでしょうか。しかし、実は40歳から45歳の人の方が重い症状に悩まされている場合があることがわかっており、それをプレ更年期障害やプチ更年期障害と呼んでいます。

40代前半はプレ更年期 20代、30代でもその可能性が?

プレ更年期は40歳前後から起こる場合が多いですが幅は広く、20代で更年期の症状を訴える人もいます。本来ならば、20代はエストロゲンの分泌がピークを迎えるのですが、不規則な生活やストレスなどが原因で分泌が減り、ホルモンバランスが乱れてしまうのでしょう。

20代から30代で更年期障害のような症状が出てきたら、生活を見直してみることをおすすめします。睡眠時間が確保できているか、食事のバランスは取れているか、生活のリズムが整っているかを振り返ってみましょう。ストレスをためないような気持ちのコントロールも身に付けるのも有効です。さらに軽い運動を定期的にするだけでもストレス発散になります。

それでもさまざまな症状があったり、生理不順が続く場合は、早めに病院を受診しましょう。産婦人科だけでなく、内科や精神科と連携して総合的にサポートしてくれる女性外来を設けているところもあります。しかし、これは少数なので、婦人科を受診するのが一般的でしょう。プレ更年期は正式な病名ではないので、若年の場合、月経前症候群(PMS)と診断されることが多いです。

更年期障害には重い病気が隠れていることも!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プレ更年期だけでなく、症状が重い更年期障害に悩まされているのなら婦人科へ行きましょう。

婦人科へ行ったらまず詳しい問診が行われます。月経の状態や症状が現れた時期、病歴や生活環境などを聞かれるが一般的なので、あらかじめメモしていくと良いかもしれません。問診で病気の疑いが強ければ血液検査によって血中ホルモン量を調べます。また、内診で子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫などの病気がないかをチェックします。さらに閉経後は骨粗しょう症にかかりやすいので、骨量を調べることも大事です。加えて、ガンの検査をする病院もあるでしょう。

検査で他の病気の可能性がなく、血中ホルモン検査で更年期障害とされると、女性ホルモン剤を用いての治療に入るのが一般的です。また、更年期障害に似た症状が出る病気には心臓病や糖尿病、バセドウ病、甲状腺機能障害など、色々なものがあります。40代以降は病気にかかりやすい年代なので、躊躇せずに受診して病気を早期に発見することが大切です。

生理(閉経)と更年期障害

閉経の時期は人それぞれですが、現在の日本女性の平均は50.5歳といわれています。閉経の前後5年間を更年期とよび、この時期に更年期障害とよばれる症状に苦しむ人が多いのですが、最近はアラフォーでも同様の症状に悩んでいる女性が多いです。

ストレスなどで生理不順になっている人は、30代や40代前半でもそのまま生理が終わってしまう場合もあるので、早めの対策としてホルモン治療を行うことをおススメします。

早めのホルモン補充療法を受ける人が増えている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性ホルモン剤を用いての治療はホルモン補充療法(HRT)といいます。特にホットフラッシュが出ている人に高い効果があり、不眠や膣の乾燥、関節痛、頻尿にも効果的です。さらに骨粗しょう症や動脈硬化などの予防にもなることが期待されています。副作用として不正出血や下腹部の張り、吐き気などがありますが、1、2ヶ月も経つと体が慣れてくる場合がほとんどで薬の量を調整すれば治まります。

症状によっては漢方薬が処方されることもあるでしょう。それからイライラや不安などうつ状態にある人はHRTではなく、抗不安剤や抗うつ剤などが処方されることも。また、カウンセリングを受けることで気持ちが整い病状が和らぐケースも多々あります。

2014年にQLifeが実施したアンケートでは、HRTの治療を始めて7割の人のホットフラッシュが和らいだという結果が出ました。その他にはめまいや頭痛、冷えが改善したという人もいて、それらの症状が改善したことによって精神的に楽になったとたくさんの人が感じています。

治療にかかった期間で一番多いのが1年から3年で、次に多いのが3ヶ月以内でした。長い期間辛い状態で苦しむよりも、早めに薬を飲んで症状を抑える方が楽かもしれません。

更年期障害の時期は仕事を頑張りすぎないで

「今までできていた仕事が更年期障害の症状で思うようにできなくなった」そんな声は多く聞かれます。特に何の理由もなくイライラしてしまって、つい部下にあたってしまった…そんな自分に自己嫌悪でますます気分が塞ぐ…。

真面目に頑張ってきた大人の女性であればあるほど、そんな風に思って自分を追い詰めてしまうのでしょう。ですが、更年期障害は誰のせいでもありません。そういった症状に苦しむのはあなたのせいではないのです。現代の日本ではなかなか「更年期障害」という言葉を職場で共有することは難しいかもしれません。ですが、周囲に理解を求めることはとても大切ですし、昔のように仕事ができない自分を自分自身が認めてあげることがとても重要です。

「今はそういう時期なんだ。しょうがない」と、自分が次のステージへ移行している時期だと思って、自分を認めてあげてください。そうすることで、気分が軽くなり症状も改善するかもしれません。

ストレスが一番の敵。“更年期障害の時期は自分を甘やかしてあげることができる時期”と割り切って過ごしてくださいね。

【更年期】 関連記事

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?

https://wome.jp/articles/1840

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。・・・

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!

https://wome.jp/articles/1536

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの・・・

ゆらぎ期(更年期)はイソフラボンを取り入れましょう

https://wome.jp/articles/166

女性ホルモンの減少によって起こるゆらぎ期。女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は30歳を境に徐々に少なくなりはじめ、40歳を迎えると徐々に減少し、・・・



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」以前と比べて何かが違う!と感じる事が増える女性にオススメなのが「体調日記」。毎日、どこか不具合を感じていて、なかなかスッキリ快適!とはいかない毎日…だからこそ、いち早く、体調の変化に気が付くために日記をぜひご活用ください!


40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。WOMe的にこれは見逃せません!


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター