【美食辞典】まごわやさしい(Vol.07)/いも類をおいしく食べて腸内美人! | 大人のワタシを楽しむメディア
【美食辞典】まごわやさしい(Vol.07)/いも類をおいしく食べて腸内美人!

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.07)/いも類をおいしく食べて腸内美人!

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事から、今回は豊富な食物繊維の「い」の芋を紹介します。


肌は腸を映す鏡

「いつまでも美しい肌でいたい」多くの人がそう願っていることでしょう。「肌は腸を映す鏡」という言葉があることからも、肌と腸内環境には密接な関係があることがわかりますよね。そして、そんな腸内環境を整えるのに一役買うのが、食物繊維。食物繊維には便のかたさを調整したり、腸内の有害物質を吸着して便とともに排出する働きなどがあります。特に、さつまいもやじゃがいもには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、両方の効果が期待できる嬉しい食材です。水溶性食物繊維には腸内の善玉菌を増やす働き、不溶性食物繊維には腸を刺激することで排便を促す働きもあります。悪玉菌の繁殖を防いで腸の掃除をしてくれる食物繊維は、きれいな腸内環境を保つためには不可欠な存在と言えるでしょう。

ただし、食物繊維の過剰摂取は下痢を引き起こしたり、カルシウム・鉄・亜鉛などミネラルの吸収を妨げる可能性があります。腸に良いからとそればかりを食べるのではなく、様々な食品と上手に組み合わせてバランスよく摂取することが大切です。

さつまいもやじゃがいもはビタミンCも豊富

食物繊維が豊富ないも類には、実は美と健康には欠かせないビタミンCも豊富に含まれています。免疫力やコラーゲンの合成にも関わるビタミンCですが、人間の体内では合成できない栄養素。一度にたくさん摂っても尿として排出されてしまうため、こまめに摂取する必要があります。また、強い抗酸化作用があることで知られる半面、熱に弱いという特徴もあります。しかし、その点でもいも類は優秀で、でんぷんに守られていることでビタミンCが壊れにくいと言われています。

そのほかにも、さつまいもには糖質の代謝に関わり、消化液の分泌を促すビタミンB1。じゃがいもには細胞の浸透圧の維持や心臓・筋肉機能を調節する働きのあるカリウムが比較的多く含まれています。

注意すべき点は、じゃがいもの芽や皮の緑色の部分です。ソラニンやチャコニンという天然毒素が含まれており、下痢、嘔吐、頭痛などの食中毒症状を引き起こす場合があります。調理の際には芽を丁寧に取り除き、皮を厚めにむくなどの対策も忘れないようにしましょう。

さつまいもの特徴と調理法

さつまいもは寒さに弱いことから鹿児島や茨城などの温暖な地域で多く生産されてきましたが、近年では北海道でも栽培されるようになりました。日本では、約40種類が栽培されていると言われています。一般的には白色~黄色の果肉が知られていますが、ほかにも様々な品種があり、カロテンを多く含むオレンジ色のものやアントシアニンを多く含む紫色の品種もあります。

さつまいもを選ぶ際には、皮につやがあり、表面がなめらかで色むらのないものがおすすめです。また、糖度の高いさつまいもは切り口から蜜が染み出ている場合が多いので、甘いものを選びたい時の目安になります。

その豊かな甘さから、焼き芋や干し芋、スイートポテトは定番人気のおやつですよね。また、家庭での調理法も、天ぷらなどの揚げ物、マヨネーズやドレッシングで和えたサラダ、煮物など、ボリュームのあるレシピからヘルシーなものまで活用の幅が広いのも特徴です。アクが強いため、切ったらすぐに水にさらし、アク抜きをしてから調理しましょう。

じゃがいもの特徴と調理法

南米アンデス山脈が原産のじゃがいも。日本ではその多くが北海道で栽培されています。代表的な品種としては、球状でほこほこした食感が特徴の男爵と、楕円形で煮崩れしにくいメークインがあります。100種類近くの品種があり、一般的な白色~黄色の果肉のほか、黄色みが強い品種、皮が赤色のものなどもあります。

じゃがいもは、しっかりとかたく、ふっくらとした形のものを選ぶのがおすすめです。また、光を避けて冷暗所で保存するのが最適で、エチレンガスを発生するりんごを一緒に保存すると、発芽しにくくなる効果があります。

ポテトサラダやマッシュポテトなど、じゃがいもをつぶして使用する料理には男爵がおすすめです。カレーやシチューなどの煮込み料理にはメークインがぴったりです。和食から洋食まで幅広く利用できるのもじゃがいもの特徴で、肉じゃがやフライドポテトなどの定番料理はもちろん、イタリア料理のニョッキ、フランス料理のヴィシソワーズなどは、特別な日の料理としても楽しめます。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連するキーワード


まごわやさしい いも

関連する投稿


デトックス生活でどんな時も美しくいよう♡【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯8】

デトックス生活でどんな時も美しくいよう♡【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯8】

こんにちは!プロフェッショナル・ファスティングマイスター、藤井愛菜です。最終回となる今回は、今までにお伝えしてきた内容をまとめていきたいと思います。


“まごわやさしい”美人食♡ 【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯7】

“まごわやさしい”美人食♡ 【体の中から若返る♡ビューティーファスティング♯7】

こんにちは!プロフェッショナル・ファスティングマイスター、藤井愛菜です。みなさまは、「まごわやさしい」というフレーズを耳にしたことがあるでしょうか? 美しくなるためには欠かせないキーワードですので、しっかり覚えてくださいね♪


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.06)/きのこが美容にいい理由

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.06)/きのこが美容にいい理由

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事法から、今回は美容効果がたっぷり詰まった「し」のきのこを紹介します。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.05)/魚の油は体の中からキレイを作る

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.05)/魚の油は体の中からキレイを作る

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事から、今回はDHAやEPAが豊富な「さ」の魚を紹介します。


【美食辞典】まごわやさしい(Vol.04)/効率よく栄養を摂れる野菜の組み合わせ

【美食辞典】まごわやさしい(Vol.04)/効率よく栄養を摂れる野菜の組み合わせ

40代になると疲れやすくなったり、肌荒れが気になったり、忘れっぽくなってきたりなど身体に変化が気になりだす頃。そんな時期に大切になってくる「まごはやさしい」食事法から、今回は様々な栄養がたっぷり詰まった「や」の野菜を紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google